害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Monthly Archives: 2月 2015

1 2 3 5

東大和・O様邸・鼠調査

今回のお客様も11月ころより、ほぼ毎日「ネズミ」が室内に徘徊し、

ご家族様がややノイローゼ気味とのことでした。

 

 

やはり前回の「白蟻調査」と同様に、

数回に渡るリフォームと築年数の経過によって、侵入口らしき箇所はいくつも見られました。

DSCF0659

特に「室内徘徊」の典型的な「出入り口」が上記のような「ブレーカー」スキマでした。

ブレーカーに隣接する「冷蔵庫」の上は、ネズミの毛油と足跡でベタベタでした。

 

DSCF0658

お客様ご自身が、このブレーカーで「ネズミ」を何度も目視しているとのこと。

ブレーカーの奥を見ると、配線沿いの下地石膏ボードがかじられていますね。

DSCF0662

 

上記はお客様でも気づかない箇所かもしれません。

おそらく増築された時に「通気口」を開放したが、

ガスボイラーの陰になり気が付かず、そのまま室内の一部として機能していたのでしょう。

床下と室内が筒抜けの為、楽々に室内侵入~徘徊が可能です。

DSCF0660

上記は同じくボイラーが設置されている、現在使用していない「勝手口」下です。

木で柵のようになっていますが、スキマもあり、右下の辺りが掘られています。

これはネズミが床下と室内を通過するのに作った、「トンネル」のようなものです。

こちらのお客様もそうでしたが、「住んで何十年も被害なんて無かったのにどうして・・・」と、

言われる方は本当に多いです。

毎年「初めての経験です。ネズミって都会にいるんですね」という案件の連続です。

それは「ある日突然」なのかもしれません。

ご自宅の周りは「植栽」「植木」「アウトドア用品」などの整理整頓をお勧めします。

少しでも「ある日」が来ないために・・・・

世田谷区・M様邸・白蟻調査

さて当分寒い日々は続きますが、今年も暖かくなると害虫が活発に動き出します。

我々「害虫駆除業者」にとって「シーズン」と言われる時期を前に、

ぜひご自宅の調査もご検討をされては?・・・という良い例が今回の調査でした。

DSCF0628

都内の閑静な住宅街にありながらも、昔ながらの趣を保たれたお住まい。

やはり築年数が経過されているほど、それは傷みも伴いますので要メンテナンスなんですね。

DSCF0629

床下へ侵入して早速「蟻道」を発見。

嫌な予感をもって進んでみますと・・・・

DSCF0636

水回りは「漏水」による土台等「木部」の傷みと劣化。

さらに奥へ行くと・・・・

あるある、巨大で長い「蟻道」が・・・

DSCF0643

「束」と「地面」の接点付近の「蟻道」が黒いのは、

シロアリが水分を運んで徘徊している「証」と思われ、

被害が「現在進行形」であることがうかがわれます。

DSCF0642

これだけの被害ですと「駆除消毒」のみで安心とは言い切れません。

「大引き」が半分以上食害されているために、「耐久性」に影響してくるからです。

築年数が経つ為に、もともと全体的な「耐久性」が低い為、

「部材交換」などの「改修工事」を併せて慎重にご検討いただく必要があるでしょう。

DSCF0646

また床下も低く、一部配管も多い為に作業性は良くありません。

DSCF0650

外周から拝見した際に発見した「通気口」の劣化~破損も「嫌な予感」を感じましたが・・

それも当たっていたようでした。

鼠は楽々に侵入でしょうね。

DSCF0622

 

比較的新しい中型の獣糞が散在しています。

糞量が少ないので「ハクビシン」なのか、たまたま「猫」が侵入したのかは判別困難ですが・・・

糞の中に木の実などが混在してないので「猫」かもしれませんね。

 

ちなみのこの調査のご報告の後、

お施主様より、直ちに「改善対策」と「現状復旧」をご依頼頂きました。

DSCF0640

立川・O様邸・ネズミ調査

今回は戸建ての「ネズミ調査」です。

こちらは年配者のお独り暮らしなのですが、

室内に鼠が徘徊する為に近所に住む「息子さん」からの調査依頼でした。

DSCF0557

建物外観はお手入れをされているので新しいのですが、

実際は「築40年~」なので、チョット見れば「スキマ」が多いことが次々と発覚します。

上記のように交換した戸袋の下が大きく開いており、床下が「丸見え」状態でした。

 

ここは「金属板」や「金網」で封鎖が必要です。

DSCF0612

 

また2階の戸袋は内側にフタがしていない為、壁の中が「開放状態」。

「ハクビシン」などの大型の害獣も侵入可能化かもしれません。

DSCF0548

そして例外なく「通気口」も古い為、金網などの封鎖が必要ですね。

これでは小さいネズミの侵入可能えあるばかりか、錆びて最後は「ポキン」と折れて「大開放」です。

DSCF0549

また床を「持ち出し」で増築しているのでその下が開いているようです。

土台のスキマを超えて床下へ侵入するか、増築した壁の内側にスキマがあり壁面に入れるか?です。

ここもグルリと「金網」や「金属板」でスキマを封鎖しないといけません

DSCF0617

殆ど使用していない2階から階段沿いにネズミが降りてきているようなので、

帰り際に「階段踊場」へ「粘着シート」と「エサ」を設置して御宅を後にしました。

 

1 2 3 5