害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

ネズミ

昭島市・I様・ネズミ駆除進捗

訪問時がいつも雨天に重なり不遇で申し訳ないI様のネズミ駆除進捗から~

こちらは久しぶりに正攻法での「戸袋封鎖」が必要なチョットヘビー?な工事が必須の御宅です。

前回それでも簡単な箇所の「戸袋封鎖」をし、今回は床下から確認すると・・・

「しっかり食べているなあ~(-_-;)・・・」👇

立派な完食です。

ご立派・・・

しかしいつまでもアンタを養うつもりはないんだよ~

コレ☝は「うっかり見落とし」がよくある古い戸袋の下・・・

戸袋内部だけ封鎖して安心していると二重に経路が存在しているケース・・・

かじった跡やらラットサインも付着しているカンジです。

ともかくダイレクトに床下へは無難に出入り・・・

これが複数あるとホント大変な封鎖なのです。(;’∀’)

そして今回は「シンドイなあ・・・」と覚悟して本丸の戸袋封鎖です👇

戸出し口がやや披露目なのがチョット救いかもしれません・・・・

中を覗くとこの通り・・・👇

外側面は上部(天井裏)へダイレクト・・・内側面(室内側)は久しぶりに下着が一切装着されておらず、

こちら側からも天井裏へ一直線です。

要は「裸同然」の部防備と言って良いかもしれません。

このタイプの封鎖は一年ぶりくらいと言って良いほど減ってきてはおります。

まずは右側(部屋側)へベニヤを併せて挿入しビスと金属板で併用し封鎖。

これで半分終わりです。

次は左側(外壁側)の上へ金属板を挿入し、やはりビスとコーキングで封鎖します。

本当にこれだけは慣れても慣れない・・・憂鬱になる封鎖作業・・・

まだまだ能力が無いせいだけかもしれませんが、

それだけ高度な封鎖作業の一つだと私はいつも実感しています。

いつもお世話になるS会社のT社長に技術は教えて頂きかなり経ちますが、

まだまだ追いついていませんねえ・・(;・∀・)でもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

青梅市・M様邸:北区・Iアパート:ネズミ駆除対策

今回は多摩地域と都内のネズミ駆除対策工事を二件をご紹介したいと思います。

まずは北区のI様アパートです。

こちらは昨年の今頃に母屋にネズミがはいり長いこと駆除でお世話になりました。

その敷地内にある古い共同住宅の一室でのネズミ駆除対策作業です。

集合住宅での相談は年中ありますが、居住者がいるとなかなか作業が出来ないことが多いもの・・・

ですから退出されて次の入居が決まるまでに点検~対策されることを私もお勧めしています。

特に傾向として古い共同住宅で高齢の方がお住まいの場合、

多少のネズミ被害であれば「見過ごす」ことや「我慢」されることが多いからです。

こちらも例外ではないようでした。

玄関ドアを開けて真っ先に目が行くのは土間と框の裏側です👇

既にネズミの汚れが私の目には入ってきます。(^_^;)

下から覗くと当然のようにスキマもあり、頻繁な出入りを示す「ラットサイン(汚れ)」が付着しています。

これでも大家様には申告されない入居者の方は以外に多いのです。

続いて奥の和室に入ってやはり最初に目がゆくのは「長押」ですね👇

見慣れている私ですがこれはかなり重症・・・(長期・頻繁に侵入を許す)だったはず・・・

通常では考えらない方がきっと多いでしょうが、

御高齢の単身の住宅でここ数年急増している傾向に間違いありません・・・😢

様々な複雑な要因に触れることは今回は致しません🙇

「長押」の内側を覗くと「ネズミ糞」もあるし、かじった跡も確かに見られます。

壁の中をつたってここから年中出入りをしていたようです👆

かなりかじられていますが、居住空間側からではなかなか死角になって見えません。

早速順番に封鎖作業をしてゆきま~す。

玄関の下側はこんなカンジ👆です。

金網でも良いのですが今回は金属板にて封鎖しました。

「長押」もいつものようにテキパキと施工してゆきます。

今でいう「ワンルーム」程度の一部屋ですので「部屋単位」の封鎖作業はこれで終わりました。

次の入居者様は「我慢」したり「諦め」なくてもこれで大丈夫!(^^)v

 

次は青梅のM様邸でのネズミ駆除作業の紹介です。

こちらは「嗅覚」の鋭いご家族の方のお悩みと指摘からご縁することになりました。

発端としては「天井裏異音」はもちろんですが、

どうも部屋の一部で以前から異臭がするようになったらしいとのこと・・・

「臭覚・聴覚」などは個人差と趣向が強い為に非常にデリケートな部分です。

他のご家族様と間隔差がある場合はなおさらです。

今回は臭気の源がどこかにあるのか?

ということでその周辺の床板を開口してみると・・・・

比較的新しい「断熱材」の上にコロコロとネズミ糞をまず発見・・・

そして奥を覗けば覗くほど・・・・これほど酷いとは・・・(-_-;)

断熱材の半分くらいは食い破られて「栄巣化」している様子です・・・

「臭気」は個人差とは言えど目にしてしまえば不快なのは確かです。

よってご希望もありこの一部屋の断熱材は全て「撤去」することに・・・

あまりにひどいので消毒と並行での撤去なりました~(;´Д`)

さぞ住みやすかったであろう残骸がこの通り・・・

粉々の綿くずのような断熱材でもネズミにとっては格好の住か・・・

結局コレだけの量の撤去となりました👇

「気づかない」・「我慢できてしまう」ということの結果は結局のところこうなるわけです。

前述のアパートのネズミ被害も同様で、

程度差こそあれ家屋の財産に「経済被害」を及ぼすということは知っておいた方がよさそうです。

 

 

 

 

 

八王子市・木造店舗ネズミ駆除対策

ここしばらく調査案件のレポートばかり続きましたので、

今回は久しぶりに溜まって溜まった「施工案件」のご紹介ですね(;・∀・)

 

今回は八王子の木造店舗のネズミ対策工事です。

丁度店子さんが変わる際に一店舗範囲のみを施工依頼がありました。

相当経年数を経ている建物なので内装部へもかなりのグレーゾーン(危険範囲)は発生していました。

次から次へとパンチング板を使用し補強してゆきます。

既に以前からの断続なネズミの徘徊跡がアチコチに残っています。

特に👇のブレーカー回りなどは大きなスキマ穴のせいか、

カバーの上側がかなり真っ黒に汚れていますね。(-_-;)

この後消毒をして外部回りも探索の上封鎖してゆきます。

店舗が左右に建物構造を仕切っているおり、対象外範囲はノータッチ・・・

どうしても外部封鎖の精度は止むを得ず落ちてしまいますが・・・

パックリと開けた完全開口状態に金網封鎖を施したり・・・

こんな箇所の穴をコーキング封鎖したり(こう見えて外部・・・)

施工後👇

壁の一部が板壁の為に劣化が目に余る場合、

手を付けないわけにはゆきませんでした・・・👇

施工後👇

一見、止めているように見える板壁もほとんどが浮いている為、

其々ビス止め補強の後コーキングで接着もしておきます。

店舗内には一切の「点検口」が皆無の為に

外部の狭いスキマに喫食調査のトレーを数か所配置して何度か推移を確認しましょう・・・(^_^;)

この後も次々とグレーゾーンを封鎖してゆきます。

玄関裏手にある例の「ふかし壁下空間」ですね~☝

下から覗くと・・・・またしても・・・

底板ボロボロの上に配管スキマはかじった様子もアリアリと・・・

今秋対象外の床下配管回りなどがかなりの高確率で「侵入経路発生」している気がしてなりません・・・

それは全て完工後の経過観察しかありませんね・・・

施工後👇

これ以外もアチコチ細かな箇所が点在しておりまして数度の訪問に渡り封鎖施工を実施。

そろそろ一端終了でもよろしいかと思いますね😊

 

 

 

 

 

 

 

2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930