害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

昭和文化あれこれ大好き

男はつらいよ・寅さん造型を楽しむ

今年は何年ぶりかに随分と造型をさせて頂いております。

コロナ渦のせいもあると思いますが、家で過ごす時間が多けりゃそりゃ「造型」というわけですね。

インドア生活はいくらでもやりたいことはあるので困らないのですけど、

40年続いているライフワークというには大げさですが最高の趣味の一つですから(;^_^A

 

今年はいろいろ集中して造ることが出来ていますが、

今回は恥も惜しんでなりふり構わず紹介してみようかと思います。

今まですでに二回造っているのですが、全身をリアルに挑戦は最初で最後かも・・・

というわけでご存じ「男はつらいよ」の寅さんですね。

知名度では文句なく昭和の大スターですが、特撮ものなんかではないので立体物は殆どないんですよね。

「なければ造ろう」という単純かつ根源的な発想です。

前回のブルースリーとは真逆なヒーローというのも豊かな時代の昭和ならではだと思います。

今はヒーローもスターもいませんからね。

昭和よりも深刻にヒーローが必要になってきているというのにです・・・( ノД`)シクシク…

わたしはこの渥美清の顔が好きで、造型は絶対に帽子なし、ジャケットなしと決めていました。

旅人の寅さんよりも故郷の柴又でリラックスしてくつろぐ寅さんを造りたかった。

素の寅さんというか俳優・渥美清らしさを造りたかった・・・というべきか?

個性的な顔は誰が造っても似せることは出来ると思いますので気楽に取り組めます。

わたしくらいの下手でもです。(-_-;)

全身はこんな感じで小さい写真がごとく我が家で「堂々」とした寅さん。

「よお~社長~!」とか「リリーじゃないか!どうしたんだい?」みたいな雰囲気ですかね。

ダボシャツのしわなんかは面倒なんで多少省略しました。

わたしは精緻なフィギュアを造れるほど上手くはないし、そんなものに挑戦する気もなし!

だから洋服とか装飾品はおおざっぱでもいいかな?と

造型の先輩からもそれでよいのだとアドバイス頂きました。

もともと最後にまた寅さん造りたいと思ったのは柴又の寅さん象を改めて見てからです。

ですから「小さな銅像を造りたい」みたいな発想なんです。

柴又の銅像は哀愁タップリ。

自分は元気タップリでいこうかな?と。

手を振る感じはこんな感じをイメージなんですがチョット違いましたかね?

どちらかというと10作以内の若くて元気な寅さんを表現したつもりです。

他人の作品や立体物はそれこそ好みで良いと思いますので、

基本的にとやかく言うも言われるも良いものだと思います。

評価なんでどうでも良いし「楽しく造って平和で健康」、仮に見て喜ぶ方が一人でもいればそれはそれでよしと😊

 

後は時間をかけてゆっくりと仕上げてゆこうかな?・・・

それと共に次は寅さん続きということで「さくら(倍賞千恵子)」と「タコ社長(太宰久雄)」に挑戦予定。

さすがにタコ社長はこの世で一つの立体物になるでしょうね。

ついでにマドンナを代表して「リリー(浅丘ルリ子)」まで造るのがこの数年間の夢です。

妹さくらは年内中に頭部から着手するのでまたブログで記事にします。

粘土造型はおカネもかからないし、頭や指先の連動で体にも良いし、完成したら嬉しいし・・・

誰しも平和で幸せな夢があるといいですよね。

造型ではもう一つのビックリ作品を近日公開します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あきる野市・草花寄席にて落語再評価中

健康に苦しんだ昨年はコレで相当精神的に癒されてきましたのが「落語」でした。

かといって都内の寄席にはなかなか行くわけにもいかず、

いぜんからチョコチョコと買い貯めて未見のままだった「古典落語」のDVDを、

じっくり時間をかけては楽しんできました。

私は殆ど現在の民放のテレビは不要な生活習慣なもので、

本当に昨年は「いまこそ」とばかりにリハビリを兼ねて視聴を重ねることが出来ましたね。

昔紹介したかもしれませんが、落語経験の浅い方はぜひこの↑志ん朝から入って頂くと、

江戸前落語の世界に簡単に引きずり込まれてゆくでしょう・・・

引き込まれると言ったってそれは非常に「こころ豊か」で「ここちよい」ものなんですよ。

昔の日本人の生活にタイムスリップさせてくれると言うとぴったりかもしれません。

引き続き平行して覗いてもらいたいのは小三治師匠です。

志ん朝とはまた違った本格江戸前落語が楽しめます。

特にマクラといわれる前置きの軽い導入話しは右に出る方がいないと言われるくらいなもんで。

落語独特の見せる笑いで爆笑されたい方はそろそろここらあたりで五代目小さんが良いのでは?

特に「禁酒番屋」や「親子酒」など酒に関わるネタは最高に笑えます。

酒ネタの場合、ほとんどマクラは同じなのもなんか笑えます。

わたしは殆ど下戸に近いんですけれどね。

個人的には見かけや語り口に比べて爆笑派なんじゃあないかと思います?

この辺で落語に慣れ、また魅力に引きずりこまれてゆければ次のステップはお好きなように・・・

昭和の名人と言われる噺家に足を入れてみるのなら

この圓生とか

文楽や正蔵なんかも味わいがありとっても好きです。

いきなり昭和の名人級はちょっと楽しみがわからない方もおられるかもしれませんね。

もしくはアレルギーが無ければ関西、上方落語世界に耳と目をむけてはいかが?

この米朝と吉朝は子弟なのでとてもスタイルが似ているようで、

しかもよく言われる関西の濃くてくどい独特の味というものがかなり薄口に調理されていると思います。

ほかの上方芸人の落語は確かにギトギト濃すぎて相いれない印象でしたが、

初めて吉朝を聞いた時にはかなり爽やかで涼やかでここち良かったのをはっきり覚えています。

純粋な子弟だけに同じ演目ネタを披露していますから、

そのちょっとした違いを味わうのも楽しいもの・・・

特に上方落語は東京では寄席など生では聞くことが出来ないので、YouTubeの動画やDVDしかありません。

新年早速「新宿末広亭」でも行こうかなあ・・・

そうそう16年前、結婚前の家内と池袋末広亭に行ったっけ・・・ついこの間のことのようです。

 

 

 

本年こそは復活へ目指して頑張ります!

明けましておめでとうございます。

なんと創業初の約一年ぶりのブログの再開と相成りました。

これには色々と昨年一年間の体調不良などがあったわけですが、

なんとかこの令和新年を契機に再開を果たすことが出来きました。

友人の中には「HPたまに覗くけどずっと更新していないね・・・どうしたのかな?」

とメールをくれ心配してくれる人もありました。

「健康」には自負があったわたしだっただけに、

今まであったことのない心身の痛みに眠ることのない日々も過ごしました。

しかしそれに替わる家族や友の愛情や、様々な「苦悩」や「苦痛」で苦しむ方のお気持ちが

少しでも理解することが出来るようになった一年だったと思います。

それは長く続いた(現在も続いていますが)「苦しみ」を本当に価値ある経験と、

今は冷静に解釈を出来るまでになりました。

 

また昨年も日本のあちこちで風雨災害が連続し、現在も生活に困窮され闘っておられる方が大勢おられます。

私の地元「あきる野市」でも「まさか」の床上床下浸水で家屋が半壊、全壊される地域が続発・・・

↑被災直後の野球上は全て汚泥化されました。

↑川沿いの住宅や車はこの通り・・・唖然とするしかありませんでした。

とっさに「これは何かお役に立てないだろうか・・・お役に立ちたい・・・」と思いもしました。

↑土砂崩れの中で家財道具を洗って乾かして、選別に追われる被災の方がを前に、

「経済や文明」と「自然環境」のありかたと・・・

「やるせなさ」に「私の人生観」へ思索の一滴を投じてくれた気がしました。

そしてそれから市役所の生活環境課の方々からの消毒相談が舞い込み、

昨年の秋は多くの地元被災者の方々へ微力な支援の一端を担わせていただくことも出来ました。

↑床上1メートルまで汚泥に浸かった住宅は大部分が畳も床板もかたずけられており、

衛生消毒自体の我々の労力は軽減されていました。

↑ある飲食店を兼ねる住宅ではこの通り、内壁のかなり高さまでが泥で剥がれてしまい、

残念なことに今後はお店は閉めてしまうとのお話をお伺いしました。

「たいしてお力にはなれないのだなあ・・・」

それには消毒しながらも非常に「無力感」のようなものの襲われながらの作業でした・・・😢

それでも今年も都民や市民の方々の日々の「お困りごと」に、

本気で寄り添う「害虫駆除・消毒業者」に大きな一段を上ってゆけたら幸いです。

それは自分自身の「心身の苦しみや悩み」にも同時に寄り添い解決の一歩を上る闘いでもあるでしょうね😊

 

 

2022年12月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031