害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

しろあり

日の出町・空き家リフォーム・白蟻防除

このところずっと害獣、特にハクビシンのレポートばかりでしたが、

久しぶりに床下の白蟻防除のレポートです。

おかげさまでアチコチからお声を掛けて頂き、大変忙しくなってきました。

本当は趣味の記事もたくさん書きたいのですけれど、関係写真の撮り貯めが出来ずチョットお休みです。

夏の「造形イベント」に参加エントリーはしているものの、作品の仕上げまであとひと月!

「まずいなあ・・」とプレッシャーはヒタヒタと・・・

 

最近は世の中の流れか?新築よりもリフォームが世の潮流なのは、この先もますます変わらないでしょう。

DSCF1684

 

今回のご依頼は昭島のSホームズ様から空き家のリフォームの消毒でした。

DSCF1686

何時ものように侵入口付近を丁寧に養生いたします。

時間はかかりますが、これをしっかりしておくことで作業最中も、片づけも楽なのです。

DSCF1687

 

浴室に壁面処理を施して、

DSCF1691

玄関周囲も穿孔(木部に穴を開けて内部へ薬剤を注入)して、

DSCF1697

床下全体の「床組み」(土台や大引き、根太材など)に木部用薬剤を噴霧。

DSCF1693

 

最後にしっかりと床下全体の「土壌」へ土壌用の薬剤を散布。

DSCF1700

 

そうして全体の消毒をして完了!・・・・と言いたいところですが・・

後片づけがこれまた結構時間がかかるんです。

お客様の庭先から点検口の導線をしっかり「清掃」してホンとの完了ですよ。

今回は「白蟻予防」ですが、この春はまだ白蟻の生息にはお目にかかっていませんね。

来月は「生息」するお宅の「白蟻駆除」の予定がありますので、

そちらのレポートもお楽しみ?に

杉並・施設ビル・白蟻駆除

さて今日の白蟻駆除は「高齢者施設」を1階に有するビルでした。

床下が殆どない為に、内壁と外壁の空間に「壁面処理」を施すのがメインになります。

また利用者が落ち着く「夕方~夜」の作業です。

発見のきっかけはここでした。

DSCF1620

もの凄い被害に我々もビックリ・・・

いきなりここまで目立つ食害が進行するわけではないので、職員もなかなか気が付かなかったのでしょう。

ちょうど4~5月は、白蟻が「巣別れ」の為に「羽蟻」となって群飛する時期です。

このドア脇のスキマから、このように飛び立った為に気付いたと思います。

DSCF1625

このテープに大量に付着しているのが「白蟻」の「羽あり」です。

この一番の発生被害箇所は材料交換されるとのことにて、遠慮なく薬剤を注入散布します。

あとはこのように「建物」の壁の殆どに小さな「切込み穴」を開けて、そこから「薬剤」を注入。

DSCF1626

間隔は450㎜~600㎜くらいでしょうか?

大きな建物なのでなかなか地道な作業ですね。

DSCF1627

 

こうしたビルなどの建物から白蟻が発生した場合、木造戸建てのように「満足な消毒」が困難な場合が多く、

数年後に再発生などの可能性が残されてしまいます。

DSCF1629

したがって現在では「保証」などの対象外になってしまうのは止むを得ないところです。

クヤシイ・・・ですが。

鼠もそうですが、害虫や害獣は本当に「発見しにくい」建物の「死角」より侵入してくるものです。

世田谷区・M様邸・白蟻調査

さて当分寒い日々は続きますが、今年も暖かくなると害虫が活発に動き出します。

我々「害虫駆除業者」にとって「シーズン」と言われる時期を前に、

ぜひご自宅の調査もご検討をされては?・・・という良い例が今回の調査でした。

DSCF0628

都内の閑静な住宅街にありながらも、昔ながらの趣を保たれたお住まい。

やはり築年数が経過されているほど、それは傷みも伴いますので要メンテナンスなんですね。

DSCF0629

床下へ侵入して早速「蟻道」を発見。

嫌な予感をもって進んでみますと・・・・

DSCF0636

水回りは「漏水」による土台等「木部」の傷みと劣化。

さらに奥へ行くと・・・・

あるある、巨大で長い「蟻道」が・・・

DSCF0643

「束」と「地面」の接点付近の「蟻道」が黒いのは、

シロアリが水分を運んで徘徊している「証」と思われ、

被害が「現在進行形」であることがうかがわれます。

DSCF0642

これだけの被害ですと「駆除消毒」のみで安心とは言い切れません。

「大引き」が半分以上食害されているために、「耐久性」に影響してくるからです。

築年数が経つ為に、もともと全体的な「耐久性」が低い為、

「部材交換」などの「改修工事」を併せて慎重にご検討いただく必要があるでしょう。

DSCF0646

また床下も低く、一部配管も多い為に作業性は良くありません。

DSCF0650

外周から拝見した際に発見した「通気口」の劣化~破損も「嫌な予感」を感じましたが・・

それも当たっていたようでした。

鼠は楽々に侵入でしょうね。

DSCF0622

 

比較的新しい中型の獣糞が散在しています。

糞量が少ないので「ハクビシン」なのか、たまたま「猫」が侵入したのかは判別困難ですが・・・

糞の中に木の実などが混在してないので「猫」かもしれませんね。

 

ちなみのこの調査のご報告の後、

お施主様より、直ちに「改善対策」と「現状復旧」をご依頼頂きました。

DSCF0640

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031