害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

ロードショー

MX4Dでスターウォーズ見てきました!

もう話題としては遅いですが、2月初旬にスターウォーズ「フォースの覚醒」を

いそいそと見てきました。

劇場でSWを鑑賞したのは1983年の「ジェダイの復讐」以来なので、

かれこれ30年振りですよね。

その間に劇場も大きく様変わりして、ジェダイを観た「新宿プラザ劇場」も

無くなってしまい残念・・・学生時代に何十回と足を運びましたねえ・・・

とはいえ今回特にMX4Dという特殊効果で観たかったので、

ずっと楽しみにしていました。

ということでいざ!新宿へ

DSCF6213

 

TOHOシネマズ新宿の外観☝です。

久しぶりの劇場鑑賞ですが、ああもう映画の華やかなりし雰囲気はどこえやら・・・

昔は劇場前に、プロの絵描きさんが描いた夢のある「看板」が、

必ず掲げられていたものですよね・・・

DSCF6212

 

こんなふうに「写真」もいいでしょうが、やはりどこか違う・・・

手書きの「看板」には観る前に「想像力」を掻き立てる何かがあって、

どこかワクワクしたことを思い出します。

さて中に入ってみますと・・・

DSCF6207

 

ロビーの光景はさすがにゴージャス感を醸し出しており、

以前の「プラザ劇場」だけでなく、

最近閉館した近隣の「ミラノ座」などの雰囲気が残残っているところは嬉しかった。

DSCF6209

 

平日なのにサラリーマンらしき方がいらっっしゃったりして・・・

昔のように安くて数本立てのいわゆる「名画座」が無くなった今、

簡単に仕事をさぼる「場」として映画館は役立ってはいないと思いますね。

DSCF6208

 

また「高いなあ・・」と思いつつ買ってしまう・・・と言うより、

買わざるを得ない劇場の「飲食物」・・・があります。

「とてもこんなに要らないだろう!?」と言う量のポップコーンが500円!

しかしこれが旨い、旨い!

ぜひ食べてみて頂きたいです。

ここまで劇所案内と劇場の感想になってしまいましたね。

それはそうと、率直に「SW/フォースの覚醒」は面白かった」ですよ。

マニアには色々注文があるでしょうが、素直に楽しめば最高でした。

特に期待のMX4Dという効果は+1200円の価値はありました。

安全性やコスト等を考え、あそこまでの技術効果が限界かもしれませんが、

東京ディズニーランドのアトラクション、「スターツアー」を長時間楽しむというのは、

とても昔では考えられませんよね。

この技術にはさらなる究極の「臨場感」創りを目指してもらいたいものです。

欲を言えば、せっかく劇場に来たのに「スクリーン」がはるかに小さいんですよね。

「特殊効果」はなくても昔の「新宿・プラザ劇場」の大スクリーンで観る、

「スターデストロイヤー」のデカかったこと・・・

あれはあれで一概に比較できない素晴らしさがありました。

「これから1~2か月に一度は劇場に足を運ぼう」と家内とも意見一致した次第です。

 

夏休みはロードショーで・・・①イップマンシリーズ

今年の「夏」前半は本当に暑かった・・・・ブログ更新出来ないくらいグッタリでした。

私は学生時代を除き、夏はどちらかと言うと好きではありません。

社会人、労働者として社会に生きている以上、特に「現場作業」を主とする私には「暑さ」は大敵。

「疲労度」が「冬」の何倍も違います。(個人差はモチロンですが・・・)

毎年「夏休み」という響きにつられて「どこかへ行こう!」とギリギリまで楽しみにしているのですが、

結局毎年「自宅でノンビリ」な結果になってしまいます。

ですがこれも結果ですが、毎年「これで良かったなあ・・」とそれなりに心身を休めて満足なのです。

 

今年はたまりにたまった「DVD]の中から散々「見まくり」ました。

その中から「お勧め」の紹介レビューでもしますので、これからの「秋の夜長」にぜひご覧あれ。

まずはこれ「イップマン序章」と「イップマン葉問」です。

DSCF3140[1]

 

香港アクション系なので万人向けではないかもしれませんが、

うちの奥さんも「感動」してラストに向けて眼を赤く腫らせていましたから、女性にもおすすめかも・・・・

われらがブルースリー先生の「生涯唯一の師」という「葉問」=「イップマン」の生涯を描いた作品です。

エンターテイメントなのでおおよそは事実に基づくとして、見せ場はやはり「カンフーアクション」が第一。

また製作した中国側のご都合解釈はあるにせよ、

日本が戦時下で関東軍として、「中国人」にいかに振る舞ってきたかが垣間見られます。

いわゆる「反戦映画」の色もにじませていて、自分が日本人であることが観ていて嫌になります。

「映画」は決して「教育」ではなく「心から楽しむもの」だと思いますし、感じ方は様々ですよね。

しかし私は「日本」の軍部に対し、「自らの信念」を貫き「迫害」にも屈しなかったイップマンの姿は、

「自分には絶対できないことだろう・・・」と完敗した気分です。

私の「独断見どころNo,1」は、軍部の道場で仲間の仇を撃つ為に、

「単独」で十人の相手を黙々と倒してゆく場面です。

終始「無用な争い」を避けてきたイップマンが最も「戦闘的」になり、「一切の手加減」をせず、

非情な攻めに徹する「姿」は「格闘マシーン」のような冷たい恐ろしさを感じました。

ドニーイエンの生涯の代表作と言われるのもうなずけました。

次も関連作です。
DSCF3143

 

左の「イップマン最終章」は前述の「イップマン」の晩年を俳優「アンソニーウォン」で描き切りました。

こちらは晩年と言うだけあって、さすがに「アクション」は若干少ないと言いますか、抑えています。

アンソニーウォンがアクション系ではないのと、高齢者の派手なアクションは「非現実的」だからでしょう。

しかしこれがなかなかなのです。

「戦時下」を潜り抜けてきた人間が「晩年」をどう生き切っていくか?という「苦悩」が描かれてもおり、

いずれやってくる「自分の晩年」とも重なり合わせたりもします。

地味でも、不器用でも、生涯「たった一つ」でも継続し貫く「生き方」に徹した人間は、

現実でもやはり「迫力」というか「凄み」があるように思います。(それに比べて・・・とつい思ってしまいます。)

そして左の「グランドマスター」も「イップマン」ブームに制作された一本です。

これは決してイップマン中心の「どっしり」とした「伝記的」作品とは一線を画すので、

また違った面白さがあります。

「アクション」シーンも「リアルな殺陣」ではなく「芸術的な撮影」で「美しく」見せることに主眼があるようです。

私個人的には一にも二にも「チャンツィイー」の美しさに尽きました。

さすが元祖「アジアンビューティー」だけのことはありますね。

それに昔から「闘う美人」はどんな男の主役も食ってしまいかねない魅力があるように思います。

かくいうわたくしも昔学生時代は「空手」を少々やっておりました。

しょっちゅう「巻き藁」を正拳(=げんこつですね)で叩き、手が石のように固くなったものでした。

試合で骨にひびが入ったり、逆に相手の顔に「回し蹴り」が当たって出血させてしまったりと・・・

あれから長いこと「武道」に触れていませんが、もう一度「武道」の門を叩くのが「夢」の一つです。

もう若くないので、「空手」や「キックボクシング」などのキツイ格闘技は止めて、

「合気道」か「少林寺拳法」を候補に必ず「来年から!」と決意してますが、

もう一つの「入門候補」がコレ↓

DSCF3144[1]

 

そうです、イップマンの「詠春拳」なんですね。

「東京での入門先がどこどこに・・・」、「女性や中高年でも学べる」等々・・調べてみました。

DSCF3145[1]

 

くれぐれもほんとに若くはないので、「心身の鍛錬」と「楽しみ」で良いのですが、

どうせ「人生後半」、やるなら妥協しないで「本当にやりたいことをやる」ように追及するのが

後悔なき人生ですよね。

諸条件で挫折した時はサッサと方向転換し「再挑戦」するだけ。

「来年」からはわたしも「イップ師匠」の弟子になれますかな?

次回も「夏休みロードショー」第二弾です。

お楽しみに。

仕事レポートはその後に・・・・

男子は格闘映画で大きくなった!

キャンディーズの後は一転、同じ少年時代に「男心」「男魂」を培養された「格闘映画」です。

ここしばらく子供、なかんずく男の子が夢中になるような「洋画」はメッキリ陰を潜めてますね。

昭和は違いました。

男子は映像の中で「ヒーロー」の姿から様々な「人生の闘争心」を学んだのでした。

DSCF1901

 

ブルースリーが現れてから「ドラゴン」という「ワード」は、

小学生でもアドレナリンを沸騰させるセリフになったのですね。

ブルースリーはTVでは見れないけれど、倉田保昭尊師はTVで拝むことが出来る!

Gメン75の「香港カラテ」シリーズがどれだけ楽しみだったか!

DSCF1894

 

毎月毎月新しい「空手・カンフー映画」が上陸しては公開されるんですから、国中大ブームなわけです。

このころは「オカルトブーム」があったり、「パニックブーム」があったり、

映画がうねりがまさに幼少の人格形成に少なからず影響していた素敵な時代でした。

DSCF1895

 

たしかにこの頃公開された一連の「ドラゴン」「タイガー」「ジャガー」たちは、

確かに「ブルースリー」を見た後は・・・トホト・・・なのです。

が自分の成長と共に繰り返し見ると、なかなか味わいがあってそれなりに「味」が見つかるんですね。

「これは南派拳法だな」とか「これは実在した〇〇〇を題材にしてるんだな」とか・・・

DSCF1902

 

こんな雑誌が巷を賑わし、ボンクラ少年たちの「ドラゴン心」を熱くしたのでした。

中身はいうと、これがなかなか今となっては貴重な写真や記事もあったりしてました。

DSCF1904

 

このショットは今見てもカッチョイイ!!!と思いますよ。和製ドラゴン・倉田尊師!

その後のジャッキーチェンやジェットリー、現在のドニーイエンも勿論大好きですが、

やはり70年代の泥臭い「手づくり」感覚の「画面」が好きなんだなあ・・・。

倉田保昭尊師とブルースリー大師の闘いは誰もが見たかった対決ですなあ・・・

汗も血も、匂いまでこちらに届きそうなくらいですから・・・。

時間があれば各作品のレビューでも出来ればいいですね。

今度は「女ドラゴン」のキーワードで会いましょう。

 

2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930