害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

昭和文化あれこれ大好き

1 6 7 8

生涯唯一の心のアイドル「キャンディーズ」

久しぶりに「お楽しみ」記事です。

昭和を語る時、「アイドル歌謡」というカテゴリーは外せませんよね。

わたしは生涯唯一夢中になったのが、かのキャンディーズなのです。

小学校5年生ころTV番組のあちこちで、「やさしい悪魔」を聴くようになってからかなあ・・・

それまで周囲に「山口百恵」ファンや「桜田淳子」ファンはいましたが、

自分にはそこまでアイドルに夢中になる気持ちもサッパリわかりませんでした。

そのころ男子は野球に明け暮れ、帰宅すれば「太陽にほえろ!」や「プロレス中継」などに夢中でした。

そんな中もう一つ全国誰でも夢中だったのが、「8時だよ全員集合!」ですよ。

そこで見かける「キャンディーズ」が、前からなんとなく「身近にいる」お姉さん・・・

そんな感じで気にはなってたんでしょうね。

DSCF1909

 

それから何やかやで、しっかり私の心を捉えたのが、「みごろたべごろ笑いごろ」という、

全員集合!にも匹敵のバラエティー番組だったのですね。

学校に行くのがイヤーな月曜日の夜に、これが一番の楽しみだったっけ・・・

DSCF1907

 

それから瞬く間に、キャンディーズが出演する番組は片っ端からチェックするようになったっけ・・・

そしてアッと今の「解散宣言」は小学生には「何がなんだか」分かりませんでしたね。

1977~1978年解散までの半年間は「アンドウトロワ」~「わな」~「微笑みがえし」と、

カウントダウンに比例してオリコンヒットチャートを駆け上っていきましたねえ・・・

DSCF1905

 

少ない小遣いをはたいてはレコード店にも入りびたり、

クラスの「キャンディーズファン」仲間とLPを共同購入したっけなあ・・・

一番の思い出は、よくわかりもしないのに、ランちゃん、ミキちゃん、スーちゃんの家を探し回って

今は無き国鉄をはしごもしました。

家を探し当てても当然会えるわけもなく、それで満足して帰るのが嬉しかったなあ・・・

解散コンサートもこれもまた小学生にはプラチナチケットは間違いなく、

テレビのニュース映像を見ては涙をポロポロ流したことも、とっても切ない思いでですね。

DSCF1906

 

それから数か月は毎日「キャンディーズ」を聴いては泣いていたチキンボーイでした。

その後これほど夢中になるアイドルは生涯現れませんでした。

だから夭折されたスーちゃんこと田中好子さんも共に、これからもずっと自分の胸中で歌ってくれるんです。

老若男女問わず、だれからも愛されたキャンディーズこそ、アイドルの中のアイドルでしょう。

また今後二度と現れることもないと思います。

ありきたりですけど、だから「キャンディーズ」は永遠に不滅なのであります!(エキサイト状態!)

昭和文化よ万歳!永遠なれ!

私の約50年間の「人間形成」や「生きがい」に大きく影響している「キーワード」。

それが「昭和文化」とでも言ってよいかもしれません。

どこを切っても「ザ・昭和」と言っても過言ではないですね。

時代が経てば経つほど、歳を重ねるほどに「昭和」とはあらゆる角度から「分析」「研究」の題材に、

事欠かないことがわかってきます。

このところ「レトロ」「懐古趣味」も相まって、「映像」「音楽」「風俗」とあらゆる分野において

昭和が見直されてきましたね。

 

今日は昭和全般をついて「気楽に」触れたい方にお勧めの本を。

DSCF1509

この二冊はもう15年~20年前に出版されたものです。

かなり増補されているのでそれなりに読者がいるのでしょう。

DSCF1508

もう一つ、当時の子供目線で「昭和」を一年くくりで「新聞化」した一冊。

切り口が楽しいので、「新聞」と思わずにあっという間に読み終えることが出来ますよ。DSCF1510

こんなとか

DSCF1512

こんな感じの内容で、ニヤニヤしてしまう紙面作りでしょ?

DSCF1513

次は昭和関係の雑誌です。

これぞまさに「俺の為の雑誌ではないか!」

DSCF1514

しかし「昭和40年男」って私を含めて人口比でどれだけいるのでしょう?

昭和を総合的、あらゆる角度で「楽しみ」「懐かしみ」、また個人的に「研究」したい方にはぜひお勧め!

初期のバックナンバーはアマゾン、ヤフオクでも高騰しているので、早めの定期購読がよいですよ。

好きなものは好き!生涯の三大ヒーロー③

今年のGWも終わろうとしています。

天候も良く我が家もそれなりに有意義な連休でありました。

幸か不幸か「仕事」のご依頼は無かった為、割り切って好きなことも出来ました。

ここ何回かは再び「仕事」を離れた趣味三昧の話題を・・・

 

今回は予告通り?我が三大ヒーローその③ということで、「男はつらいよ」の出番です。

「寅さん」と「ヒーロー」とはなかなか相容れない単語のような気がしますよね。

確かに私もその存在自体は幼いころより知っていましたが、

なんとその初見は大学時代でした。

一見、「格好悪い」「学歴も地位もない」「職も金もない」・・・寅さんがなぜヒーローなのか?

ある程度大人になり、社会の現実とぶつかる中で「本当の男の格好良さ」や、

「生きざま」をかじっていく中でしか、「寅さん」の「心のヒーロー」像は解らないのでしょう。

DSCF1518

これは「男はつらいよ」のポスターです。

同じ作品でも大抵ポスターは数種類作られますが、これはその中でも流通数が少ないものです。

私自身も気に入っているのは、このデザイン「男はつらいよ」の世界観を端的に表現しているからです。

自立して大空に羽ばたく「吉永小百合」と、それを見守りながら旅に去る「寅さん」の姿・・・

DSCF1522

これですよね。

一連のテーマは。

昭和のこうした「優しさ」に満ちた時代に思春期を過ごせたことは、生涯最大の財産かもしれません。

「男気」と「やせ我慢」と「秘めた優しさ」と・・・・

今の時代に沿うかどうかは別として、「寅さん」の心は「我が心」としてこれからもずっと「格好悪く」、

たくましく生きていければいいですよね。

DSCF1523

これはだいぶ古い「キネマ旬報」の別冊・増刊です。

どちらも「男はつらいよ」初期の資料としては貴重な内容のようです。

なかでも「劇画・男はつらいよ」は「おいちゃん」「おばちゃん」「タコ社長」も登場して一見の価値ありです。

DSCF1524

左側の「奮闘編」ポスターのイラストの立体化したものがどうしても欲しくて造りました。

DSCF1567

同様のソフビ人形をアンティークショップなどで見かけたことがありましたが、

なんと10万~15万の値札にビックリでした。

「ならば造ればいいや」というのが私のモットー。

我が家の玄関には、毎日「寅さん」が出迎えてくれます。

近い将来30㎝~40㎝のリアルタイプの「寅さん」も造るつもりですので、

その時はどうか皆さんに見てもらいたいと思います。

 

 

 

 

1 6 7 8
2022年12月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031