害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

コレクション

1 2 3 10

我が心のキャンディーズ!②

引き続き「我が心のキャンディーズ」関係のお話で恐縮です。

前回のお話のような経緯があり、

再び「キャンディーズ」と共に生きてゆこう?

と決めた私は最近色々と「キャンディーズ」関連グッズを例によって収集しています。

ネットを泳いでゆくとそれはそれは奥深い「キャンディーズ沼」にハマってゆくのが分かりました。

一言で言うと、いまだにアイドルとしての存在感がいかに高いか?でしょうか・・(;・∀・)

 

最初はあまり珍しいモノはありませんがその一端を紹介します。↓

主に書籍やライブパンフやバッチなどの小物、それにワイレスマイクなどのおもちゃ・・・

いかにもアイドルらしい玩具がほほえましいです。

アニメや架空のヒーローたちと違い、

実際に生きているアイドルですから欲しいのは少しでも本人たちとの距離を感じられるモノです。

例えばコレなんかは典型的ですね↓

ランちゃん、スーちゃん、ミキちゃん三人の直筆サインです。

サインの雰囲気から活動中期のもののように勝手に想像しますが、

薄汚れた色紙が「当時感」みたいなものを漂わせませんか?

活動初期のころのサインの筆跡は全然違うのでいつかは手に入れたいですね。

当然初期のものは市場で見かける率も少なく希少だとは思います。

しかしチョットだけ声を小さく?威張れるグッズを一年前に入手しました。

それはそれは当時悩んで悩んで・・・しかし今後二度とお目にかかることはなはず・・と思い、

清水の舞台から飛び降りてしまった(;´∀`)のがこれです↓

キャンディーズのポスターの中でも最難関と言われる極希少な一品です。

キャンディーズ三人の上半身を白黒でコラージュした有名な絵柄は、

「哀愁のシンフォニー」発売時の宣伝として利用されたもの。

とにかくこれほどアイドルというにはあまりにもアダルトムードなデザインがあるでしょうか?

確か当時は駅の構内とかで見かけて「うわ~キャンディーズって色っぽいお姉さんだ~」

とかたずをのんだような記憶があります。

しかも他のポスターと違うのは、材質がアルミ箔紙というもので「色・艶・輝」が角度により変化!

タレントのクリス松村さんがご自身のCS番組か何かで、

ランちゃんゲストの回にこのポスターを所有していることを紹介され、

実物をランちゃんにお見せしたところ、ランちゃんご自身でも所持していないと語っていました。

「これだけは絶対に手放しません!」ともクリスさんは言っていたのが印象的です。

しかし私がムリして清水から飛び降りたのは他にも理由があります。

それはナ・ナ・ナント・・・このポスターには直筆サインが記されているからなのです。

クリスさんのは無サインだったのは番組でも確認出来ました。

わたしの数あるキャンディーズグッズの中でも当分の間、「横綱」の地位は陥落しないでしょう・・(-_-;)

あとは御三方が直接お手を通された「やさしい悪魔」の衣装とか・・くらいではないですか((´∀`))ケラケラ

絶対に市場には出ないでしょうけれど・・・

 

いちばん最近の入手グッズはこれです。↓

これは後楽園のファイナルコンサートでのアルミ製の大型バッチです。

やはり上記のポスターを極小化したようなデザインが秀逸です。

 

そしてわたしにとって残念なのは立体物が殆ど存在しないことでした。

「ならば自分だけのキャンディーズを造ればいいじゃないか!」

といつもの発想で一念発起し始めたのがコレです👇

なんと「ミキちゃんディフォルメ人形」なんですよね。

約15㎝前後でしょうか?

一か月間で造ったのでまだまだラフで改修は今後ゆっくりと楽しみます。

そして夢は無償で全国のキャンディーズファンに届けたい!

欲しい方がいれば?のお話ですが・・・

しかしそれだけではありません(*`艸´)ウシシシ

ステージの骨組み土台にセットされた隣のお二人の後ろ姿?・・・

そうなのです!

すでに御三人方はそろい踏み!でやっぱり「キャンディーズ」。

正面姿はのちのち公開したいと思います。

これこそ世界で一つの「キャンディーズ」でしょう?

出来はともかく久しぶりに「情熱と愛情をこめて」造れた作品です。

これは必ずステージと共に塗装までして完成させて、

キャンディーズファンの大先輩方に見て頂き、

出来ればランちゃん、ミキちゃん、そしてスーちゃんの御実家までも届けられれば最高です。

夢叶うかな?

キャンディーズファンの方、ご連絡おまちしてま~す!

そのためにも仕事も頑張ろうッと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尊師・ブルースリー・最新造型・コレクション!

早速趣味の話題を一献ということでお付き合いくださいませ。

ブルースリーを知らぬ昭和男子はいないと思いますが、

まさにその商品たるやおそらく当代随一ではないでしょうか?

出版・映像・玩具・その他いい大人向けの高値商品についても、

今現在も絶えることが無いのには驚きを通り越してあきれ返ります。

あらゆるメディア・媒体に影響を及ぼし続ける、もはや偉人と言っても過言ではありませんね。

わたくしもその影響を引きずり続ける「昭和40年男」であります(;^_^A

ブルースリーに関しては世界中に随一と言われる研究家やコレクターは無数かと?・・・

さすがにわたしは立体・造型物だけに限った収集を楽しんでいます。

 

今回はほんとにごく最近海外で発売された最新のブルースリースタチューをぜひ見てもらいたいのです。

珍しい「ドラゴン怒りの鉄拳」をスタチュー化したものですが、

もう唸るしかありませんね・・・(〃艸〃)

頭を下げ合掌している方もいますよ、きっと、これは・・・

もったいぶってケースからアップです。

この肖像を今回は見事「生き写し」がごとく立体化したのでご覧あれ!💛

またまたもったいぶって台座ベースからなんちゃって・・・

でもこの台座からしてもう「ドラゴン怒りの鉄拳」の世界観ですよ。

全身の血が熱くなり思わず涙が・・・( ノД`)

では尊師怒りの表情の御尊顔を!

バックには一応「怒りの鉄拳」ポスターを配置してみました。

この血沸き肉躍る若さ溢れるブルースリー尊師が私は一番好きです。

今までどちらかというと立体化に恵まれないだけに嬉しい限り!

次は角度を変えてです。

これで30㎝サイズなのにあふれる存在感は造形力の勝利!と言いたい。

原型師の愛情をきちんと感じることが出来るのも素晴らしい。

全身からはまさに動き出しそうな「生」をも感じ取れるのはわたしだけか?

生身のブルースリーにはかなわずとも「きっとこれ以上にオーラだったのだろう・・」

と購入者にに想像力を働かせてくれるだけでも価値ある素晴らしい立体物であろう。

また嬉しいおまけもついていた。

「静かな怒り」の表情ヘッドなのだ。

どちらが好きかはまさにお好み・・・

こっちも良いなあ・・・

しかし大人向けの高価なフィギュアが発売され始めて数十年・・・

出来には隔絶の感がありどこまで精密化が進むのか・・・?

ファンは「またか・・・」と思いつつも経済を潤滑するのに貢献してしまいますが、

やはり製作者の愛着や愛情が伝わらないものはスルーしてしまいます。

リー尊師もそれは望んではいないでしょう。

いつか死ぬまでにわたくしも自分の尊師を恐れ多くも造ってみたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

あきる野市・草花寄席にて落語再評価中

健康に苦しんだ昨年はコレで相当精神的に癒されてきましたのが「落語」でした。

かといって都内の寄席にはなかなか行くわけにもいかず、

いぜんからチョコチョコと買い貯めて未見のままだった「古典落語」のDVDを、

じっくり時間をかけては楽しんできました。

私は殆ど現在の民放のテレビは不要な生活習慣なもので、

本当に昨年は「いまこそ」とばかりにリハビリを兼ねて視聴を重ねることが出来ましたね。

昔紹介したかもしれませんが、落語経験の浅い方はぜひこの↑志ん朝から入って頂くと、

江戸前落語の世界に簡単に引きずり込まれてゆくでしょう・・・

引き込まれると言ったってそれは非常に「こころ豊か」で「ここちよい」ものなんですよ。

昔の日本人の生活にタイムスリップさせてくれると言うとぴったりかもしれません。

引き続き平行して覗いてもらいたいのは小三治師匠です。

志ん朝とはまた違った本格江戸前落語が楽しめます。

特にマクラといわれる前置きの軽い導入話しは右に出る方がいないと言われるくらいなもんで。

落語独特の見せる笑いで爆笑されたい方はそろそろここらあたりで五代目小さんが良いのでは?

特に「禁酒番屋」や「親子酒」など酒に関わるネタは最高に笑えます。

酒ネタの場合、ほとんどマクラは同じなのもなんか笑えます。

わたしは殆ど下戸に近いんですけれどね。

個人的には見かけや語り口に比べて爆笑派なんじゃあないかと思います?

この辺で落語に慣れ、また魅力に引きずりこまれてゆければ次のステップはお好きなように・・・

昭和の名人と言われる噺家に足を入れてみるのなら

この圓生とか

文楽や正蔵なんかも味わいがありとっても好きです。

いきなり昭和の名人級はちょっと楽しみがわからない方もおられるかもしれませんね。

もしくはアレルギーが無ければ関西、上方落語世界に耳と目をむけてはいかが?

この米朝と吉朝は子弟なのでとてもスタイルが似ているようで、

しかもよく言われる関西の濃くてくどい独特の味というものがかなり薄口に調理されていると思います。

ほかの上方芸人の落語は確かにギトギト濃すぎて相いれない印象でしたが、

初めて吉朝を聞いた時にはかなり爽やかで涼やかでここち良かったのをはっきり覚えています。

純粋な子弟だけに同じ演目ネタを披露していますから、

そのちょっとした違いを味わうのも楽しいもの・・・

特に上方落語は東京では寄席など生では聞くことが出来ないので、YouTubeの動画やDVDしかありません。

新年早速「新宿末広亭」でも行こうかなあ・・・

そうそう16年前、結婚前の家内と池袋末広亭に行ったっけ・・・ついこの間のことのようです。

 

 

 

1 2 3 10
2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031