害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Monthly Archives: 4月 2015

立川市・T様邸・ハクビシン対策

最近は私の自宅周囲でも、「あれ!」っと思うと目の前を「ハクビシン」が通り過ぎるのを目にします。

まさに害獣の「民家での徘徊と生活」が普通の光景になったことを痛感しました。

昨日は立川市内でハクビシンの天井裏徘徊で悩むお客様への対応でした。

DSCF1341

最初からびっくりするでしょうが、これが現実の天井裏の光景です。

もの凄い糞尿の堆積で異臭も生々しく、頻繁な侵入~徘徊が予想されます。

DSCF1345

まずは依頼希望もあって全ての「断熱材」を撤去処分となりました。

断熱材を小さく丸めて「土嚢袋」に詰め込み搬出します。

糞尿を断熱材ときれいに切り離すことはまず困難な為、止むを得ない対策です。

このお客様も既に長期に渡り、同業他社に駆除依頼されているとのことでした。

ところが全く効果が出ず悩みも改善されない為、出番となりました。

DSCF1343

これが天井裏かのスキマから見た外部ですがお分かりでしょうか?

これが封鎖されなければ「玄関」閉めても「勝手口」が開いているようなものです。

DSCF1344

出入りしている周囲にはネズミの「ラットサイン」のごとく、真っ黒な汚れが付着しています。

DSCF1351

綺麗に清掃した後は出入り口付近に「忌避薬」を設置と、「粘着シート」を設置し様子を見ます。

DSCF1354

これで近づいても「侵入」への「嫌悪感」を根付かせて、「逃避」している間に封鎖工事をします。

DSCF1356

最期に「忌避+衛生消毒」を敢行します。

ネズミだけでなくハクビシンもダニなどの吸血害虫を媒介することは言うまでもありません。

今回の工事も「依頼者」の「業者選択」が難しいこと、

同時に「業者レベル」に想像以上の大きな開きがあることを痛感せずにはいられませんでした。

もちろん今回の方法も数ある選択の一部であり、

私の判断や施工方法もまだまだ永遠に発展途上と思います。

「ああ~奥深きかな、PCOの路よ・・・・」

 

最近のお仕事報告

寒暖の差が激しい中にも、日増しに「春」から「夏」への移行が始まっています。

いよいよ様々な虫が動き回るようになると、我々も忙しくなります。

今日は最近のお仕事を何件かまとめて報告したいと思います。

まずは國立のK様のスポット「防鼠工事」です。

こちらは他業者が既にネズミ駆除を着工されておりましたがなかなか終息しないとのこと。

伺えば「戸袋」内が約10㎝×90㎝も空いていました。

そこで私の出番となり、下のように「アルミパンチング板」にて封鎖した次第です。

DSCF1322

私も勤めの時代はこうした封鎖技術を知る由もなく、某先輩業者に教えを乞いつつ身に着けました。

同業他社でも仕事に対する「技術レベル」や個々の「向上心」には、

組織から出てみてかなり開きがあることを日々、身に染みて感じている毎日です。

 

次は私がその「レベル向上」で常日頃お世話になっているSCS様の応援仕事です。

こちらは以前、ネズミ駆除でお世話になったお得意様からの「床下環境改善工事」でした。

床下の湿気やカビによる「健康」を気にされてのご相談だったようです。

DSCF1304

このように「湿気」を「吸着~排出」する自然機能を持つ「竹炭」マットを敷き詰めます。

DSCF1309

そして床にコードを通す穴を開けて、滞留する湿気を「通気口」方向より屋外へ排出する、

「拡散送風機」を設置することにしました。

DSCF1317

タイマーにより「ON~OFF」が可能なので、一度設置すると面倒なことはありません。

今のタイマーは以前と違い湿度センサーが装備されているので、管理も機械任せとは驚きですね。

DSCF1313

このようにコードが床下に垂れることを防ぐ為、結線は床組みにしっかり止めると完工です。

DSCF1316

いずれにしてもしっかりとした業者に床下調査をしてもらった上で、納得のゆく依頼と工事をすることですね。

 

 

立川・K様邸・ネズミ調査

やはりお仕事の記事も書かないと落ち着きませんので・・・

最近のネズミ調査報告を。

こちらは築30年前後のお宅でしたが、きれいに内外の改装をされお住まいを大切にされていました。

ところが最近になって「居住空間」にネズミが徘徊するようになってしまっているとのこと。

DSCF1249

ブレーカーもかじられ・・・

DSCF1250

 

建具の隅もかじられ・・・

DSCF1256

このようにユニットバスの天井裏には「ネズミの徘徊」跡がしっかりと残っています。

こちらでは雨戸の「戸袋」やら「通気口」やらの他に、

面倒な侵入口がありましたので紹介したいと思います。

DSCF1247

これはどこだと思われますか?

実は外壁の一番下端です。

外壁のリフォームにはいろいろなやり方があると思いますが、

こちらは旧壁の上に、新しいサイディングを重ね貼りをされているようでした。

そこで一部旧壁を剥がしたりして、「胴縁」というサイディングを受ける木材を設置した上で、

サイディングを貼っていきます。

一切、壁を剥がさないで重ね貼りすることもあるようですが、

こちらは明らかに断熱材が触れる箇所も多々あり、「う~ん、これは怪しい・・」と言ったカンジ。

DSCF1244

だかこうして楽々と指が入っていきます。

キチンと対策をしたいところだと思います。

「ネズミ駆除」の場合、一軒一軒がみな違うのでコストも一概には言えません。

ご予算に応じてどこまでやるかはお客様判断なのですが、

私はまず「コスト」は横に置いて、精度の高い「最善」の方法からお話するようにしています。

予算とにらめっこはそれからで良いと思います。

最初から「広く」「大きな」侵入口を残しての「駆除」は中途半端でお勧め出来ません。

 

 

 

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930