害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

造形

1 2 3 10

我が心の怪獣ガレージキット探訪記・番外編④

久しぶりの怪獣ガレージキットの紹介・探訪記です。

イノウエアーツ先品の紹介もさすがに限りがありましてもはや「番外編」の呼称は適当ではないかも?ですね。

現在「未入手」の作品はおそらく今後も入手確率はかなり低いかと・・・・

ではやはり今後はイノウエアーツに限らず自身の琴線に触れるような作品を自由に紹介しようかなと?・・・

今回は以前から探していました少し前にキットが入手できましたのでそちらを・・・

まずはこちら↓

ストレートに作品写真を使用したパッケージですがこれがなかなか良い。

浅井造形さんの「モスゴジ」三作目です。

写真を見てもお分かりのように実物と見まがうばかりの立ち姿に惚れ惚れしますね。

早速中身を空けてみます。

同スケールのモスラ幼虫二匹とゴジラの尻尾の梱包です。

これにわれらがT先輩のモスラ幼虫作品と並べてみます。

ほぼ同サイズですね。

若干モスゴジでの幼虫の方が頭から下が細身のようです。

どちらも甲乙つけがたくとても私には造れないレベルです。

胴体はガッチリ養生されていて雰囲気のみですみません・・・(^_^;)

その代り肝心要の「頭部」をしっかり紹介いたします。

これだ!・・・・恰好いいなあ・・・

イノウエさんの新モスゴジと並べてみます。

ほんのわずかに浅井さんのモスゴジ頭部が小さいイメージ?

これは浅井さんのイメージでもあるのでしょうか?

もう一回DVDを即再生したくなりました。

そのほか手足含めたキット全体です↑

う~んこれで当分はモスゴジはいいかな?・・・

あとはやはり浅井さんの「のたうちモスゴジ」もいつか・・・でも高額すぎてね・・・

 

次は同じ「浅井造型」さんの「大怪獣バラン」です。

羽田空港を蹂躙するバランのこのきっとパッケージも素晴らしい!

イノウエアーツのディオラマキットの再来というか完全にオマージュですね。

かくして箱もデカければ重量も重い!

インストまでもユニークで凝っています。

やっぱりガレージはこうでなくっちゃ!

作品の命である頭部に抜かりはありません↑

スタイリッシュで生物感のあふれるバラン特有の腕の表現もこの通り

そしてこのきっとの最大のキモであるディオラマベースがコレ↓

一見ただのレジンの板ですが・・・よく見てもただの板みたい・・・

空港の管制塔がまくできています。

重すぎて中空だったらもっと良かった気がするのは私だけ・・・・

付属の完成写真がまるでスチールのようですね。

こうしてみるとマイナー怪獣のように思われるバランですが単体で改めて見ると、

非常に個性的で当時としては優れたキグルミ表現で演出された名怪獣だと痛感。

ディオラマでなくとも存在感とどことなく品がありません?

そうそう、背中た頭部のとげは透明レジンの別パーツになっています。

イノウエアーツがなくなった現在、

東宝怪獣で最も独自の造形物としての作品カラーを樹立している数少ないメーカーさんの一つが、

浅井造型さんのように思いますね。

しかも毎回の作品レベルが安定しているのは本当に立派であり驚愕に値します。

陰から期待と応援のエールを送り続けたいですね(^^ゞ

大映・妖怪百物語の「からかさ」と「マタンゴ」の再販お願いしたいなあ・・・

我が心の怪獣ガレージキット探訪記・番外編③

仕事以外の久々の記事となります。

「イノウエアーツ」の怪獣ガレージキット関係が倉庫の奥に埃をかぶっており、

なかなか御開扉がままならない為、今回も番外編として最近入手したものより興味深いキットを紹介。

前回のワンフェスからもう2か月近く経ちます。

二十代の頃は毎回5万円くらいのガレージキットを買っていたものですが、

この歳になると滅多に触手が動くことも無くなりました。

それが目ずらしく今回「衝動買い」してしまったキットがコレでした👇

何とも不可思議かつ魅力的なキットです。

「地獄」という題名は「鬼」の右手に乗っかる幼児からお分かりでしょう・・・

あの漫画家の「水木しげる」氏の漫画本からの題材のようです。

それを証拠にⒸ水木プロで版権を取っているようです。

原型は私もたまにお話を伺う「橋本智」氏。

早速中を拝見・・・・(^_^;)

箱はW35㎝×H40㎝と結構な大きさと重量です。

インストはたぶん全て橋本氏の直筆でしょう・・・

アッサリしていますがなかなか味のあるインストとなっています。

イノウエアーツのキット是全盛の頃、遥か30年くらい前は梱包なんていい加減だったのに、

今はビニール袋に入れてプチプチ緩衝材でクルクル巻いて、

オマケに最後は柔らかい紙でもくるむといった念の入れようです。

パーツもチョット手に取ってみますね。

左腕と一体化パーツとなっている幼児です。

なぜ鬼と幼児が絡んでいるのか漫画の内容は知りませんが読んでみたくなる絡みですね。

さて作品のキモの一つであろう「鬼の顔」です☝

三つの目玉はクリアパーツで再現されています。

さてそう言えば忘れてしまいましたがワンフェス現地で作者の橋本氏から聞いたところによると、

この仏像は「ナントカ」というお寺に実在するもので、

作者も鎌倉時代の高名な造型師なんだとか・・・・どうりで・・・と頷いてしまいます(^^ゞ

ザックリ「頭」と「胴体」と「足」をつなげて雰囲気を確認してみました。

 

結構なボリュームのベースの上に置くとこれまたかなりのボリューム・・・

全高40㎝近くにもなります(;゚Д゚)

箱状態でもかさむのに組立てるのは・・・また家族の怒号が聞こえてきそうです・・・(・_・;)

「造型」も含めてこれらは私の病気でしょうね・・・

しかしこの困った「病」のおかげで他の重い「病」にならずにいるのだ・・

と自分で言い聞かせては納得すれば良いのです。

 

おまけにもう一品ガレージキットではありませんが変わったモノを入手したので紹介です。

この写真のようなイラストからして魅力的な雰囲気ですが、

これは「ボナンザ」という(わたしも見たこともない)60年代の洋物TVドラマのモデルキットなのです。

プラモデルメーカーとして有名なRevelは昔々、

「AURORA」にも負けず劣らずのキャラクターキットを発売していたんですね。

この出来がまた現在でも通用する素晴らしいの一言なんです。(◎_◎;)

格好いいこのパーケージの主人公の三人がフィギュア化されていたとは何とも懐が深いというか奥が深いというか・・・・

う~ん・・・私が子供のころの人気ドラマで言うならば「太陽にほえろ!」とか、

当時の国民的番組の登場人物がインジェクションキット化されたようなものですからね。

遅くなりましたがその素晴らしい「デキ映え」を御覧あれ・・・👇

其々は全高20㎝くらいなので8分の一くらいのスケールでしょうか?

全体的なデッサンも素晴らしいのですがその全体像を引き立てているのが人形の命である「顔」の造形。

現在でもガレージキットとしても通用するデキではないでしょうか?

未見ではありますがRevelではあのビートルズのフィギュアキットが有名のようです。

これもまたフィギュアファンであるならばせめてメンバーの一人だけでも入手してみたいもの・・・

とこのキットを手にしてその念を強くした次第です。

造型にも3Dが導入され始めていますが、

映画のCGがそうであるように造形もアナログな職人技術でしか出せない「味わい深さ」は変わることが無いでしょうね。

私もしがない”自称”「原型師」の端くれである以上、

こうした「深い味わい」を出せるようになりたいものです。

 

 

 

 

ワンフェスを終えて・春本番・仕事本番

温かくなってきました・・・

今年も春はきちんと訪れてくれることも本当に最近は感謝します。

何だか当たり前が当たり前ではなくなりつつあるように思いませんか?

この日本・・・この地球・・・

私も初めて「死」をマジカに感じた最初の大事件・・・「東日本大震災」・・・

当たり前のように私の身には幸い生活上の大異変は一見無いように過ごせています。

しかし最近の世界中の社会や自然環境の急激な大変化に私自信が当然追いついて行けるはずもなく、

ただただ「日々に心から感謝」しなければ・・・と思うばかりなのです。

こうして「仕事と人生を楽しむ」ことが出来ていることに・・・(*’▽’)

なのにこの冬のワンフェスは疲れてしまい散々でした・・・(-_-;)

でも楽しもうと頑張ったので一応区切りのレポートです。

今回はワンサくんシリーズの「ワンサくん」と「ミミ―ちゃん」でした。

気楽に造れて気楽に楽しめることがテーマだったんですが・・・

今回はココからが失敗続きでした。

もう嫌というほど何回も経験している型どりも「うっかり」や「慌て」なんかで失敗するものなんですね。

やはり「造る」こと自体は楽しくても「量産」が好きではないからでしょう・・・

こうしてシリコンを流し終えた時は「フーっ、これでひと段落・・」と安堵感タップリだったのに・・・

 

そして裏返して反対側にシリコンを流すときにうっかり大失敗をしてシリコン型を潰してしまうはめになったのです。

(細かい理由は割愛しますけれどね)

それから「やり直し」で徹夜気味になりつつもやっと完成して量産には至りましたが、

もう「イヤイヤ感」にタップリ満たされてしまいました。

逆に「よく間に合った・・・」という安堵感もありますが(^-^;

サフ吹きをして簡単塗装に取り掛かります。☝

 

「手塚プロダクション」に完成サンプルも提出しないといけないので面倒です。

でも時間と闘いながらの作業なのでやや手抜きやゴメンナサイ・・・です。

 

仕事しながらこの作業はやはり毎年は大変だなあ・・・

でも「仕事だけ」の人生なんて私にはつまらなすぎます。

私のとっての「遊び」や「趣味」はその存在があって「仕事」が生きてくるものと信じていますからね。

でも次回はチョット充電休養かもしれませんね。

そして組立て完成と相成りました。👇

 

一番右は数年前に造って売った(売れなかったけれど・・・)みどりちゃんも一緒です。

やはりこうして並べると純粋単純に「造ること」自体を楽しむだけでいいかなあ・・・と。

懲りたようでいて造形や既にカリカリやってはいます。

数年越しの一大有名作品に挑戦中・・・(^^ゞ

ヒントはイギリスSFドラマのキャラクター、たぶん知らない方はいないでしょう?

今回は完成するまでこのブログに発表することもないですのでスミマセン。

それほど今回はたぶん初めて「妥協」しないでしかし必ず最後まで仕上げよう・・・と決心しています。

それにしても二十歳そこそこから始めた造形をホントにこの歳までよくやっているなあ・・と、

何時も先輩とあきれ返っています。(◎_◎;)ハハハ・・・・

 

 

1 2 3 10