害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

しろあり

1 2 3 13

日の出町・S様邸・白蟻・キクイムシ防除

久しぶりに地元の工務店様のお仕事です。

しかもたまには白蟻防除工事のレポートもしたいと思います。

床下の低さも久しぶりで参りました・・・(;’∀’)あと2㎝、いや1㎝低ければどうしていたことか・・・

こちらは床下「根太」材の一部がキクイムシに食害されている為、

木部用には「キシラモン3W」を使用します。

床下ではキクイムシ食害部に燻蒸効果を施す為、幾つか道具を持ち込まなくてはなりません。

養生したはいいですが(これが本当に低い床下なんですよねえ・・・( ノД`)シクシク…)

一年前(怪我の治療期間)では考えられなかった仕事です。

くれぐれも自分の身体に問いかけながらの作業です。

キクイムシの加害は白蟻ほど重症にはならないようですが、☝のように木材の表面を剥がすように移動したり、

幾つもの小さな穴から侵入し粉末状の糞を外部に落とすので、

特にフローリングや家具類など室内側で加害されると見栄えなどの財産価値に影響を及ぼします。

構造上の強度に多大な影響を与えるようなキクイムシの加害現場に遭遇したことはないですがね。

こうして表面にシロアリの木部処理を兼ねて十分散布した後、

穴の一つ一つにノズルで薬剤を注入してゆきます。

薬剤を散布・注入した後に「燻蒸効果」を兼ねてビニールをタッカーで止めてラッピングをします。

↓も同様の作業箇所です。

長時間に及ぶこうした作業の連続はかなり身体に堪えました。

余談ですが本当にここまで回復するとは思いませんでしたからね。

ゆっくりでも以前と同じ仕事が出来ることへの感謝の念は、

作業中でもこみ上げるものがありました。

ただ筋肉通などの疲労回復は2年前とは全く違ってしまいましたが・・😢

このラッピングも数か月後にいったん剥がして確認に来る必要があります。

そしてその時点での効果確認と再処置を繰り返さねばなりません。

こちらの御宅は床下に調湿マットが敷き詰めてあるため、

直接の土壌散布は避けることにします。

したがって☝のようにマットをめくり、また少々移動しながら、

「基礎沿い」(特に白蟻が昇って来易い場所)へ直接散布することにします。

 

それにしてもこうしたお仕事がいつまで出来ますことやら・・・

身体が何とか復旧すると思ったら、今度は「コロナウイルス猛威」で外出規制ですからね。

「普通」が崩壊するのはとても容易いこと・・・

そしてその「普通」が一日でも続くことは当たり前ではなくとても「幸運」で、

いちばん有難いことだと痛感せずにはいられません。

 

 

 

 

最近の害虫駆除のあれこれ

やはり長雨は嫌ですねえ・・・(-_-;)

作業は中途半端でコマ切れのままだし気分はスッキリしませんしね。

冬の寒々しい独特の曇り空もどうかと思いますが、

それでも疲労感が少ないので作業も進むんです。

やはり年々実感が深まることなんですが,

5月~7月頃が最も疲労が溜まるだけでなく、また抜けにくく体調がすぐれない時期だなあ・・・と。(~_~;)

特に今年はいつになく依頼件数が多くて有難い反面、疲労回復には通年異常に真剣を使っています。

一度崩れた体調はなかなか元通りになりにくいもの・・・皆様も心身ともにご自愛頂きたいものです。

 

絶え間なく続いた「白蟻」や「ネズミ・ハクビシン」などの害虫や獣類がやっと一息つき始め、

最近は「蜂駆除が毎日のように依頼が舞い込んでくるようになりました。

たぶん蜂の依頼も既に通年を上回るペースだと予想されます。

今回は一息つき始めた害虫・害獣駆除のレポートでも致しましょう・・

 

まずは立川市の賃貸T様邸の白蟻駆除工事です。

コチラは私ではなく従業員の相棒に調査に来てもらったので私は初訪なのですが、

建物を一周しているうちに心の空模様がドンよりしてきました・・・

外壁のアチコチがこのようにだいぶ傷んでいます・・・

コレ☝など2Fから稲妻のように長い割れが生じています・・・

これは確実に壁内部へ雨水が侵入の上、白蟻が発生したに違いありません。(;´∀`)

シロアリだけならまだしも耐久性を脅かす傷み方が危惧される外観です。

シロアリの被害もそれなりにあるようなので今回は念の為、玄関土間へも薬剤の注入をします。

薬剤はいつも想定以上にドクドクと多めに注入しておきます。

これも過去の手痛い経験によるものですが・・・(~_~;)

何時ものように養生をした点検口から準備をして入ります。

今回はやはり被害のことを鑑み土台や大引などの「床組み」へ多くの穿孔作業も伴います。

床組みを穿孔しながらも各部を細かく触感による「被害確認」をします。

表面上は綺麗に見えた分部も指で押したりするとこの通り・・・☝

ある分部の土台は穿孔ドリルが外部に貫通してしまいそうになるほどスカスカ状態・・・(◎_◎;)

事実は事実でもその報告の仕方にやや困惑してしまう一例です。

この周辺は殆どが白蟻の侵入を許してしまっている様子。

👇の太い「蟻道」にはいまだ「シロアリ」の生息がタップリと確認出来たほどです。

駆除作業ににも一層「緊張感」が増すのは言うまでもありません。

穿孔部への薬剤注入はもちろんのこと、薬剤の散布量も普段より多めに使用。

しかしどんなに薬剤使用料が多くても重度の外壁クラックが気がかり・・・

雨季による豪雨や長雨が続けばみるみるうちに薬剤効果は半減してしまうことを、

作業終了時に口が酸っぱくなるほど念を押したのは言うまでもありません。

 

次はあきる野市・N様邸です。

変わってこちら様の床下は最近のコンクリートの為にシロアリは危険度は薄く、

今回の重点はむしろ同時施工のムカデやクロアリなど小さなムシたちへの対策でした。

潜ってビックリ!

奥様が言うように驚くほどのダンゴムシやヤスデ、ムカデなどがゴマンと死んでいるのでした・・・(^^ゞ

今回は☝の各種薬剤の他に撮影を忘れた薬剤の計4種類の薬剤で対応しました。

シロアリ予防としては床下がコンクリートの為「散布量」は幾分少な目で済みます。

最初にシロアリ薬剤を木部用、土間用と散布した後、

内基沿いに小さなムシ各種への対策としての薬剤を散布します。

ある程度薬剤が渇いた後に今度は粉末の薬剤をやはり基礎沿いに撒きます。

こうした作業は一旦今日で終わり次回は晴天の続きそうな日に伺い、

外周回りの基礎沿いにも薬液と粉剤を撒く作業が残されています。

ですから週間天気予報がずっと先までパッとしないと「中途半端」が溜まってしまい、

おまけにストレスも溜まりますね・・・

瑞穂町・K様宅・白蟻調査

前回に引き続き今春の白蟻調査のレポートです。

今回は当方のホームページをご覧になりご依頼を頂いた方の白蟻調査です。

お電話の時点でどうも解せないのは、「約1年前にそれなりの予算で業者に白蟻消毒」をしてもらった」とのこと・・・

それで羽蟻が発生するのは何故か?

お話だけでは疑問は深まるばかりです・・・(^^;)

早速伺ってみました。

まずは羽蟻発生の現場確認です☟

階段の柱の「突き付け」に「蟻土」らしき物質が見え隠れしています。

やや恐る恐る指で加圧してみると・・・

なんのことはありません。

この通り見かけと違い内部はこの通りサクサクと空洞になり果てていました・・・(-_-;)

床下も拝見してビックリすることになるのですが・・・

点検口から侵入してすぐの浴室土台はこの通り☝

経年の漏水から水染みで腐朽が進行していますね。

もしかしたらこの蟻害による残骸は前年の防蟻処理によるものかもしれません。

しかしこうした残材や不要材、目立つゴミなどは指摘、撤去するのが優良な業者ではないかと思います。

他にも残材がアチコチに放置されていました。👇

 

奥のリビングにもこの通り☝

腐朽・蟻道・残材の3点セット?(;´∀`)が目立ちます。

う~ん・・・1年も経過していないにも関わらず羽蟻が発生・・・・

その原因が分かるような気もしてくる光景です。

(しかし本来その事実すら何かの間違いでは?・・・との思いも半ば消えません・・・)

さて羽蟻発生近くの玄関ホール下へ侵入してみると・・・

カビで真っ白な土分部と湿気で真っ黒なこの土壌・・・

右奥の土留め板下はネズミの「栄巣」らしき痕跡もありました。

あとで奥様に尋ねるとやはりネズミの侵入・徘徊もたまに感じるとのこと・・・

しかしこの土留め板がシロアリにより酷いことになっているのを目の当たりにします・・・👇

土留め板を軽く触ってこの通り!ぼろりと破損・・・

玄関土間にある靴が床下から丸見えではありませんか!?

1年前にこれに気付かないはずはないと思うのですが・・・(-_-;)

結局この部分は全面的に食害で崩壊しているようでした。

ネズミが万が一屋内に出入りしても困るので一旦仮封鎖をしておきます。

他にもよく見てみると・・・

束柱にも蟻道の跡・・・その先の基礎面にも蟻道がハッキリ見てとれますね。

その後改めて普段お世話になっているO工務店様に、

改修工事の為のお見積りを依頼し見て頂きました。

予防、駆除等の結果は最低限のご要望であり、

それを踏まえても誰に見られても恥ずかしくない堂々としたお仕事を私もしたいものです。

 

 

1 2 3 13