害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

笑う門には福来る

「8時だよ!全員集合!」の時代とドリフ人形

「ドリフターズ」と聞いて「なんだコノヤロー」、とか「東村山音頭」とか

「いかりやに~あっ!怒られた~」とかを思い出す人はだんだんですがいなくなりましたねえ・・

だんだん「レジェンド」になりつつあるドリフターズ・・・

70年代~80年代は日本全国が「8時だよ!全員集合!」にかじりつき、

翌週月曜の学校では土曜のドリフコントでクラス中がミニドリフであふれたもんです。(*`艸´)ウシシシ

やっぱり私の中でのお笑い芸人、というかタレントと言った方がいいのか?・・は、

「ドリフターズ」に「コント55号」や欽ちゃんがトップで、

ビートたけしを始めとする漫才なんかは、幼心の「人格形成」には刷り込まれてはないんですよね。

という訳でやっと集め揃った「ドリフ人形」を今回は紹介です。

まずがリーダーの「いかりや長介」から「いってみよ~!」

70年代の若いころのいかりやさんですね。

晩年は本当にいい俳優でしたのに残念でした・・・( ノД`)シクシク…

続いては最近ちょっと病気が気になる「加藤茶」の登場です。

これも若いなー(-_-;)

中盤から「志村けん」の登場までは笑いのヒットを連発しては、

ドリフを引っ張っていたのはこの加藤茶でした。

私はその頃のドリフが個人的には一番好きでしたね。

「荒井注」もガンガンと頑張っていましたしね。

という訳で次は「荒井注」いってみよ~(^-^;

いいなあ~この造形がまた~

ふてぶてしい荒井注のポージングとガンを飛ばしたような面構え!

誰が造形したのかまで知りたいくらいです。

最近よくドリフのDVDやなつ番特集を見る機会も増えましたが、

荒井注時代のこの頃の映像は殆ど視聴の機会がないのが残念でなりませんね。

晩年の「明智小五郎・美女シリーズ」での波越警部もはまっていましたっけ(^^ゞ

そしてお次はなぜかわれらが「キャンディーズ」との体操シーンばかりが脳裏に焼き付く、

「仲本工事」です。

当然これも若いころのイメージですね。

晩年のコントは「バカ兄弟」や「雷様」とかいろいろありますが、

私はドウぢても大好きだった「キャンディーズ」と体操で密着出来る、

この「仲本工事」に子供心に「嫉妬心」を湧かしたものです。

そして最後はこの人がいなけりゃなぜかドリフは完全ではありませんでした。

「お荷物的キャラ」で最後まで通されましたが意外な才人であることがだんだんわかり、

歳を経るにこの「高木ブー」の存在と偉大さにちょっとづつ気付くのです。

また見てもらうと分かりますが5人の中でも泣けるほど最高の造形が「高木ブー」なんです。

どうでしょうか?

いいでしょう?

どうしていいか分からず困って顔をしかめているようなこの顔の造形も並みじゃありませんよ!

では最後に5人そろって「8時だよ!全員集合!」

後方からモスゴジが迫っているのがご愛嬌(〃艸〃)ムフッ

 

 

 

 

語り継ぐ昭和名作ドラマ「素浪人花山大吉」!

という訳で仕事もまだ本格的に始まっていない今回は、

おじさんやおばさんが昔、こたつやちゃぶ台で一家団欒を囲んで視た傑作時代劇を紹介。

たぶん40台後半以上の方しか視聴出来た可能性は薄いそのドラマとは?

とにかく時代考証などくそくらえでハチャメチャに笑わせた後は、

格好良すぎるその「太刀裁き」と豪快な「殺陣」で唸らせておいてチョッピリ「ホロっと」させる・・

それが「素浪人花山大吉」なのでした。

「要らぬ~お世話さ、どっちへ行こうと~♪天下御免の浪人一人~♪~」と始まる、

北島三郎吾大ののうてんき節な主題歌も、なんか昭和色ビンビンでいい。

演じる主役は知る人ぞ知る昭和の名時代劇俳優「近衛十四朗」です。

 

たぶん知っているひとはよほどの「時代劇マニア」か?

御歳の半分以上は昭和の方でしょうね(*^_^*)

作品の本放送時はかく言う私もわずか2~5才程度・・・

時代劇好きの父と繰り返された再放送のおかげで、脳裏に刷り込まれたワケなんです。

思えばこのころの昭和40年代のTVは全てが面白かったなあ・・・

そうそう近衛十四朗を知らない方には「松方弘樹」の実父と言えば、

「ああそういえば似ているなあ・・」くらいは思われるでしょうか?

そして日本中を旅するこちらが「やじさん」なら、

もう一方の「きたさん」がこちら「焼津の半次」こと品川隆二氏です。

私は現代劇の品川氏の作品は殆ど未見。

このオーバーで素っ頓狂な演技の二枚目俳優はやはり「焼津の半次」。

ご本人はあまり好まれない役だったそうですが、

世間は違いますよ。

本郷猛=藤岡弘、中村主水=藤田まこと・・のごとくなんです。

とにかく「花山大吉」の売りはこの二人の「掛け合い」に尽きます。

酷い時はメインストーリーなんてどうでもよく、半分以上が二人の怒鳴り合いだったりします。

こんなのは☝まだまだ序の口ですね。

100話・二年以上の長丁場のシリーズの中で、後半になるとこんなサブレギュラーも登場。

これがまた「テディベア」みたいなぬいぐるみを抱いて、ミニスカ着物で走り回るって・・・

お咲ちゃんこと南弘子の化粧もアイシャドウとマスカラがびしっと決まり、

これは域ら何でも「江戸時代」じゃなく「昭和70年代」でしょうカラーがありあり・・・(^^;

それでいてお決まりな最後のカッチョイイ立ち回りでは、

近衛が前半とはまるで人が変わるようにヒーローに変身!します。

「俺はな!貴様らのように人の幸せを虫けらのように踏みつぶす輩を許す訳にはいかんのだ!」と啖呵を切ります。

この「花山大吉」は現在では「時代劇専門チャンネル」や「東映チャンネル」などで、

割と頻繁に視聴することが出来るようになりました。

私もこれらCS,スカパーなどが出来るまで、

約二十年近く視聴することが出来なかったと思うと、有難い時代になったものです。

興味がある方はぜひ機会があれば視て頂きたいなあ・・<(_ _)>

古今亭志ん朝という話芸

私は言わゆる「笑芸人」というもにずっと惹かれてきました。

TV時代では「ドリフターズ」や「コント55号」に始まり、映画での「渥美清」や「三木のり平」等々・・

「落語」・「漫才」などの寄席芸能・・・

優秀で多彩な芸人に囲まれて育ってきたのは本当に幸せです。

そんな中で最終的に一番自分の「笑う味覚」に合っているのは「落語」という結論に達しました。

なんというか「落ち着いて」、「じっくり笑いを味わう」のが性に合うんですね。

よく言うように「間」を味わうとうのは、とても知的である意味「高尚」な作業なのかもしれません。

だから好き嫌いは仕方がないと思います。

そんな中でもやはり「古今亭志ん朝」は最高です。

DSCF1926

 

同じネタを他の噺家が喋っても、なかなか志ん朝のようにはいかないんだなあ・・・

これは無理して購入したDVDセットですが、もう「落語家宝」の一つです。

DSCF1927

 

志ん朝落語に魅了されてしまうと、もう「今のお笑い」は「芸人を名乗るな!」と怒鳴りたくなります。

笑いは確かに時代と共に変化しゆくものですが、一方で「「老若男女」誰にとっても普遍的な笑い、

だれも傷付けず、思わず( ̄▽ ̄)ニヤリしてホンワカする笑いがあるはずです。

古今亭志ん朝を中心に「落語」の笑いには、

日本人を実感させてくれる故郷感みたいなものがあるようです。

DSCF1928

 

いつか「古今亭志ん朝」師匠のフィギュアを造りたいなあ・・

というか来月のイベント参加に準備がヤバいです。

しかし好きなことがなかなか出来ないのも、私を忙しくさせてくれる皆様のおかげです。

何時も「有難うございます」!

 

 

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031