害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

美味しいもの大好き

キャンディーズ聖地?「ベズレコード」初訪問しました!

世界中が疫病と戦乱に脅かされつつある暗い昨今ですが、

身の回りだけはやっと身が縮むような寒さから解放されようとしています。

青空と暖かく穏やかな気候だけでも素直にたっぷりと味わいたいものです・・・・

自分に何が出来るだろうか?・・・と考えこんでしまいますが、

何も出来そうもない・・・

せめてまず自分自身が心身を穏やかに、

意識せずに周囲に「赤外線」のような温かさを放出できればなあ・・・

一見「利己主義」的かもしれませんがまず自分ひとりからでも、

今日一日だけでよいから幸福感で小さな満足感に満たされることを意識しようと・・・

ですから仕事も好きなことも許される限り、「今その時に」精一杯楽しもうってことです。

 

というわけで( ´艸`)やっと先月キャンディーズバーに行ってきました。

場所は横浜南区の住宅郊外の一角です。

阿部店長様には事前に訪問予告をしておいたので、

少々早めに開店をして頂きました。

☝の少し怪しいオレンジ色のネオン看板がいかにも昭和っぽくてオヤジには魅惑の誘蛾灯のよう・・・

真ん中下あたりにわれらがキャンディーズ三人の写真が飾られているのがポイント!(^^)!

これが最大の目的ですから・・・

恰好悪いオヤジ(店長には失礼!)二人で記念撮影!

やはりコロナ過の影響は聞けば聞くほど酷いものである事を教えられます。

阿部店長さんもコロナになってから若干、お痩せになったとのこと・・・

「いつ店仕舞いしてもおかしくないよ」なんて冗談ぽく仰いますが、

言葉の裏に感じる切羽詰まった「リアル感」が伝わっても来ます。

飲酒をもともとしない私には大して貢献出来ないのがチョット悔しい・・・(´;ω;`)ウゥゥ

暗い話をしに伺ったわけではないので、

当然のことリアルキャンディーズ世代の大先輩として楽しい話題をわんさか提供していただきました。

👇のような直筆サインなどうらやましいグッズの数々・・

芸能界全体の裏話などチョットここでは深堀り出来ないお話もたくさん・・・

われらがキャンディーズは最後まで清純のまま伝説化を保ち本当に良かった・・・

こんなもったいないポスターが天井にしかも画鋲で止められちゃって・・・( ノД`)シクシク…

コピーでもいいから欲しいですなあ・・

阿部店長曰く「このたばこ染みがいいんですよ」なんて・・・

「目で楽しませる」というこのお店は申し訳ありませんが「おしゃれ」とは真逆かもしれません。

がしかし「孤独感」一杯でやるせない日々をやっと過ごしている「オヤジ」たちには、

店長の気さくなお人柄や、ご苦労に裏打ちされた多彩な話題が何物にも代えがたい気がします。

キャンディーズを抜きに、飲酒の有無を抜きにしてもチョクチョク通いたい誘惑にもかられます。

この「ベズレコード」というお店は「知る人ぞ知る」という存在なので詳細は無用ですが、

とにかく昭和アイドル好きな方なら一度は行って頂きたい価値があること請け合いです。

毎月実施しているという「キャンディーズ」ファンの定例回もそのうち参加をお約束。

持参した作成中のミキちゃんフィギュアについてもコメントを頂けました。

次回はランちゃん、スーちゃんも完成して持参することも・・・

こんなささやかな楽しみにも情熱かけて楽しもうと出来ること自体が、

私自身の幸福の一つだったり、また誰かに違った形で多幸感を伝えられれば良いですね・・・

凝っていますよねえ・・・☝

「商売でも好きでなければやれませんよ」・・・などと店長にも叫んでしまいましたが、

「いやいや、商売=生活は趣味娯楽では出来るほど甘くないですよ」とシビアな面も・・・さすが経営者・・

特にすごいのはお店に保管されている映像と音源の数々・・・はものはや全国一では?

そりゃそうです、全国からマニアファンが個人所蔵の映像を提供しに集ってくるのですから、

自ずとそうなるわけですね!

思わず「一週間滞在して全て視聴していたい!」とうなってしまいました。😊

おっとお店のPRをわすれていましたが、

私個人のおすすめ一番は阿部店長がおそらく秘蔵レシピで煮込んだアツアツ「おでん」ですね!

ぜひこのおでんに舌つつみを打ちつつ、ここでしか聞けない音源と裏話の数々を味わって下さい。

 

 

 

 

 

 

奥多摩・森のアースガーデンへ

何時も紅葉って気が付くと色付きが深まっていませんか?

だから改めて鑑賞するには過ぎ去るスピードが速すぎる気がします。

本当に残念です(^^ゞ

秋の味覚も殆どじっくりと味わうことが出来ない年だったかも?・・

今日はスキマの時間を上手く使い、地元西多摩の紅葉をササ―っと楽しんできました。

というか以前から「ココに行きたい」という奥さんの要望と約束を果たす為?(;^_^Aの小ドライブ。

目的地は奥多摩街道沿いの「森のアースガーデン」という洒落たお食事やさんです!(^^)!

多摩川の上流はこのようにホント「今が旬!」といったカンジの紅葉具合です☟

そしてこんな寒いのになぜかカヌーをしている人が結構いらして、

何だか眺めている方が余計寒くなるような・・・(~_~;)

でも優雅でいいですよね・・・

そしてやっと到着しました。

可愛らしい看板がチョット高揚感(紅葉感?)を高めてくれるようです。

周囲の景色がまた絶品!

奥多摩だけあって軽いハイキングや登山帰りの方も多いようでした。

おなかが減った後にキット立ち寄るのでしょうね。

お店までは少しのお散歩が必要なようで、

素敵な橋を渡ります。☟

橋の上からお店の屋根が見えました。☟

何だか「隠れ里」のようなたたずまいが本当に優雅・・・

鬼平なんかの時代劇のロケ地に出てきそうですね。

楽しみ楽しみ・・・

足を渡ると少し下り坂を降り、建物が見えてきます。

そしてやっぱり「時代劇」にマッチしている~と一人で興奮します。(^^ゞ

平日というのに結構客入りは良いようで混雑しておりました。

次から次へといかにも「美食家」のような紳士・淑女がお見えになります。

一応犬も同伴可能ということでしたが「だいじょうぶかなあ?・・」と、

恐る恐る周囲の探索がこれから盗みに入る盗賊風でチョット怪しい・・・(◎_◎;)

奥のテラス席に通されましたが「寒い寒い~」・・・のでした。

ふくちゃんがいるから当然と言えば当然ですよね・・(;’∀’)

しかし寒い中で楽しむ肉料理がまた格別です。☟

これは奥さんが注文したポークソテー~

こだわりのお肉は舌に肉の繊維が絡みつくようなおいしさです。

私は炙り肉を注文。☟

チョット私にはボリューム感が足りないかな?(;´∀`)

もう少し年配者には丁度いいボリューム感かもですね。

でもすべての素材に対するこだわりはやはりこの近辺ではなかなか食べられないかも?

ふくちゃんはいつもよりちょっと多めのおやつをもらいシアワセ~🐩

「食べるより散歩したいよ~」と言いたげなこの表情☟

すれ違う人たちがみなふくちゃんを見て思わず笑顔をほころばせます。

でもそれにしても寒かったな~( ノД`)

そうこうしているうちにあっという間に殆どが落葉してもうすぐ真冬がやってきます。

皆さんも短い短い「紅葉」を今!楽しんでくださいませ。

 

 

 

夏休みから後半戦へ~!

一か月ぶりの投稿登場となりました。

なんとも変な夏が過ぎ去って「待ちに待った」というか、

この記事を投稿している今日は「うすら寒い」くらいの涼しさです。

今年は6月~7月は暑かった中で働きすぎ?が祟り、「熱中症」やらアチコチの「傷み」やらで早々と「夏バテ」・・・

おかげで逆に8月は「予定通り」の長期夏休みを過ごさせて頂いたという訳です。

うすら寒い8月のおかげで本当にたっぷりと「休養・静養」が出来たのでそろそろ後半戦突入です。

 

とはいえ全く働かなかったわけではありませんよ(;´・ω・)

「そろそろ長い休みも終わりだな」と意識の区切りを付ける間もなく、

「合図が鳴ったように」仕事の問い合わせと依頼が続き始めました。(‘◇’)ゞ

これも皆様に本当に感謝!感謝!しなくてはなりません。

 

ココで夏休みの話題をチョットばかり・・・

昨年から「ナンチャッテリフォーム」を始めまして、今年も天候不順な中少々「衣替え」に挑戦しました。

 

カーポートの下はすでにペンキを塗ってみたのですが、

「重ね塗り」をする間もなく「雨天」になってしまい、この通りタイヤで一部剥げてしまいました。( ノД`)・・

この仇?は「秋晴れ」の続く時期にでもリベンジです。

後は昨年に続き敷地内の砂利部に「固まる砂」を敷いてみました。

 

上はまだ砂利の上に「砂」やら「レンガ」、「タイル」やらを設置してならした直後。

この上に散水するだけですから誰でも簡単という訳です。

散水すると色も馴染んでこんな☝感じとなりました。

収納庫の色ととコンクリートに塗ったペンキの色と、今回の「固まる砂」の色が同一系なので調和されています。

他にもやりたいことは散々あったのですが「天候不順」の8月のおかげでこれしか出来なかったのが残念!

 

また今夏は初めての体験がありました。

この歳になり(おそらく)初めて「マスクメロン」という高級果物を口に機会に恵まれたのです。

高級メロンは毎年数回は口にしてきましたが、

ハッキリ「マスクメロン」と表示されたモノは今まで記憶ありませんでした・・・トホホですね(^^ゞ

今回は四国の先輩が「四万十温室栽培」のマスクメロンを送ってくれました。

「手が震える~~」という感じが分かるでしょうか?・・・(庶民はこれが普通ですね)

ふくちゃんの頭と同じくらいの大きさですよ!

この後ふくちゃんにも皮に近い一部分だけを「おすそ分け」してあげました。

この上ない喜びは家中で分かち合わないとですね。

先輩、本当に有難うございました。「旨かった~」(もうこの後数年ないだろうなあ)

 

 

2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930