害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

しろあり

1 2 3 15

ホントにありがとうございます!投稿コツコツ400回(^_^;)

「最近ブログあまり書いていないようなので忙しいんだろうな・・・と思っていました」

たまたまネズミ駆除でお伺いして本日最終施工だったI様と交わした会話です。

そうなんですよね・・・

現場で忙しいとなかなか落ち着いて記録を振り返る暇も無くて・・・(-_-;)

最低週/1回のブログ投稿暗いは出来そうなものでこれがなかなか・・・

最初の3~4年間はガンバッテペース維持が出来ていたのですが、

こうして今はペースダウンしてしまい、書けなくなってきたのも何はともあれ、

忙しくさせて頂いている皆さんのおかげというより他にありません。

気が付いたら今回の投稿で400回目なんですね( ゚Д゚)・・・

「継続はなんとやら・・・」ではあります。

まだまだ5年、10年と為になる記事をダラダラと書いてゆけるよう、

「仕事と人生を楽しんで!」ゆけたら私は幸福感がいっぱいです。

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

さて「言い訳」と「前置き」が長くなりましたが、

今回はまずこの時期特有のシロアリ駆除施工を二件です。

二件とも4月末~5月初旬に「羽アリ」の大量発にて白蟻の存在を危惧してのご依頼でした。

まずは福生市のI様宅です。

早速目立った加害状況を拝見すると・・・

これは驚き( ゚Д゚)・・・!

和室の床柱にボールペンが貫通するではありませんか・・・(;´Д`)

床下が一層心配になります・・・

 

せっかく床下点検口より潜ってみても、

この通り☝「人通口」が狭くてとても私の身体が先に進めずに後日「再調査」することに・・・

新たに「和室」を開口し「点検口」を増設し潜ってみました。

すると・・・

当然と言いますか、「蟻道」があるはあるは!・・・

屋内側の「床柱」の加害程度は正直「重度」なのですが、

床下の床組みの被害程度は予想したよりは軽いようでした。

中にはこのように「束柱」が半分近く加害され破損している箇所もありましたし、

今は「時効」ですがこんな施工場所もチラホラと・・・👇

知らなきゃ知らないで済んでしまいますが・・・

この後の駆除施工は又の機会にして、

次は瑞穂町のY様邸のシロアリ調査に移ります。

こちらは玄関回りより大量の「羽アリ」が飛翔とのことで伺ってみると・・・・

ドア枠に触れると結構酷いのですが、表面的には気が付きにくいのが白蟻被害の特徴。

光彩や乾燥が苦手なので加害を進めながらも人間の目には極力触れないので発見が遅れますね・・・

羽アリの死骸や脱落した羽も無数に落ちておりました。

さて床下に潜ってることにします。

丁度玄関の裏側あたりにこの通り☝

立派な「蟻道」が構築されています~(;^_^A

遠くから見てもこの通りハッキリです。

おそらくこの付近から玄関回りへ侵入~加害に進んだと思われますね。

こちらは施工の際は玄関回りへの「土間貫通注入」が絶対的に必要となるでしょう・・・

実はもう一件「羽アリ」発生~被害の調査が重なりましたが、

そちらの報告は次に機会に・・・こちらも驚きです・・・

 

 

 

 

 

 

 

東村山市・白蟻予防と湿気対策工事

やはり連泊旅行の後は休みなしのハードな仕事続きで、全く工事レポートも手につかず・・(-_-;)

暇なときはヒマなのに・・・これが自営業ってもんです・・・(-_-;)

さて時期はシロアリ駆除の季節にソロソロってとこですが、

一足早く久しぶりの「防湿シート」+「調湿材」工事も重なったのでたまには触れましょう。

しかしいつも通り、いやいつも以上にキツかった~( ノД`)

 

いつも通り「調湿材」などの搬入は前日までには済ませておかないとダメです。👇
大がかりなリフォーム中なので遠慮なく玄関の中へ配置させて頂きます。

この日の前後は丁度「天候」が怪しくもありましたので助かります。

当日使用する薬剤二種類も準備完了。

まずは床下の残材・ゴミなどの回収をしてから「木部薬剤処理」と「土壌薬剤処理」にかかります。

シートの敷き込みには床下清掃や最低限の整地が絶対に欠かせません。

単純に破れてしまいますからね。

ガラ袋に1杯程度なのでまだ少ない方だと言えますね。

これが酷い床下だとガラ袋に3~5袋も回収することもまれにありえます。

そして木部薬剤処理を先に済ませます。

理屈から言って床板の裏や土台回りなど木材使用の床組み回りを先に散布しないと、

土壌に薬剤処理してビショビショになった上を後から移動して散布はとても出来ませんよ(^_^;)ね

木部処理の後でさえポタポタと薬剤の水滴が落ちてくるのはやむを得ないですけれど。

そして「土壌薬剤処理」へと移ります。

多く散布すれば良いというわけではありませんが、やはり散布量が少ないと「再発」に直結。

坪/3㍑(土壌の場合)程度は散布するようにしているつもりです。

最近の築浅の戸建てではこれほどまでには必要ありません。

いよいよ二日目は防湿~調湿材の敷き込みです。

今回はお施主様が事前にお調べされたか?で先に要望あっての湿気対策です。

まだ床下の高さがある御宅なので助かります。

きつい仕事でもやはり床下が清潔になってゆくのはとても気持ちが良いものです。(^_^;)

続いてその上に最後の調湿材の敷き込みです。

ダメ押しのキツさをもうチョットの辛抱~

この👇の写真で大変さがチョットは分かって頂けるでしょうかねえ(^_^;)

ちなみに一袋は10㎏です。

これを開封して均等に敷設してゆきます。

こんなカンジでさらに清潔で安心な床下環境に変わりました。

今年のシロアリシーズンはこれからとは言えどれくらいの相談になるのでしょうかねえ・・

我々のお仕事はいまだに「人の手頼み」なのでとても機械化することもままなりません。

相談依頼は乏しくても困りますが、集中してしまうとすぐにお尻がつかえてしまうのも事実・・・

だから常に2か月程度先しかおおざっぱな予定が立てられないまま走っているカンジでしょうか?

それでも何とか皆さんのおかげでこうして事業を成立させることが出来て感謝の念に堪えません。

イヤホントです。

 

 

 

 

 

昭島市・Lハイツネズミ駆除:東村山市・白蟻調査

今回は近場でご依頼を頂いている集合住宅でのネズミ駆除の進捗からレポートです。

たまたま偶然ですがこちらは数年前にハチ駆除でもご依頼を頂いておりました。懐かしい・・・

4世帯のアパートですがネズミの徘徊で申告があるのは2世帯のようです。

今日は主に封鎖関係をご紹介します。

まずは室内から戸袋内部を封鎖します。↓

真ん中右寄りの黒い空間がスキマです。

即「天井裏~壁内」へ出入りが可能ですね。

高さは3~4センチくらいはあるようです。

大型のネズミも出入り自由です。

少々ぼけ気味ですがパンチング板にて無事に封鎖出来ました。(;^_^A

消毒は前回実施しましたので外部の封鎖に移行します。

実際は通気口以外はあまりなさそうな雰囲気です・・・

数か所は地面よりも下に「通気口」が位置している為、

金網よりパンチング板の方が最適とみなし施工しました。

こちら↓なども最初は石や雑草に隠れて見つからなかった「通気口」です。

殆ど地面と水切りが水平に近く、基礎ごと埋まってしまっているカンジでした。

実際の侵入口は上部スキマの広いこうした通気口ではないかと思われました。

 

次は珍しく東村山市・K様シロアリの調査レポートです。

ちなみにこちらは今月下旬に防除工事のご依頼を頂いております。

ありがとうございます!

けっこうな湿気で土壌は濡れております。

これを既に知ってか知らずか床下の「湿気対策工事」も同時にご相談の上、ご依頼頂きました。

防湿シートなどを敷きこむ時は木っ端くずや残材ゴミなども頑張って清掃・・整地まで施します。

あまりに外から眩しい光が差し込むので思わずビックリ( ゚Д゚)がこちら👇

当時はこの程度の施工程度なのだろうと理解しつつも、

チョット酷いこの通気口の格子・・・・

まるで意味がないのでは・・・と思わずにはいられませんよねえ・・・

しかもどこを見ても全てこの調子でした・・・(-_-;)

当然「金網」の装着をお勧めし了承いただきました。

床板の裏側もこのように湿気やカビで覆われやや傷んでおりました・・・☝

残材やゴミもコロコロ・・・

あの格子じゃこのくらい当たりまえでしょうか?・・・(^_^;)

こうした木っ端くずも当然チョロチョロと白蟻が食害もしておりました。

幸い躯体そのものには白蟻の侵入や食害はありませんでした。

酷い湿気や数十年間も防蟻工事を未実施の御宅でも、

不思議と白蟻の侵入が見られない建物もたまに散見するのも事実なら、

まだ真新しくとも「あれっ?」と思うような築年数の浅い建物でも食害にあってしまう例も・・・

このハッキリした境界はわたしどもでも自信もって断言することは出来ません。

結果から状況判断を重ね複合的要因を導き出しているのが現実ではあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 15
2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930