害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

未分類

1 2 3 22

最近の害獣調査と所感

久しぶりにお仕事の記事を書きたいと思います。

そうですねえ・・・今年は比較的秋の深まりが緩やかなせいもあってか?

小動物の家屋への浸入や居住者との生活空間の距離の縮まりが遅いかもしれません。

要するにご相談件数の上昇もまだまだ緩やかということです。

昆虫も含めて、いや人間もそうかもしれませんが、

生物はみな気温や気候に正直なくらい正確なもので、

気温や湿度の上下変動でピタリと活動を止めたり、

また逆に活動が激しくなったりと目に見えてハッキリしています。

ですが最近は気温変動のリズムを外れた変動や、

人間の生活圏と自然環境の急激な変化もあり、

以前の傾向での仕事の予想は少々難しくなってきているかもしれませんね(;・∀・)

先日も自宅から30分くらいの檜原の国道でイノシシとニホンザルに遭遇しました。

近隣の方曰く「年々と距離感が縮まっているように思う」とのこと・・・

 

さて最近の調査案件を二件ご紹介。

昭島市のS様邸に伺った際のレポートです。

天井裏の徘徊音と居室でのネズミとの遭遇というご相談でした。

ボイラーの配管周囲からネズミが出没・徘徊をしているようで周囲にはパラパラとネズミ糞が・・・

お客様が応急処置で布切れを挿入されておりました。

☝う~ん・・・全体像をお見せ出来ず少々説明不足かもしれませんが・・・

台所の吊り戸と壁の空間・・

吊り戸の裏側は最初から最低限の下地材のみで済ませているようで、

裏側はどうやら壁裏の空間へ出入り可能かもしれません。

建築上「問題」はないので「見えない場所」は簡単に済ませる・・・

というのはよくあることで必ずしも悪くはないと思います。

ただ我々の「あら捜し的」お仕事視点からするとダメなんですよね・・・(-_-;)

 

続いて外周回りです👇

こちらは建築特徴による典型的な侵入空間が点在しています。

このタイプ☝ですね・・・

間違いなくこうしたタイプの構造は年々減少はしているはずですが、

今年の調査案件でははなぜか多いようです。

下から覗いてみると・・・

右からは壁空間へ・・・

真ん中からは配管スペースがありやはり壁~天井裏へ移動可能のようです。

こちらはこうした基礎から壁空間が前方へ持ち出され、

底にフタが無くポッカリ空いた範囲が非常に多いのです。

このようにしたから覗くと、大型の小動物さえも出入りできるような空間が、

恐ろしいくらいに口を広げて待っているようにわたしには思えてなりませんでした・・・(;’∀’)

あと十年もするとこうした構造のままの住宅も殆ど無くなっているかもしれませんね。

 

次もネズミの調査で伺った八王子のH様宅です。

こちらもやはり同じような構造を持つ住宅でした。

高角度からの撮影と「物干しざお」があるためよくわからないかもしれませんが、

やはり前回紹介の案件と同様に壁と地面に空間が空いたまませり出している構造です。

下から覗くとご覧の通りです。

通気口はもちろん金網封鎖は必要ですが、

それ以前に手前に金属板などでぐるりと侵入止めをして、

下に潜り込めないようにすることですね。

では次回は工事案件の紹介です。(@^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

大田区・T様邸・ハクビシン駆除工事

この一年くらいは怪我や体調不良が多く、都内の遠方などは避けてきました。

同僚や外注にお願いするなど、疲労こコンディションを最優先してきました。

今も今後も出来る限りその方針姿勢は変わりがありません。

しかし仕事も人のご縁があってこそです。

「時と場合」ということで今回は「お得意様」ということに併せて、

予算と内容が十分見合うという結論からお受けさせて頂きました。

和室の天井から物音と共に「汚水」が漏れてくるとのお悩みなので、

これはもう小動物の侵入~徘徊に違いありませんね。

天井点検口より確認すると、やはり糞尿がパラパラと・・・

それなりに時間が経過しているものもありました。

またちょうど写真の真正面でご主人様が「ハクビシン」と遭遇したというこれ以上ない証拠も。

☝は浴室の天井裏ですがこちらは比較的に真新しい糞尿が散乱・・・(;’∀’)

いつも思いますが、浴室の糞尿の下で毎日身体を洗っているかと思うと私ならゾットします。

「シャワーから尿が注いでくることはありませんよね?」と聞かれたこともありましたっけ。

こちらは(たぶん)戦前からの建物など数戸の建物を接続して現在に至っているとのこと。

ですから屋根から見ると非常に複雑・・・

部分的にこれらの建物が一体となっています。

死角になるこれらの接続部に大きな侵入経路があるだろう・・・

とは経験上、容易に検討がつきます。

☝の写真の真ん中より何とか下に降りて確認することに。

上から覗くと何ともはや「怪しい」雰囲気・・・

まさに都会の人口ジャングルといった趣です。

おそらくめくれかかった鉄板波板の内側は壁内が露出しているでしょうか?

やっと下から横向きに接続部を確認してみます。↓

やっぱり・・・何やら断熱材らしき破片や胴縁などの構造内部の木片が確認出来ます。

しかし狭すぎてこれ以上身体を近づけることは不可能でした。

問題はどのように封鎖するかですが、5~6年前に同様の現場経験を思い出しました。

それはまた次回以降にて。

そして狭い隙間の足元を見ると・・・

個々の古い建物の側面にはよくわからない「配管・配線」が貫通しており、

スキマも大きくラットサインらしき汚れも付着しています。

日光も差し込まず、人も通らず、ジメジメした環境はまさに小動物の好む環境です。

足元は崩れかかった汚水桝や配管など、予防も兼ねたらまさに突っ込みどころ満載・・

減少はしていても、こうした地域環境が一切「改善・整理」されるには、

まだまだ長い時間がかかるだろうな・・・と思ったりもします(;^_^A

最後のおまけにポッカリ開いた基礎通気口☝

ココも全く人の通る必要の無い、いや通れない建物の足元の開口穴でした。

駆除封鎖作業はまた追ってご報告を!

 

 

 

 

 

小金井市・S様邸・ネズミ駆除調査

次は小金井市のS様邸のネズミ調査に伺いました。

最初からご家族様よりココ↓からチョロチョロとネズミが出入りするのを、

見かけたことがあるとの情報も頂きました。

確率の高い「侵入経路」には違い無いでしょう。

早速下側を覗いてみることにします。

やはり壁の内側を昇って行ける構造のようです。

典型的なパターンの一つと言って良いでしょう。(-_-;)

別の角度から見るともっとわかりやすいかもしれません。

ネズミ以上の小動物も出入りできるかも・・・という気がします。

床下が見えそうな「基礎の割れ目」までありました。

写真では穴の大きさが些細に見えそうですが、意外と指が入るほどの大きさです。

押さえておく必要があります。

基礎通気口も劣化が進行し、一部隙間の拡がっている場所もありました。

腐食の為に格子が「パキン」と折れるのは時間の問題かと思われますね。

こちらも「防鼠工事」のご依頼を頂き4月内に封鎖工事の予定です。

ありがとうございます。

 

 

 

 

1 2 3 22
2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31