害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

仕事と人生を楽しむブログ

1 12 13 14

今年もとりあえずエントリーのワンダーフェスティバルは?

ブログ更新さえままならない昨今、「造形」とはメッキリ遠ざかっていたところ、

高知の先輩から「今年の夏のワンフェスどうする・締め切りだぞ~」と催促が・・・

分かってはいました。

今年の冬はパスしましたし、夏は参加したいが・・・

「どうする!どうする!」と自分を追い込み追い込み、

結局毎度の「造り貯め」の在庫からチョイスして仕上げる選択しかありません。

 

今回はとりあえずまたまた「東映ヒーロー・怪人」シリーズとして、

「超人バロム1」より、「アリゲルゲ」。👇

DSCF8106

ラフに造ってあるだけですが、「抜き」も「分割」もこれなら楽そう・・・という選択です。

(安易な選択にやや後ろめたさあり、ですが・・・)

DSCF8111

 

戦闘員のアントマンと並べるとチョットは格好がつくカンジですね。

全く造型ボルテージの上がっていない現在では、

(本当にこれで良いのだろうか?・・・とスッキリしない部分も残っていたりして)

そして2体目はコレ👇

DSCF8110

 

「イナズマンF]から「ハンマーデスパー」です。

DSCF8109

 

これもチョイス理由は「アリゲルゲ」と同じです。

まだこちらの方がキャラ的には好きでしょうか?

 

三体目は「人造人間キカイダー」から「カイメングリーン」です。👇

DSCF8113

 

これはなかなかユニークで「キカイダー」の中でも好きなキャラです。

ただしボリュームがあってキャストがかかりそう・・・(´;ω;`)ウゥゥ

DSCF8115

 

「いくぞ!カイメングリーン!」

「来い!キカイダーめ」

こういったシーンは様になりますねえ。

後方に「イエロージャガー」が控えているのがご愛嬌。

昨年「苦労」した「クチビルゲ」と「アカジライガマ」は今回は、

塗装して飾りたいですな。

しかし早く「造形」出来る環境を整えていかないと・・・・(^^ゞ

「人生」好きな事は「仕事」と同じくらい、「一生懸命楽しむ」のが信条の私ですから。

我が心の怪獣ガレージキットと「イノウエアーツ・探訪」①

どうにかこうにかこのブログも100件目の記事に突入することが出来ました。

年明けから半年間は赤字経営でも、「気長」に自分を信じてコツコツやって参りました。

それが夏を過ぎた頃から「あれよあれよ」と忙しくなり、

気が付けば「出来すぎ」の初年度を締めくくることが出来そうな年末を慌ただしく過ごさせて頂いています。

これもひとえに「協力関係業者」の方々や、昔の同僚、それに家族一同の支えがあってこその賜物です。

別の機会に触れたいと思いますが、来年は「やりたいこと」や「やらねばならぬこと」が山積。

来年こそ本当の正念場だと思っています。

思えばこれまで「寝食を忘れる」ほど仕事に打ち込み、

この世に生を受け「職業人」としての充実感を味わうことがあっただろうか?・・・・と振り返ります。

今現在は、この歳になりやっとその「時」に巡り合えた気持ちですね。

 

せっかく100回記念アニバーサリーです。

原点に返って「仕事と人生を楽しむ」ような記事・・・という訳で、

30年位前に「造形」へと誘われた「怪獣ガレージキット」について少しづつ紹介します。

DSCF5287

 

思えば「ガレージキット」の発祥はオタクどもの集まり「模型や」で、

SFキャラクターや怪獣を器用なマニアが造り、趣味で少数販売したものだと言われます。

なにせ私自身が高校の通学途中で寄り道していた立川の「コトブキヤ」には、

あの「海洋堂」の最初期の「ガレージキット」がショーケースに並べられていたものです。

それら「怪獣ガレージキット」の中でも群を抜いて「羨望の的」だったのが、

かの「イノウエアーツ」のキットでしたね。

思い出しますねえ・・・

先輩と「ドキドキ」しながら初めて大枚はたいて購入した初めての「イノウエアーツ」・・・

「キンゴジ・富士山麓の決戦」!作品タイトルがまるで「大作映画」の「タイトル」みたいでしょう?

キットもまさに「大作」なのですが、中身は次に機会に・・・

今回はコレ☟を紹介します。

 

DSCF5288

 

「モスラ対ゴジラ」の絵箱です。

中身のキットもまして「魅力的」なのがこのフルカラーで描かれた大型パッケージ。

DSCF5289

 

そしてこの「イノウエアーツ」のロゴ!

DSCF5290

 

またこの☝「ふざけているのか」?「真面目なのか」?不可思議なインストまでも全てが、

イノウエキットの魅力でした。

「他を圧倒する作品そのもの」だけでなく、梱包や説明書までもが一つの作品として結実していたのが、

この時代のイノウエアーツではなかったでしょうか・・・凄すぎる・・・

そして値段も当時としては「凄かった」・・・

では中身を開けてみましょうか・・・

DSCF5293

 

コレですよ・・・・両翼広げれば1m近くありますよ!

造る人、購買者のことを考えもしないような大きさ!

「あんたに作れまっか?やれるもんなら造ってみなはれ!」なんて言われているみたいですよね。

DSCF5294

 

「げんこつ」ほどの大きさのこの頭部も「素晴らしい出来」ですよね。

DSCF5295

 

パーケージと並べてみました。

というより「自分もいつになったら組み立てるつもりなのか?」分かりません・・・

忙しい今はこうして掌の中で転がっていてくれるだけでも癒されます。

次回の「イノウエアーツ・探訪」をお楽しみに・・・

始めまして!

このたび「あきる野市」にて「害虫駆除」ならびに「環境衛生」関係の仕事を始めました創衛社の篠と申します。

私たちの仕事は、「一般の方々」には案外分かりにくく、少々疑問多き点もあるかと思います。

ブログを読まれた方々には、そうした「疑問」や「不安」を少しでも解消して、一歩踏み出して頂けるよう「日々の仕事」を紹介していきたいと思います。

またもう一方で、「わたし」という人間をチョッピリ興味深く知って頂く為に、仕事以外の生活側面も少しでも面白可笑しく紹介してゆくつもりです。

「建築」という範疇の仕事はやはり、いつまでも「人の手」が欠かせないものである以上、仕事の出来、不出来もその「人」によって大きく左右されると思うからです。

実際にわたくし自身もこの秋、自宅の大きなリフォームに携わりましたが、幸いに関係する「職人の方々」すべてに恵まれ、その仕事の殆どが期待以上に納得するものでした。

そんなことを思うわたくしですが、今後少しでも「関心」~「納得」~「期待」などしていただけるよう「仕事」にも「遊び」も「人生すべて」を楽しむつもりで書き綴っていきたいと思います。

 

1 12 13 14
2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930