害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

ハクビシン・小動物

青梅市・Y様邸・害獣調査

正式にご依頼を頂きましたY様邸での「害獣駆除」の調査からです。

こちらは周囲も比較的自然が多く日常的に獣類は多く見かける環境のようです。

ところが最近天井裏にて徘徊音が酷く悩まされているとのこと・・・

複雑な鉄骨造の為に天井裏が拝見出来るのはごくわずかでした。

このように鉄骨と木造とが微妙にからんで構成されているお住まいです。

構造上のスキマ空間は多くできてしまいがちなのが正直なところです(-_-;)

壁と鉄骨の梁のスキマはやはり大きく空いておりました↓

この配線が天井裏の挿入されている範囲は直接にリビング天井です。

お客様ご自身もこの辺が・・・とおっしゃっておりました。

この延長線上を手繰ってゆきます。

この奥当たりは頻繁に物音がする範囲に近いです。

こうした隙間がしばらく建物回りに続きます。

グルリと見回りながら行き止まり付近がこの箇所☝

口を開けたような鉄骨の大きな開口です・・・

この回りには獣の足跡も残っています。

そして中を覗いてみますと・・・

やはり天井裏の一部へとつながっているではありませんか・・・

このまっすぐ先は先ほど私が天井点検口から覗いて足跡を確認した場所付近です。

他にも数えられないくらいの怪しい箇所はあるのですが、☝

今回は一度対処療法的ですが「捕獲」とこうした「主要な」箇所のみ封鎖してみましょう・・

ということになりました。

封鎖箇所やお住まいの劣化状況、それにコスト対価などを総合的に検討されて判断されるのはもっとも・・・

難易度が高い案件ほどそうしたご検討やご判断が必要となってきますね😊

 

それともう一件、国立の調査案件Y様をチョットご報告です。

こちらは先にレポートでの床下関係の侵入経路に関係するので・・・

早速潜ってみると・・・・↓

配管回りの怪しい範囲とはこういう場所ですね・・・

周りにネズミの足跡もたくさん付着していますし・・・

ですからこうした箇所を抑えないといくら外周の目視出来る部分を封鎖しても、

なかなか被害が減らないとなるのです。(;^_^A

こうした箇所もそうかもしれません。

「疑わしきは・・」何とか・・・なんですよね、我々のお仕事は。

 

 

最近のネズミ駆除工事・M様邸・K様邸

今日は最近の施工案件のご紹介です。

まずは川崎市のM様邸のご相談への工事です。

やはりきっかけは「天井裏への徘徊音」と「天井裏のシミ」などでした。

建築業者様が天井裏の排泄汚物や屋根周りの「侵入口」も既に確認済みでいて頂きました。

殆ど調査は無用な為に早速作業に取りかかれます。

この屋根の段差空間の真下がちょうど天袋にあたり、糞尿などの汚物が堆積しています。

いつものように金属板で囲み封鎖をしてゆきます。

塗装用に足場がかかっている為に余計な時間も気苦労も、もちろん費用もいりません。

こうしたタイミングでの駆除作業は本当に有難いものです。

これで完了です☝

次は天井裏での作業の準備です。

糞尿の散乱堆積もほぼ点検口の周囲なのでこれも幸運の一つでした。

先に殺菌・殺虫・消臭・忌避剤などを混入させて天井裏へ噴霧させてから汚物撤去をします。

今回は上記☝のように断熱材にビッシリとこびりついている為、

きれいに撤去するのは困難です。

丸めて断熱材ごと撤去処分する判断を実施しました。

 

万が一新規で「断熱材」を敷きなおすにしても簡単で安価な為、

その方がスッキリすると思います。

他にも「寝床化」による傷みなどがある断熱材の幾枚かは最小限で、

一緒に撤去処分をさせて頂きました。

「現在は出入りが無い」のと「建築業者による段取り」のおかげで、

比較的スムーズに運べた「害獣駆除対策」でした。!(^^)!

 

次は現在訪問中の八王子のK様宅です。

こちらは多摩地域でも規模や築年数など平均的な家屋でしょうか?

しかしそろそろ小動物の目に触れやすくなる頃合いかなのかもしれません。

前回はトラップの設置や天井裏へ忌避剤散布などを一度実施しましたので。

今回はザックリと目に触れた箇所は封鎖をしてしまいます。

調査時には分からなかった屋根段差がありました。

面倒臭い場所は最初にさっさと済ませましょう!(^_^;)

どうも以前に小鳥が出入りしていた痕跡も確認出来ました。

戸袋や床下に続いて厄介なのが屋根周りです。

そしていつものように外周をぐるりとある「基礎通気口」に金網を装着しましょう。

外回りに家財道具や植栽があるとこんな簡単な作業もスムーズにはいかないんですよね。

スッキリしている御宅は助かります。

チョット変わったスキマ空間がコレ☝

戸袋の底から覗くと一段上がって土台のスキマがこのように空いており、

直接床下へ出入りが可能となっていました。

金属板で簡単に封鎖しておきます。

これで十分大丈夫です。

最後にまた面倒なのが戸袋一か所でした。

ココは少々説明とイメージをお伝えするのががだいぶ困難かもしれませんが・・・

余計な理屈の説明は避けましょう(^_^;)

☝戸袋内部壁側にあるベニヤの下地材のスキマを金属板で強引に閉じ、

ペラペラガタガタと振動で空いてしまうのを防いだということです。

ココだけは直接「目視」した人間しか理解できないと思いますのでお許し下さいませ<(_ _)>

これだザックリとは封鎖しましたが、これで済むかどうか?・・・

経過間隔を置いて伺いますが、

まだまだ異変が変わらなければ?それからの探索と封鎖がやや面倒になってくるのです。

逆にそれからが本当の我々の仕事なのでしょうね、きっと(;・∀・)

 

次回は害虫駆除調査とご相談についての基本事項について再確認させて頂こうかな?と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のネズミ・害獣調査(G様・M様宅他)

我々の仕事はご想像通りいちばん神経質になるのは「気候」「天候」です。

生物が相手である以上、仕事の「ご依頼やご相談」の増減変動を左右するのが気候だからです。

だいぶ薄れてきてしまっているとはいえ「四季」というものが無かったら、

我々のお仕事内容はだいぶ偏ったモノになっていることと思います。

寒くなったから「獣の類」、暖かくなったから「ムシ」や「雑菌・消毒」など、

確実に四季の移り変わりによりだいたい一年の予想が出来るのです。

また「天候」というのはとても大事で、

コロナ渦のリモートワークで出来る仕事でない以上、毎日「気温・天候」とにらめっこです。

一年中「防具」や「つなぎ」や「防毒マスク」を装着していることが多いので、

それなりに身体への負担はあるわけです。

前置きはさておき、比較的温暖な10月の今日この頃でも確実に「害獣」のご依頼が増えてきました。

(そうなってくれないと困るんですけどね・・・(;´Д`))

というわけで最近のネズミや害獣調査のご依頼をお伝えしようと思います。

 

まずは小金井市のM様は数年前にもネズミのご縁がありましたが、

どうやら今回は別の獣?のようです。

築年数が経過するとどうしても家屋は劣化するので、再発は止む負えないと言えばそうなのです。

例によって雨といにはハクビシンと思われる足跡が無数に付着。

「2階の軒天井がバリバリと音を立てて壊された」と報告をされ、

見ると確かに雨といの「行き止まり」付近の「軒天井」に穴が開けられていました。

もともと経年劣化していたとは言え、

こんな場所だけが何もなく穴が開くことも考えずらいですよね。

実例としても「軒天」からの侵入は幾つも経験しているので「侵入口」には違いないでしょう。

早速一部(穴の半分程度)を金属板で仮封鎖をしました。

また屋根の死角にはもっと封鎖が面倒なスキマが存在していました。

2階の屋根死角なので外からはなかなか見えません。

この写真も必死に苦労して撮影しているのは分からないだろうと思います。

段差の根本は破れており、度重なる出入りで「真っ黒」に汚れているのは分かります。

正面の角度から撮影しました。

屋根瓦の上も無数の足跡が付着しています。

この付近にはご覧の通りに糞がコロコロと散乱していました。

前回と言っても4~5年前のことだったと思いますが、

その頃は破損部も無かったのにここ数年で劣化破損に拍車がかかったのかもしれませんね。

何度もお伝えしていますが、近年は少子恒例化により家屋の修繕に投資するかしないかは微妙なところ・・・

しかしこまめに修繕やリフォームなどお手入れをすることは、

住まいと環境に良いことは言うまでもありません。

でもわたしも含めて「わかってはいるのだけれど・・・」という方々が大半なのが現実ですね。

こちらは現在駆除期間中でしてそろそろ無事完結で~す。

もう一件の小金井市・G様邸はホントに数日前のホヤホヤな調査案件です。

今年の秋のご相談案件のちょっとした傾向ですが、

今のところあまり大きな重症案件は殆どありません。

通年「屋内への徘徊被害」や「長年に渡る被害放置」など重症案件が一定数あります。

しかしこのところ毎日相談が何件も寄せられますが、

皆さん「数日前に音が始まった」とか「数十年住んでいて初めて」だとか、

わりと初期症状でのご相談を伺います。

これは我々にとりましても相談者様にとりましても非常に好ましいことです。

こちらのG様もまだ最近の軽度被害なので駆除はスムーズだと勝手に予想します(^_^;)

「押入れの天袋のフタが落ちていた」とのご報告があり拝見してみると・・・

当然のごとく天袋内にネズミの糞が落ちていました。

この天袋フタの落下や破れなどからネズミが降りてくるのはよくある現象です。

天袋内に糞を見かけるくらいですから当然☝のように天井裏にもネズミ糞は存在するわけです。

お住まいはこじんまりして整頓されているのでそれほど「侵入口」は存在しないと思われます。

こうした浴室配管回りのスキマや基礎通気口などが主だったところと思われました。

決して破損はしていませんが☝上部のスキマも広く小型の個体でしたら十分侵入可能なはずです。

床下点検口より覗いてみると予想通りに足跡はビッシリです。

数日中に書式にてご提案いたしますが、すでに調査時にても「いつから作業出来ますか?」と

お声かけ頂きました。

本当に有難いのですがしばらくお待ちくださいと苦笑です(^_^;)

 

 

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31