害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

小さな虫と害虫

今年の記憶に残るハチ駆除あれこれ①オオスズメバチの巻

今年もハチのシーズンがほぼ終わりかけていますので、

記憶に残るお仕事をレポートしたいと思います。

と言っても記憶残るのは一言でいえば苦労した仕事ばかりなんですがね。

最初はやはりコレですかね・・ちょっと古いですが昨年末12月に近所の神社で依頼されたオオスズメバチです。

まさか12月にハチの依頼があるとは思いませんでした。

ただこの格好でもたいして暑くないのだけは助かります。

この辺りで人が刺されたと言いますがさすがに殆どハチは飛んでいないので探索が必要でした。

どうもこの辺りと思われる箇所に薬剤を注入して確かめます。

デカいオオスズメバチがダラダラと出てきました。

やっぱりこの付近に土中に栄巣があると思われます。(面倒くさいなあ・・・)

ヒイヒイいいながら掘削をして奥を覗くとぽつりぽつりとオオスズメの姿は見かけますが、

栄巣本体はまだまだ奥なのでしょうか?

 

ヒイヒイゼイゼイ、やっと栄巣の一部が露出してきましたよお~(;^_^A

チョットコワ~

さらに掘削と薬剤注入を重ねてゆきます。

やっと全体像が出てきました~

6階建ての大型マンションと言ったところですね。

この時採取したオオスズメバチの女王を含んだアルコール標本は総勢20匹ほど戦勝品として今も飾っています。

親指大のオオスズメバチはやはり我々でも緊張感が走る駆除ですね。

意外とアシナガバチなどは安心と油断からでしょうね(-_-;)・・・

たまに刺されてしまうのはとても自慢にはなりません・・・

他のハチレポートはまたの機会に・・・

 

 

 

日の出町・S様邸・白蟻・キクイムシ防除

久しぶりに地元の工務店様のお仕事です。

しかもたまには白蟻防除工事のレポートもしたいと思います。

床下の低さも久しぶりで参りました・・・(;’∀’)あと2㎝、いや1㎝低ければどうしていたことか・・・

こちらは床下「根太」材の一部がキクイムシに食害されている為、

木部用には「キシラモン3W」を使用します。

床下ではキクイムシ食害部に燻蒸効果を施す為、幾つか道具を持ち込まなくてはなりません。

養生したはいいですが(これが本当に低い床下なんですよねえ・・・( ノД`)シクシク…)

一年前(怪我の治療期間)では考えられなかった仕事です。

くれぐれも自分の身体に問いかけながらの作業です。

キクイムシの加害は白蟻ほど重症にはならないようですが、☝のように木材の表面を剥がすように移動したり、

幾つもの小さな穴から侵入し粉末状の糞を外部に落とすので、

特にフローリングや家具類など室内側で加害されると見栄えなどの財産価値に影響を及ぼします。

構造上の強度に多大な影響を与えるようなキクイムシの加害現場に遭遇したことはないですがね。

こうして表面にシロアリの木部処理を兼ねて十分散布した後、

穴の一つ一つにノズルで薬剤を注入してゆきます。

薬剤を散布・注入した後に「燻蒸効果」を兼ねてビニールをタッカーで止めてラッピングをします。

↓も同様の作業箇所です。

長時間に及ぶこうした作業の連続はかなり身体に堪えました。

余談ですが本当にここまで回復するとは思いませんでしたからね。

ゆっくりでも以前と同じ仕事が出来ることへの感謝の念は、

作業中でもこみ上げるものがありました。

ただ筋肉通などの疲労回復は2年前とは全く違ってしまいましたが・・😢

このラッピングも数か月後にいったん剥がして確認に来る必要があります。

そしてその時点での効果確認と再処置を繰り返さねばなりません。

こちらの御宅は床下に調湿マットが敷き詰めてあるため、

直接の土壌散布は避けることにします。

したがって☝のようにマットをめくり、また少々移動しながら、

「基礎沿い」(特に白蟻が昇って来易い場所)へ直接散布することにします。

 

それにしてもこうしたお仕事がいつまで出来ますことやら・・・

身体が何とか復旧すると思ったら、今度は「コロナウイルス猛威」で外出規制ですからね。

「普通」が崩壊するのはとても容易いこと・・・

そしてその「普通」が一日でも続くことは当たり前ではなくとても「幸運」で、

いちばん有難いことだと痛感せずにはいられません。

 

 

 

 

あきる野市環境フェスティバル参加

本確定な初夏の訪れがやって参りました。

特にこのところシロアリの防除に関するお問い合わせや要望が通年以上に思います。

また例によって「ハチ」の駆除依頼も連日舞い込み始めました。

おかげさまで年々様々な方々からのリピートを始め依頼数は増加し続けていることに本当に感謝です。

そんなこともあり今回は地元あきる野市で開催の「環境フェスティバル」に参加させて頂きました。

これはリサイクルバザーを中心に環境・エコに関するイベントや出店のイベントです。

私は昨年から加盟しています「東京都ペストコントロール協会」の一員として参加。

「害虫相談所としてこれから繁忙を極める「害虫駆除」に関する御相談などが主な仕事です。

当日はおかげさまで湿度も低く快晴のイベント日和でした。

開催会場は秋留台公園です。

この秋留台公園はみどり多く、公園内の陸上競技場は学生が公式大会を開催する立派な施設でもあります。

私もしょっちゅう犬の散歩で利用させてもらっています(*’▽’)

当日は早めに会場入りし設営の準備もしなければなりませんでした。

少しでも地元の方に「ペストコントロール協会」の活動を知って頂きお役に立てればいいのですが(^^ゞ

今日もどれだけ御相談が来れれるかチョット楽しみ、チョット心配です・・・・

何時も参加しているワンフェスなどのイベントと違いお得意様やファンが集まる訳ではないので、

一般の人に何をしているのか見た目でアピールをしないといけません。

その為には展示アピールの仕方が大切ですね。

タヌキや蛇、ネズミや鳩にカラス・・・可愛いぬいぐるみなので剥製のようにリアル感はありません。

これらのぬいぐるみが一日本当に役に立ちました。

特に小さなお子さんの目を引くには好評でした。

さあ準備万端整いました~

チョット面白そうでしょ?

簡単なクイズと景品をタップリ用意してお待ちしています。

こちらから声を掛けてクイズと景品をネタに通りがかりの方を捕まえてしまします(・_・;)

そこから害虫・害獣の話題を投げかけて会話に質疑応答を含めていきます。

多くの方はやはりネズミやハクビシン、蜂駆除は多くの方がご縁があり関心がおありのようでした。

しかしあきる野市という自然の多い郊外の為か、

ハチ駆除くらいはご自分でやられる猛者が多いようでもありましたね。

フリーマーケットもこの通り大盛況の様子(*^_^*)

ワンフェスもそうですが、こうしたイベントは売れなくてもそれなりに楽しみは多く、

少しでも売れればそれはもっと楽しいもの・・・・

ああ・・・私も自身の次の作品?の完成を進めなければ・・・

次第に集客が多くなってきました~

みなさんお話させて頂くと、何気に普段から様々な害虫や害獣と接しておられる事が分かります。

害虫・害獣と一口に言っても自然と普段の生活に密着していることをうかがわせます。

私も一生懸命説明やアピールをさせて頂きました。

本日来場の方々の中で一人でも多く困った方が「ペストコントロール協会」にご一報を頂けると嬉しいですね。

また来年も趣向とアイデアを凝らした「環境フェスティバル」でお会いしたいものです。

 

 

2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930