害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

小さな虫と害虫

この夏のスズメバチ駆除大特集

あまり働いていないようなこの夏でしたが、スズメバチだけは昨年以上に多くの依頼を頂いています。

「休み前」位は比較的「気軽」に駆除出来るサイズの蜂や栄巣が多いのです。

がしかし夏も後半に入りますと、多少「気合」を入れないと危険なサイズの依頼が増えます。

またとくにスズメバチは簡単に目に触れる場所の「栄巣」でない場合も多いのです。

 

まずは東村山のE様よりご依頼のスズメ蜂はこんなところでした☟

どこだかわかるでしょうか?

2階の出窓の屋根と軒天井の付近に「孔」を開けていますね。

もともとあった孔か、スズメバチがアゴで開けたのかは分かりません。

天井裏から確認しましたが「栄巣」は確認出来ませんでした。

壁の中やら軒天の部分が死角になっているようです。

本来ならこの部分を開口しないと「栄巣」は撤去出来ませんが、

お客様との確認で今回は「栄巣撤去」はしない方向でご理解頂きました。

孔に十分薬剤を注入し、しばらく苦しんで出てくるハチの流れが落ち着くのを見計らい「穴封鎖」です。

多少死骸が残るとは思いますが中で死んでも人間の生活上「衛生的」に大きな問題はないでしょう。

しかしどうも建物の構造上、まだこのようなスキマが色々あるようです。

☝このようにサッシと壁の取り合い部分の切込みが空いていたりと、

今後来年以降も「栄巣」される危険が残されます。(^^ゞ

気付いた部分は封鎖しておきました。

 

次はあきる野市役所からご依頼を頂いた市内緑地から発生していた「オオスズメ蜂」の駆除です。

次第に地元市役所からご依頼を頂けるようになると嬉しいものです。

やっと半人前にお役に立てるようになったきたかな?・・・と?

しかもどうやら今回は日本最大の「オオスズメ蜂」らしいとあって緊張感が走ります。

しかも古い切株の根本より飛翔しているのを昼間の調査で確認しました。

飛翔するその大きさにまずビックリ(*_*;・・・さすが昆虫の王者に相応しい・・・と

二人での夜間作業となりました。

笑っていますが冷汗も含めて防護服の中はすでにビッショリです。

敵はこの盛り上がった枯草の下の切株ですが、夜間ということもあり静寂が回りを包みます。

ノズルを差し込み「切株内」に薬散布!

恐る恐る枯草と切株を撤去すると・・・・☟

孔の奥からチョボリチョボリとオオスズメ蜂がもがきながら数匹出てきました。

だいぶ「栄巣」は深くまで伸びているようです。

スコップで奥まで掘削すると「栄巣」の一部分が出てきました。

またまた中から「栄巣」が出てきました。

幼虫や成虫も土砂に交じってザクザクと出てきます。

土砂に交じってしまいきれいには撤去出来ませんがこんな感じでおおよそ取り出すことが出来ました。

何事も無く事なきを得ましたが「う~んオオスズメ蜂恐るべし」を久しぶりに体感した一夜でした。

 

続く一件もなかなか面倒な案件でした。

丁度一年前にも天井裏の一抱えもある「栄巣」を撤去したことがありましたが、

今年も同様のご依頼を頂き、これまた二名で「黄昏時」を狙って伺ってみました。

私は天井裏からバズバルサンを焚く為、天井裏を開口しなくてはなりません・・・

万が一「居住空間」に飛び散らないように押入れ「天袋」周囲を養生しないといけません。

バルサンを焚いた後「天井裏」を覗くと約一間くらい先に50㎝大の「栄巣」がありました。

外部「天井換気口」から大量に薬剤を噴霧したこともあり、

だいぶ静かになっています。

しかしここからは「栄巣」撤去が困難なので、「栄巣」真近なベニヤを開口することにします。

ベニヤに染みがある辺りに丁度「栄巣」が存在するようです。

開いてみましょうか・・・(◎_◎;)

あったー!またドデカい!

成虫の死骸も数百匹は転がっています。

勿論まだピクピクしているものが殆どですが、じきに虫の息でしょう。

薬剤を吸収しているとはいえ「重い」ったらありゃしませんでした。(~_~;)

これからはこうした大型「栄巣」の駆除がまだありかもしれませんから油断出来ませんね。

最近の害獣・害虫駆除あれこれ

もうすぐ八月を迎えようとしています。

本当に一年が早いですねえ・・

今年は暑さだけではない様々な要因から「体調不良」を自覚することが多く、

「あと何年出来るだろうか?・・・この仕事」などとフト考えさせられたりしています。

独立してたったの丸3年とは言え、現在の年齢と「心身環境」を相対的・客観的に見た時、

常に冷静に考えておくべきなのかと思います。

まだまあ「仕事と人生を楽しみたい」のであれば、やはり「健康寿命」なんだろうな・・とも(◎_◎;)

「加齢」との闘いを始めて意識させられた今年の春~夏ですが、

これからの人生を考える一つの良い機会でもあるのだろうと思っています。

 

さて、また最近の細々なお仕事をまとめて紹介していきましょう。

まずは「八王子・O様邸」の害虫・害獣防止の工事です。

天井裏の作業が大半ですので機材の移動と養生などの準備からです☝

コチラはネズミが以前から騒いでいるようで天井裏にも多数の糞や、

オマケに鳥巣が幾つか確認されました。

(全く同様の駆除作業現場が春先にありましたっけ)

その上での天井裏の侵入経路を封鎖します。

☝が一番よくある屋根の段差によるスキマ侵入経路ですね。

こうした箇所に金網を装着します。

全体的にはこうした情景になります👇

または・・・👇

とにかくこの日は予報に反して「好天候」もあって非常にキツイ「天井裏作業」でした。

夏の天井裏作業はいわば「命がけ」にも近きものがあり、

場合によっては止むを得ず時期・季節をずらして頂くことも止むを得ません。

 

次は「小金井市・T様邸」の害獣・害獣防止工事です。

この日も午後だけに暑かったですねえ・・(~_~;)

こうした日は出来るだけ「日陰」に面した封鎖作業をしようと思います。

 

まずはボッコリ開いた軒天の封鎖です。(ここは直射日光ばバンバンでした~(^-^;)

👇のように金属板加工にて封鎖します。

画面からだけでは複雑な曲面やスキマ構造はうかがい知れないですが、

とにかく非常に複雑にスキマが存在しました。

そしてやっと日陰作業になりました。

「ふかし壁」の下部スキマを覆うように金網を装着します。

とりあえず上部はコーキングで「仮止め」をして、次回に下部をモルタルにて固定することになります。

こうした箇所がもう一か所あるのですが、そちらは施工環境が非常に悪い為にいまだに試案の最中・・・

秋口を迎えるまでには何とか封鎖して家屋への再侵入を防がなくてはなりません。

 

 

一つの生命

考えると私は毎日のように「害虫」と銘打ち多くの生命を抹消しています。

それを生業にしているので「しかたがない」とあまり考えないようにはしています。

それでも日々簡単に世界中のリアルなニュースが気軽の入手出来ると、

「本当は人類が一番の害虫・害獣なんだがなあ・・・」とため息が出ることが多い昨今です。

次々と繰り返される無常の殺戮と環境破壊・・・絶滅していく多くの生物・・・

動物・哺乳類好きの私にとって、大型哺乳類の減少~絶滅はとても哀しい・・・( ノД`)シクシク…

最終的には人類が人類を・・・そうならずとも、

多種多様な生物共存が無くなり、地球上には退化した少ない人類のみの生息になるのかあ・・・

幼いころから映画や漫画などで幾つもそうした未来のメッセージを教授してきましたが、

まさかそうしたSFがこれほど現実味を増すとは思いもよりませんでした・・(◎_◎;)

くそ真面目な話題で恐縮ですが、

丁度こんな時に一つの生命の息吹を目の当たりにしたので紹介しようかなと・・・

それは暗くなりかけて仕事から自宅に戻った庭で見かけた「セミの幼虫」でした。

 

 

よく見かける「抜け殻」ではありません。

たぶん土中から抜け出したばかりの幼虫でしょう。

そして成虫に羽化する為に手頃な場所を物色していると思われました。

色艶もよく何となく成虫の羽のようなものが「透けて」見えるようでした。

一般にセミの幼虫は幼虫として土中での生活が6~7年・・・成虫になり一周間と言われます。

ですから土中から成虫に羽化する時間はおそらく12時間以内ではないでしょうか?

その短い時間に遭遇することはめったにありません。

運が悪いとその12時間以内に「鳥獣」に捕食されてしまうことも多いでしょう・・・

思わず「がんばれ!」とその動きに見入ってしまいます。

きっとこうしてライトを照らして観察されているのもセミには「ストレス」かもしれませんね。

 

そっとしておいてあげようとささやかな「祈る思い」を捧げ観察を中断しました。

「羽化」の場面だけは見たいと思っていたのですが、

ダメですね・・

日頃の疲れで寝入ってしまい、気が付いた時はどうやら無事に「羽化」した後・・・(^^ゞ

張り付いていた植樹の地面にコロリと「抜け殻」が転がっているのでした。

残念ではありましたが無事に羽化出来たことに一抹の安堵感がありました。

我が家の庭の植樹にはなんと「アシナガ蜂」の巣も数か月前からあるのですが、

未だに撤去しないでいます。

勿論家族も知っておりますが「研究的側面」という大義名分の裏では、

やはり出来ることなら距離を置きつつ共存出来ればいいかなと・・・駆除業者がダメですかね?(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031