害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

masatos

最近のネズミ駆除施工あれこれ

忙しくても「調査」ばかりでは「霞」を食べていかねばなりません。

今回は平行して実際に駆除している相談者様の施工現場あれこれです。

 

まずは昨年より引き続き訪問中の羽村・H様宅の室内作業です。

大きなお住まいの一室は長いこと「物置」に・・・

今ではこれは相当の御宅様で見られる珍しくない状態です・・・

少子化や核家族化で今後も「部屋余り」の住宅は増加し続けると思います。

そうした部屋はネズミが徘徊し始めても「発見」が遅れるのです。

和室の典型的な出入り箇所の「長押」への金網装着から着手します。

コワいことに「配線」もかなりかじられていることにも気づいていませんでした。(;゚Д゚)

👇はエアコンのダクト開口部をかじって出入りしていました。

足跡で真っ黒けっけですね。

ガッチリ金属場で固めてしまいます。

もはや使用する可能性が少ないとのことで、

封鎖の形態は一任して頂きました。

そしてもう一つがコレ👇

ナント天井板をそのまま食い破って下に降りてきていました。

放置されてしまうと敵は横暴になってきますねえ・・・(;^_^A

こちらも「出来不出来は問わない」とのことで見かけは悪いですが金属板で封鎖。

使用中のお部屋でしたらやはり内装業者や大工さんなどと相談が良いと思います。

こちらも他にもかなり部屋内の封鎖はしてきましたが、

床下に昔の「セントラルヒーティング」配管が張り巡らされている為、

現状では手が付けられないという条件が存在しています。

その御宅をどのように今後使用するか?により、

「ネズミごとき」にかける費用と天秤にかけねばならないことも現在は非常に増加しています。

 

次は羽村市のM様宅での室内作業です。

こちらの「室内徘徊」の原因は台所のココ↓のようでした。

意外と真っ先には視ないで「見落とされがち」なレンジフードの上部開口。

よく見ると「点々」とネズミの足跡が付着しているのが見えるでしょうか?

本当は上からかぶせるように封鎖すると目立たないのですが、

構造的にそれが困難な作りの為に上記のように「幕板」のように金属板をかぶせて施工。

「出入り遮断」は十分に確立されたと思われます。

その他の外部封鎖なども残っておりますがこれらは次回以降に攻めていくつもりです。

さてあと1~2か月で今のホームページともお別れです。

新たなホームページには「絵描き」の後輩に描いてもらった「私や家族」の似顔絵でPR!

細々とでも必死に頑張っている当社には「アットホーム」な「敷居の低さ」?しかありません。

次回は後輩の描いてくれた似顔絵を先行公開します(少々恥ずかしくもありますが・・・)

 

 

 

 

 

あきる野市・S様:相模原市・某施設の害獣調査

今回も続いて最近の調査依頼案件のレポートです。

それにしても今年は異常に寒いせいか?「ご相談」が途絶えることが無い状況です(;´Д`)

現在は比較的周囲の地域に「ご依頼案件」が固まっている為、

施工訪問の「移動時間」が節約されるので件数も前年よりいくらか多いかもしれません。

その代わりに少々の遠方のご相談に十分にはお応えしにくいのがつらいところ・・・(◎_◎;)

どのようなお仕事でも長期間にわたって「需要」と「供給」のバランスは保てませんね。

私どもも「季節」や「年度」によっては、少々物足りない?余裕に怖くなる?時期もあるのですから・・・

「自然」や「生き物」相手の不安定なところです。

 

余計なことはそれとしまして、まずは相模原で調査依頼が来ました某施設からです。

商業施設ですが鉄骨造な為に小動物にはかなり無防備になっていました。

その無防備さは構造上止むを得ないとは言え、恐ろしいくらいです。

被害の発端は室内空間へのネズミの徘徊のようです。

天井裏から覗きます。

断熱材はぐちゃぐちゃのようですが、

これがどうも「ネズミ」などの害獣のせいなのか?

もともとが「裸」の断熱材を人間が何かの必要で寄せて放置したのか?疑問です・・・

このようにネズミの糞が散乱しているのは当たり前なんですが、

ネズミがココまで断熱材を傷めるか?

かといって大型の獣の侵入ではなさそうだし?・・・

そもそもがコレだけ断熱材が傷んでいれば、天井裏の徘徊音は尋常ではないはずですが、

それがそうでもないのはまだ幸いなのかもしれません。

もっと悩ましいのはこうした構造の☝造りですね。

もともと倉庫だったとのことで仕方がないのかもしれません。

いわゆる「天井板」が無い為に「天井裏」の一部が露出ということ・・・(-_-;)

このようにネズミの「足跡」が白い壁のアチコチに付着しています。

背の高い「食器棚」の上にはこうした糞があり気付くこともありません。

どうやら糞からは小さいサイズの個体と思われますが、

残念ながら限られた時間内では、断定出来る「屋外側」からの出入り口が見当たりません。

外部側からは少々の御時間が必要か?

それまで真っ先に「室内側」の対策が必要です。

本来はわれわれより「内装業者さん」の方が予算も手間も、そして仕上がりも良いでしょうか?

 

次はあきる野市・S様宅のネズミ調査です。

こちらは逆にネズミの屋内側への出入りがあったのですが、

出入り頻度が少なく痕跡も極小の為に「部屋側の出入り」の特定が着きませんでした。

その代わり外部的には典型的な箇所が色々あるようです。👇

こちらなどは「戸袋」の内部ですがこの通り「間柱」などの壁内構造が露出。

どう見ても確実にネズミの出入りする典型的な1か所です。

こうした箇所が数か所存在。

下記は基礎通気口ですが「配管」貫通の為に格子が破損。

これも出入り自由です。

他にもこんな場所もありました。👇

これもちょくちょく見られますが単なる基礎コンクリートの欠損ではないですね(◎_◎;)

何かが掘削して潜り込んでいるようです。

その「何か」ってそりゃネズミに間違いないと思います。

ただし床下につながっている「経路」の一つなのか?

単なる「ねぐら」の一つなのかは?「床下側」から拝見しないと微妙ですね。

☝もいつもようによくある「出窓下」空間・・・

左右の横側が天井裏などへつながっていると思われます。

コレ☝など断熱材の傷みや破れがどう見ても「不自然」・・・

ネズミの小さな身体がすり抜けるように潜っている形跡が想像できる痕跡ですね・・・🐭

どれも決して建築上の異常であったり、間違っても「不手際施工」などではありませんが、

こうした小動物の侵入自体になり初めてその「存在を知る」箇所なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年度・年明けのネズミ調査②あきる野市・日野市の2件

今回も引き続き年明けからの「ネズミ駆除調査」のレポートです。

まずは日野市のS様の御宅。

こちらはまだまだ決して古い方ではないシンプルなお住まいです。

やはりここ一年くらい感じているのは、

いかにも古く「ネズミが入りやすい!」という御宅様ばかりではなくなってきた気がしています。

上手く言えませんがどうも本当に古くて「いかにも・・・」という建物が撤去されたり、

我々のような業者によって駆除対策されたりして、

「順番」のようなモノが大きく変わりつつあるようなカンジでしょうか?・・・

ですから外観が比較的キレイであったり、築浅のお住まいからの商談がジワジワ増えてますね・・・

話しはそれましたがこちらも決して幾つも大きな「侵入経路」があるようではありません。

確かにこうした箇所が存在するのですが、さほど重篤ではないのではないでしょうか?

 

徘徊音がする近くの天井裏には、やはりこうした壁沿いの「断熱材」が荒らされた箇所が・・・

糞の痕跡もそう多くは無いようです。

浴室の天井の上にもこうした☝ネズミの足跡が無数に点在はしています。

逆に浴室の上で「足跡」が聞こえないようなので、

これはこれで今は幸いかもしれませんが・・・(◎_◎;)

こちらはご主人様がかなり真剣にお考えになり対応して頂き感謝いたします。

たいていご主人と言いますか「男性」側は殆どが、

こうして「小動物」には無頓着でおられるようで・・・(;^_^A

殆どご相談の中心の9割は女性である「奥様」や「娘さん」などだというのは、

以前から変わっていない「法則」のようなモノですね。

これは大変興味深いと個人的には思っています。

またそれましたが万が一「ご依頼」頂いてもさほど「手こずらない」?のでは・・・と?

 

さて次はあきる野市のN様宅。

こちらはどうやら多くの出入り口が存在するのが短時間で確認出来ました。(;゚Д゚)

侵入~徘徊音がするという近くの「戸袋」内部がこの通り・・・☝

下地のベニヤが劣化して既にはずれて大きなスキマが存在です。

殆ど全箇所がこのようでした・・・

基礎通気口は全てこの程度の劣化が進行しており、

また両脇の基礎も欠損してスキマが生じていました。

こちら☝もよくある典型的な「侵入経路」の一つ。

浴室「熱源機」の配管スキマです。

天井裏はこのように新しい「断熱材」が敷設してありました。

まださほど荒らされていないようなので、糞もたいしたことないかな?・・・

と思いきや何気に「断熱材」をめくってみると・・・

その下に意外とパラパラ新しい糞が散乱しているのでありました。

このようにこちらは「戸袋」だけでも手間暇かかる「経路」が複数あるので、

最近紹介した案件にしては「割り増し見積り」になってしまうでしょうか・・・

以前から何回かお伝えしてきましたが、

「ベスト」の提案見積りはさせて頂きますが「採用選択」は相談者様なのです。

やはり我々の仕事はどうしても「見積金額・内容」と「駆除精度」は「比例」の関係にあります。

そこを脳裏の隅に置いて頂き検討していただけると「良い関係」でお仕事が出来るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728