害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

昭和文化あれこれ大好き

1 2 3 6

あきる野市・草花寄席にて落語再評価中

健康に苦しんだ昨年はコレで相当精神的に癒されてきましたのが「落語」でした。

かといって都内の寄席にはなかなか行くわけにもいかず、

いぜんからチョコチョコと買い貯めて未見のままだった「古典落語」のDVDを、

じっくり時間をかけては楽しんできました。

私は殆ど現在の民放のテレビは不要な生活習慣なもので、

本当に昨年は「いまこそ」とばかりにリハビリを兼ねて視聴を重ねることが出来ましたね。

昔紹介したかもしれませんが、落語経験の浅い方はぜひこの↑志ん朝から入って頂くと、

江戸前落語の世界に簡単に引きずり込まれてゆくでしょう・・・

引き込まれると言ったってそれは非常に「こころ豊か」で「ここちよい」ものなんですよ。

昔の日本人の生活にタイムスリップさせてくれると言うとぴったりかもしれません。

引き続き平行して覗いてもらいたいのは小三治師匠です。

志ん朝とはまた違った本格江戸前落語が楽しめます。

特にマクラといわれる前置きの軽い導入話しは右に出る方がいないと言われるくらいなもんで。

落語独特の見せる笑いで爆笑されたい方はそろそろここらあたりで五代目小さんが良いのでは?

特に「禁酒番屋」や「親子酒」など酒に関わるネタは最高に笑えます。

酒ネタの場合、ほとんどマクラは同じなのもなんか笑えます。

わたしは殆ど下戸に近いんですけれどね。

個人的には見かけや語り口に比べて爆笑派なんじゃあないかと思います?

この辺で落語に慣れ、また魅力に引きずりこまれてゆければ次のステップはお好きなように・・・

昭和の名人と言われる噺家に足を入れてみるのなら

この圓生とか

文楽や正蔵なんかも味わいがありとっても好きです。

いきなり昭和の名人級はちょっと楽しみがわからない方もおられるかもしれませんね。

もしくはアレルギーが無ければ関西、上方落語世界に耳と目をむけてはいかが?

この米朝と吉朝は子弟なのでとてもスタイルが似ているようで、

しかもよく言われる関西の濃くてくどい独特の味というものがかなり薄口に調理されていると思います。

ほかの上方芸人の落語は確かにギトギト濃すぎて相いれない印象でしたが、

初めて吉朝を聞いた時にはかなり爽やかで涼やかでここち良かったのをはっきり覚えています。

純粋な子弟だけに同じ演目ネタを披露していますから、

そのちょっとした違いを味わうのも楽しいもの・・・

特に上方落語は東京では寄席など生では聞くことが出来ないので、YouTubeの動画やDVDしかありません。

新年早速「新宿末広亭」でも行こうかなあ・・・

そうそう16年前、結婚前の家内と池袋末広亭に行ったっけ・・・ついこの間のことのようです。

 

 

 

本年こそは復活へ目指して頑張ります!

明けましておめでとうございます。

なんと創業初の約一年ぶりのブログの再開と相成りました。

これには色々と昨年一年間の体調不良などがあったわけですが、

なんとかこの令和新年を契機に再開を果たすことが出来きました。

友人の中には「HPたまに覗くけどずっと更新していないね・・・どうしたのかな?」

とメールをくれ心配してくれる人もありました。

「健康」には自負があったわたしだっただけに、

今まであったことのない心身の痛みに眠ることのない日々も過ごしました。

しかしそれに替わる家族や友の愛情や、様々な「苦悩」や「苦痛」で苦しむ方のお気持ちが

少しでも理解することが出来るようになった一年だったと思います。

それは長く続いた(現在も続いていますが)「苦しみ」を本当に価値ある経験と、

今は冷静に解釈を出来るまでになりました。

 

また昨年も日本のあちこちで風雨災害が連続し、現在も生活に困窮され闘っておられる方が大勢おられます。

私の地元「あきる野市」でも「まさか」の床上床下浸水で家屋が半壊、全壊される地域が続発・・・

↑被災直後の野球上は全て汚泥化されました。

↑川沿いの住宅や車はこの通り・・・唖然とするしかありませんでした。

とっさに「これは何かお役に立てないだろうか・・・お役に立ちたい・・・」と思いもしました。

↑土砂崩れの中で家財道具を洗って乾かして、選別に追われる被災の方がを前に、

「経済や文明」と「自然環境」のありかたと・・・

「やるせなさ」に「私の人生観」へ思索の一滴を投じてくれた気がしました。

そしてそれから市役所の生活環境課の方々からの消毒相談が舞い込み、

昨年の秋は多くの地元被災者の方々へ微力な支援の一端を担わせていただくことも出来ました。

↑床上1メートルまで汚泥に浸かった住宅は大部分が畳も床板もかたずけられており、

衛生消毒自体の我々の労力は軽減されていました。

↑ある飲食店を兼ねる住宅ではこの通り、内壁のかなり高さまでが泥で剥がれてしまい、

残念なことに今後はお店は閉めてしまうとのお話をお伺いしました。

「たいしてお力にはなれないのだなあ・・・」

それには消毒しながらも非常に「無力感」のようなものの襲われながらの作業でした・・・😢

それでも今年も都民や市民の方々の日々の「お困りごと」に、

本気で寄り添う「害虫駆除・消毒業者」に大きな一段を上ってゆけたら幸いです。

それは自分自身の「心身の苦しみや悩み」にも同時に寄り添い解決の一歩を上る闘いでもあるでしょうね😊

 

 

この冬の「男のロマン・女の不満」コレクション

今年は仕事以外の下らない収集癖的なコラムはこのタイトルにシリーズ化したいと思います。

誰がつけたか「男のロマン・女の不満」・・・

まさに「言いえて妙」なこの語呂合わせたるや・・・思わずニンマリと何ともトホホ感に頂きです(・・;)

かくいう我が家も奥様のご不満にいつもビクビクしつつも道楽だけは・・・ですね。

だからこそキツイ仕事も頑張れるのよ~と苦しい言い訳・・・(-_-;)

このところずっと仕事のコラムばっかりで疲れましたので、

チョット楽に記事を書くにはやはり道楽話が疲れませんね

この冬にゲットしたいくつかのヒーローアイテムコレクションを勝手強引に押し付け紹介です(^_^;)

まずは久しぶりのブルースリーアイテムから・・

たぶん日本製の映画ポスターで最も人気と思われる、「ドラゴン怒りの鉄拳」のこのバージョン↓

ネットオークションでもたまに見かけますがきれいなモノはなかなかないみたいで、

今回のモノは殆ど折れ目もシワもない美品です。

やはりデザインのレイアウトはこいつが一番恰好いいですねえ~

本当は玄関に飾りたいくらいですがまあ現在のところ御法度ですねえ・・・(-_-;)

次もブルースリー関係行きま~す。

ご存知エンターベイの「燃えよドラゴン」バージョンの人形です。

これは収納ボックスと厚紙のカバーですが、このボックスがチョット凝っていまして・・・・

劇中の終盤の鏡の部屋のように回転扉になって「リー尊師」のご尊顔が拝める仕組みなっています。

このように中身は厳重に保管をされていますので今回は残念ながら御開帳は致しません。

実のところこれは二体目ですでに一体はショウケースケースに飾ってあるのそちらをご覧あれ・・

ではなぜにもう一体?

それはこれ↓

同梱されている着せ替えセット・・・

劇中半ばでリー尊師が夜間に地下工場に潜入して大格闘をするシーンで用いられた、

黒一色のトラックスーツを着せて飾る為と言っては非常に贅沢・・・

ですがこれがファンの楽しみでありまさに「男のロマン・女の不満」・・・

 

 

次はもう一つの私のヒーロー「仮面ライダー」関連の驚き本を紹介。

これは発行されて既に数年経っている同人誌なのですが、

コイツが中身も価格も驚愕の一言です。

どうしてもっと早く出会わなかったのか不思議であり残念・・・

制作・発行の関係者様に本当のライダーファンの一人としてお礼を申し上げたいくらいです。

それがコレ、「仮面ライダーロケ地大画報」シリーズ!

既に5巻までが発行されていますがどれも「遊び心」にあふれたノスタルジックな表紙デザイン。

幼な心をくすぐられますね(^_^;)

当初はこの1冊だけでいいかなあ・・と思い購入しましたが、何の何の!

1話から丹念な考証と現場調査を重ねてしかもフルカラーでまとめたこの労作!

いかにも全てのロケ現場に追従しているかのような気分を味あわせてくれます。

これがなんと定価2000円ですから・・・大赤字じゃないのか真面目に心配・・・

それとも世直し「助け人」なのか?

かくいう私もかれこれ20年前くらいに代表的なロケ現場を当時のマニア本を片手に、

あっちこっち(といっても都心近郊だけですが)と辿ったことがありました。

バカバカしい道楽ですが当時の熱烈なファンとしては、

(ああ・・ここでライダーが制作されていた場面なんだ・・)と感動したものです。

それを極めてくれたライダーファンの代表がこんなにいらしたんだ・・・とまた感動・・・

やはり仮面ライダー(昭和のですよ!)は偉大だ・・・と

この「長沢浄水場」も私は見に行きましたがほとんどかわっていませんね。

東京都多摩市~稲城~狛江→川崎市麻生区~宮前区辺りはしょっちゅう仕事で通るので、

私としては「仮面ライダー」の聖地が地元みたいな気がして「在り難い」気が昔からしていました。

ホントバカなおやじです・・・(^^ゞ

これからも「仮面ライダー大画報」を応援させて頂きます!

1 2 3 6