害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

わが家族ふくちゃん

ふくちゃん・プロカメラマンのモデルに!?

やっとワンフェスも終わりまして今週はヘビーな仕事の一週間でございました。

今日はずっと紹介したくて温めていた、「飛騨・高山」旅行の補足を寄稿したいと思います。

旅行自体はもうずいぶん前のことになってしまいました。

残っていた題材は「ふくちゃん」のことでして、

実は最終日の宿泊地にて勿論「有料」ですが、

カメラマンさんに初めて「動いて」いる「ふくちゃん」の姿を撮ってもらいました。

それが素晴らしくて「いつか紹介したい」と思っていた訳です。

こんなカンジで連写してくれます。☟

_Y3O0324

そして☟

_Y3O0328

カッコいいぞ!ふく!それから☟

_Y3O0336

ついでに☟「ヨーイドン!」で奥さんがフレーム枠から移動の姿が面白くて・・・

_Y3O0356

そして☟

_Y3O0429

犬い限らず「自然」が一番美しいと改めて思います。

 

でも飼い主は意外と協力が大変なんですよね。

奥さんが離れている私の方に走らせて、こちらは煽って真っすぐ呼び寄せないといけません。

これを何十回となく撮影するのですから、何でも普段の撮影も大変なのだと想像します。

_Y3O0492

 

ですから途中でこんなふうにそろそろ疲れてくるんですよね。

_Y3O0514

ですから我々もカメラマンの注文通りに犬を飽きさせないよう、煽らなければなりません。

☝は一生けん命「おもちゃ」でけしかけているんですよ。

_Y3O0533

悪いですけど私が一番疲れたではないでしょうかね?

_Y3O0538

 

私の足がもたついていますわ・・・

でも所詮「素人」ではこれだけの撮影はどだい無理・・・

「犬」は無心で走っている姿が一番美しい・・・という結論でした。

 

恒例の墓参り2015春

今年も山梨の「富士桜墓苑」へ恒例の墓参りに行ってきました。

父が亡くなりもう20年・・・

父が亡くなった年齢までもあと20年・・・

そう考えると本当に人生は短いものです。

「人に慕われ・人に尽くし・信念に生きた」父でしたね。

何時も同行してくれる「嫁さん」は父のことを知りません。

「お互いに会わせてあげたかったなあ・・・」とはことあるごとによく思います。

DSCF1363

ここもいつも立ち寄る「河口湖」のハーブ園。

ふくちゃんも何度となく歩いたこの散策ルートを覚えっているようです。

DSCF1368

ちょっと疲れてダッコ・ダッコ・・・

その晩宿泊した「精進湖レイクホテル」のマスターも仰っておりましたが、

どこへ行っても観光地の「外人」の多いこと多いこと!

飛び交う言葉は特に中国語のシャワーにはビックリ!

日本人観光客は増税以降は一層減ったとのこと。

しかしアジア人観光ツアーと提携していればしばらくは安定していても、

政治経済や外交いかんで一瞬に手の裏返す状況にもなりかねい。

地方の方々も必死にたくましく生きているのを垣間見た思いでした。

DSCF1386

しかしこの「精進湖レイクホテル」はその状況に甘んじている様子もなく、

史実な中高年の従業員の微笑ましい接客。

さらに築年数は経過していても清掃整備の行き届いた館内。

なんといっても上記のような食べきれない「ゆうげ」の品々・・・・

聞いたところ「ステーキ」は和牛とのこと。

道理で噛まずにとろける口応えにニンマリだったわけです。

わたしたちは今回でお世話になるのは三回目でした。

ぜひお勧めです。

価格もビックリなので、ぜひHPを覗いてみてお問い合わせを。

DSCF1404

帰りはこれも「恒例立ち寄り」の鳴沢村「道の駅」でしっかりおみやげ購入。

そして昨夜の「満腹」減らしに散歩散歩・・・

DSCF1411

今回は無理のない道中だったのでふくちゃんの疲れも最小限。

最期までご機嫌よく帰路に着いたのでした。

やはり平日の遠出は全てにおいて、メリット大と感じた二日間でもありました。

 

 

ふくちゃんとの花見

週末は予告通り、近所の多摩川土手を「ふくちゃん」と花見に行ってきました。

DSCF1137

 

どうですか!この眺め  ・・・

ふくちゃんとはこの河原は良く散歩に来ますが、どことなく今日は気分が違うのかな?

歩くステップもルンルン気分♥

DSCF1141

でも今は日本中がこの景色で潤っていますよね。

社会情勢も政治経済も、明るい材料どころか日々「生き抜いていく」のに精一杯の今の日本。

それでも季節の春は今のところ、必ずきてくれます。

「世の憂い」をホンの一時忘れさせてくれる、この季節と「桜」に感謝!感謝!

DSCF1153

ふくちゃんもそんな私と意を同じくしてか、物思いにふけりつつ遠くを眺めています。

DSCF1145

「桜とツーショットしてよ!」と催促され?ドッコラショっと。

DSCF1160

そして最後はこれも春らしく「チューリップ」畑の片隅で「パシャ」でした。

来年もどうか「健康」でまた、ふくちゃんともども「桜」の下で駆けずり回れる日を、

迎えられますように・・・・

 

 

 

 

 

 

 

2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930