害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Monthly Archives: 7月 2015

猛暑のワンフェスレポート

今回も造形イベントネタでスミマセン。

我々の仕事は「床下」や「天井裏」や「屋根☝」での作業が多く、しかも「つなぎ作業着」の為、

暑さといったらハンパではありません。

それだけ体力消耗も激しいので、比較的「秋冬」に備えて「短時間」と「効率的」に仕事するよう、

誰しも意識しています。

ですから夏は「体力」を温存したり、「好きなこと」をしたり、「家族サービス」をしたりとする方が多いです。

とはいえ今回のアマチュア造形イベントの「ワンフェス」参加はほとほと疲れました。

当日の「幕張メッセ」大会場は、ごった返す人の群れがさらに「エアコン」の効きを悪くしていました。

DSCF2781

普通なら「造形意欲」の刺激を求めて、あちこちと見て回るのですが、

今回は自分のブースでグッタリと昼寝してました。

DSCF2754

前回アップしました「アカジライガマ」と「クチビルゲ」は在庫分は完売でき何より。

詳しいレポートはいろんな方のブログで専門にされているので、

チョコット回った中での「私」が気になった「作品」「商品」のみ紹介します。

DSCF2757

 

初めて見るディーラーさんでしたが、30㎝サイズの「カミソリヒトデ」は良かったですね。

「仮面ライダーV3」のキャラクターなのですが、立体物は少ない上、30㎝で造られるとは・・・

「大きいことはいいことだ~」なんですが、いざ「飾る」ことを考えると「大きい」のはためらいますね。

よく言われることですが、「日本の住宅事情」では「コンパクト」で「物の少ないシンプル」生活が、

時勢のようですよね。

実際、大きいキャストキットは「イノウエアーツ」の怪獣関係だけで私は十分です。

「見ているだけで満足」の作品でした。

DSCF2758

 

チョット趣が違いますが、こうしたアイテムも出せるところがワンフェスの良いところ!

私自身も「ネイチャー」というか実在の「生物」はいくつか造ったことがあり、

大好きなフィールドでもあります。

あの「チョコエッグ」でおなじみの原型師である、「松村しのぶ」さんは尊敬するクリエイターですね。

金額に対する価値観は人様々ですが、上の「ブルドック」など8000円で決して高くはないと思います。

DSCF2767

 

キットでなくソフビの「おもちゃ」ですが「秘密戦隊ゴレンジャー」の色鮮やかな「仮面」たちです。

一つも持ってはいませんが、思わず「全部欲し~ッ!」って感じです。

何がそう思わせるのか?

元のデザインを適度に崩し、ユーモラスな雰囲気を誇張し、一体一体に個性を湧き出させるという、

クリエイター・原型師の腕を感じます。

集め始めると「地獄道」にはまるので、足を踏み入れずに良かった良かった・・・

DSCF2775

 

これも全く違うアイテムですが、「モスラ」に登場する「原子熱線砲」です。

以前から販売されていますが、チョット高いので購入に躊躇しています。

どうして男ってメカに魅了される「サガ」があるんでしょうか?(そうじゃない方スミマセン)

組立~塗装はなかなか骨が折れると思いますが、無くならないうちにいつか入手したい~

でも私の場合、やはり購入よりも「自分で造る」のが究極の楽しみなんですよね。

きっと仕事は先に辞めても、「造形」は命尽きる真近かまでやっている気がします。

さてこれから後の夏は、「冬のワンフェス準備」と、その他「造りおき途中」のものをいじりますか。

次回は暑さの中での駆除レポートを、やっといくつか更新致します。

今回のワンフェスは定番「東映特撮ヒーロー」で!いくか

どうせこのブログを造形マニアや特撮マニアは目にすることないでしょうから、

半ば堂々と直のネタバレもOKでしょうね。

特に興味の無い方、申し訳ないですがお付き合い下さい。

毎回「綱渡り」のワンダーフェスティバルですが今回も例外なくその通り。

前回はアニメ「ワンサくん」でしたが、今回は以前も出品した東映特撮ヒーローです。

それは・・

DSCF2427

 

さいとうたかを原作の70年代特撮ヒーロー「バロム1」から、

コイツ、最も知名度があるであろう、コイツ、

DSCF2429

人喰い魔人・クチビルゲです。

原型と同サイズの「ソフビ魂・バロム1」と並べて遊んでみました。

DSCF2504

 

「出たな~魔人クチビルゲめ!爆弾パンチを受けてみよ!」

DSCF2507

 

「バロム~爆弾パンチ~」てな雰囲気だけでも楽しめます。

塗装すればもっとでしょうかね。

もう一つはコレ↓

DSCF2537

 

ご存じ「仮面ライダー」と並ぶ「石ノ森章太郎」原作の名作ヒーローから、コイツ↓

DSCF2542

 

アカジライガマでやんす~てなふうに、なんとも「ユーモラス」かつ「派手な」印象が楽しいキャラ。

それがキカイダーに登場する「ダーク破壊部隊」の特徴です。

また歌舞伎のように声優さんの見栄を切った楽しいセリフ回しも最高!

昭和世代でまさか知らない方は少ないでしょうが、万が一未見の方は是非とも夏休みにでも鑑賞を!

という訳で、こちらもキカイダーの「ソフビ魂」と並べると楽しめます。

DSCF2514

 

もともと「ソフビ魂」サイズに合わせて造形することを目的にしてますから、ピッタシなんですね。

本当は同じ石ノ森章太郎の原作で「イナズマン」の適役キャラも、今回出品したかったのですが、

遠慮してよかった・・・(^^;)と思います。

現在は型の作製中にて、今週末にはなんとしても「量産」しないと間に合いませんよ・・・(;´Д`)

仕事も一生懸命楽しむし、好きなことも一生懸命楽しむ・・・

「やるなら今です!」って決して流行語ではありませんよね。

 

 

あきる野市・T様・スズメ蜂駆除

先日、私の住まいにほど近い「あきる野市」のT様から、スズメ蜂の駆除依頼を頂きました。

この拙いホームページをご覧になってのご連絡とのことで、大変うれしいことでした。

なんでも「巣が二つある」とのことにて、一つがどうもチョット(;^ω^)・・・

一つは2階のベランダにある直径20センチの巣。

DSCF2607

 

刺激しないように全体を網で覆い、一気に薬剤噴射!

DSCF2609

 

あっという間に無事完了。

DSCF2612

問題はもう一つの巣・・・

これがどうやら床下に巣くっているようなのです。

確かに「通気口」から羽音の唸りをあげて出入りしているではありませんか!・・・

本来床下からの駆除は危険なので避けるところですが、とりあえず近くまで確認に潜ってみると・・・

DSCF2613

 

土台と根太のスキマに巣を作っていました。

全体的には小さいので床下より駆除を決行。

☝同様に「網」で覆い一気に薬剤噴射。

床下地面にポロポロ落ちたスズメ蜂がこれ↓

DSCF2616

 

そして安全を確認して「巣」全体を撤去しました。

DSCF2620

床下の巣は残念ながら綺麗にそっくり撤去出来ません。

こんな風に粉々になってしまいました。

DSCF2621

 

まだまだ市内の方たちへの認知と貢献にはほど遠い現在ですが、

地道に粘り強く頑張ってまいりますので、改めましてどうか宜しくお願い申し上げます。

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031