害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Daily Archives: 2015年2月14日

ワンフェスに向けて~参加へ

やっと量産が終わりました。

IMG_0024

上記は白色に塗装中の「原型」と手塚プロに提出する「サンプル」です。

IMG_0025

そして簡単に梱包した商品です。

簡単な「インスト」(解説書みたいなもの)も同封してあります。

 

8個持っていきますが、一つでも売れればいいでしょうね。

IMG_0026

キャラクターものでも「地味」すぎるマイナーな作品なので、認知度も低いでしょうから・・・

IMG_0031

というわけでなんとか「一つ」は売れました。

というよりやはり「一つ」しか売れませんでした。

でも予想通りなのでまず「復活参加」の目標は果たし、まずまず楽しめたワンフェスでした。

一方先輩は作品の認知度やブランドの確立と、固定ファンのブース訪問で早々に完売でした。

さすがさすが・・・「みどりちゃん」の10倍近い「高額」なのに・・・・

上記写真、ちなみに左が「みどりちゃん」で左側は、遊びで持参した我が家のアイドル犬、「ふくちゃん」なのですが、なにを勘違いしたか「ふくちゃん」を指さして「ワンサくん下さい」!

には驚きました。

 

また最後に感動のおまけがつきましたので写真を載せました。

これはマニアが実車を改造した「ウルトラセブン」に登場する「ポインター」という車。

IMG_0032

「知る人ぞ知る」なのですが、たまたま帰りに駐車場で居合わせた為、

乗せてもらういことが出来たというわけです。

2度とないであろう「感動体験」に震える想いのわたくしと先輩でした。

ん、う~筋金入りの「マニア恐ろし」です。

 

 

ワンフェスへ向けて~面倒な「量産」

さて時間も無くなって「焦る!」「焦る!」・・・

いよいよ型抜き~量産です。

IMG_0026

上が出来上がった「型」です。

原型をゆっくり慎重に「外す」ところから開始です。

IMG_0027

なんとか「型」を傷めずに抜くことが出来ました。

下の写真はここからの必要な材料一式です。

IMG_0002

レジンは揮発性物質なので「臭気」がこもると健康に影響がある為、

時には「屋外」で、またマスク着用が必要になります。

IMG_0004

量産は要約すると、「主剤」と「硬化剤」の化学変化により型の中で固まって製品化するものです。

主剤と硬化剤の比率のちょっとした変化で上手く「硬化」しない為、素人ではロスが多くなってしまいます。

IMG_0009

また指先や足先などの細い部位は「気泡」に邪魔されてレジンが上手く流れずに,

欠損のある「不良品」になってしまいます。

どこまでを不良品とするかは難しいところです。

欠損部分も、購入者が製作~完成させる一工程と捉えられなくもないからです。

そこは購入者の技術レベルに負うところが大きいのですが、

昔と違い「塗装完成品」も出回る昨今、気泡はほとんどなくなりましたね。

本当にこの作業は「時間的」にも「体力的」にも疲れました。

あとは販売の梱包や展示原型の塗装を残すこととなり、ややホット一息です。

なんでこんなに大変なのに・・・好きなことは続くんでしょうね。

 

 

ワンフェスへ向けて~面倒な「型作り」

今回は前回に続き「造形」の「型造り」であります。

あれもこれも・・・許される限り「挑戦」してみた私が、30年前より続いてきたこの「造形」こそ、

今後も生涯で一番愛する「道楽」、「趣味」かもしれません。

IMG_0018

さて今回は前回仕上げた「みどりちゃん」の原型を複製するための「型」を作ります。

これが「型どり」用のシリコンと硬化剤です。

一つ工程の記録を抜かしてしまいました。

それは「原型作品」を油粘土に半分埋め込むこと。

その際、「型」の最終的な「仕上がり」やレジンキャストを流し込み複製する作業をイメージします。

IMG_0012

上の写真はすでに油粘土に半分埋めこみ、プラ板で枠を整えたうえに「液体シリコン」を流しているところです。

IMG_0016

そしてシリコンが想像以上に消費するので、材料削減の為に過去の不要型を刻み、

容量補充のために適量を落とし込みます。

IMG_0019

そしてあとは半日おき「硬化」するのを待って、裏の油粘土を抜き、そこへシリコンを流し込み完成。

IMG_0022

数年ぶりの「型作り」~「量産」なのでやや流れに戸惑うことがありますね。

時間が十分ある「若いころ」は、面倒な「型抜き」や「型作り」も楽しい過程でしたが、

正直「時間的」、「体力的」に面倒だなあ・・・というのが作業を通じての本音でした。

しかし作品を「量産」して「販売」出来るというのは、純粋に「楽しい」ものではありますね。

当日まで二週間前の「工程作業」となりました。

一方でこういう時になぜか、おかげさまで「ネズミ駆除」調査依頼が多かったりします。

こちらの「ネズミ駆除」のレポートも併せて紹介いたします。

次回はいよいよ「量産」になります。

 

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728