害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Monthly Archives: 3月 2015

所沢・Hハイツ・防鼠工事

こちらは1階 がオーナー様宅。

2階~4階がワンルームマンションの大手ハウスメーカー仕様の建造物でした。

オーナー様のお部屋に白昼堂々と鼠が徘徊し、食物を荒らすとのことで出動依頼となりました。

私の仕事は数回に分けて賃貸範囲の各部屋に、鼠の室内進出予防の封鎖工事をすることです。

 

ワルームマンションというのはたいてい「ポイント」は限られており、

①配電ブレーカーのスキマ

DSCF0833

②ミニキッチンの裏板から配管沿いにかけてになります。

DSCF0835

これは慣れて構造を理解するとすぐにわかってきます。

DSCF0838

これも同様のキッチン裏に隠れているスキマで封鎖が必要です。

DSCF0840

 

こうした箇所は狭い為、「アルミパンチング板」や「金網」など「軟らかく」、「加工性」に富んだ材料を使用します。

DSCF0843

見えない箇所なので施工後の外観よりも、「ネズミに外されない」ことが出来不出来を左右します。

ちなみにこの日の朝、前日室内に仕掛けた「粘着シート」に大きな「クマネズミ」が捕獲されました。

これでオーナー様範囲も鎮まるのではないかと思います。

 

東大和・O様邸・防鼠工事

こちら様は毎日室内に鼠が進出・徘徊しており、対策を急務とのことでした。

やはり築年数は経過すればするほど、規模は大きくなればなるほど、それだけ駆除の規模も大きくなります。

大雑把ではありますが、25年以上の築年数の御宅は全体の3割程度は鼠被害の対象と思います。

もちろん気が付かないほどの「短期的侵入」も含めた、「潜在的」割合ではあります。

これが都内の下町周辺になれば、その数字はもっと大きいものになるでしょう。DSCF0880

 

こちらの室内の侵入口は典型的な「電気ブレーカー」のスキマでした。

いわゆる「ラットサイン」(鼠の体毛が残す徘徊経路)で真っ黒です。

配管沿いを金網を併用しパテ埋めしました。

DSCF0882

また殆ど使用していない納戸勝手口の下にある「床下」とのスキマや、近くの破損した「通気口」です。

DSCF0660

通気口も配管を通す為に利用して間隔が広がる為、そのままでは格好の「侵入口」になります。

DSCF0865

 

 

納戸勝手口下に「金網」設置。

DSCF0720

 

通気口にも同様の「金網」を設置して対応します。

DSCF0866

このあと後日、難易度の高い「戸袋」内の防鼠工事が待っていますので、またご報告します。

こちらもお客様が大変協力的なので本当に助かっています

害虫・害獣駆除などは施主様のご協力なしには、効果的な駆除施工が出来ないことをお知り下さい。

 

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031