害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Daily Archives: 2015年7月15日

今回のワンフェスは定番「東映特撮ヒーロー」で!いくか

どうせこのブログを造形マニアや特撮マニアは目にすることないでしょうから、

半ば堂々と直のネタバレもOKでしょうね。

特に興味の無い方、申し訳ないですがお付き合い下さい。

毎回「綱渡り」のワンダーフェスティバルですが今回も例外なくその通り。

前回はアニメ「ワンサくん」でしたが、今回は以前も出品した東映特撮ヒーローです。

それは・・

DSCF2427

 

さいとうたかを原作の70年代特撮ヒーロー「バロム1」から、

コイツ、最も知名度があるであろう、コイツ、

DSCF2429

人喰い魔人・クチビルゲです。

原型と同サイズの「ソフビ魂・バロム1」と並べて遊んでみました。

DSCF2504

 

「出たな~魔人クチビルゲめ!爆弾パンチを受けてみよ!」

DSCF2507

 

「バロム~爆弾パンチ~」てな雰囲気だけでも楽しめます。

塗装すればもっとでしょうかね。

もう一つはコレ↓

DSCF2537

 

ご存じ「仮面ライダー」と並ぶ「石ノ森章太郎」原作の名作ヒーローから、コイツ↓

DSCF2542

 

アカジライガマでやんす~てなふうに、なんとも「ユーモラス」かつ「派手な」印象が楽しいキャラ。

それがキカイダーに登場する「ダーク破壊部隊」の特徴です。

また歌舞伎のように声優さんの見栄を切った楽しいセリフ回しも最高!

昭和世代でまさか知らない方は少ないでしょうが、万が一未見の方は是非とも夏休みにでも鑑賞を!

という訳で、こちらもキカイダーの「ソフビ魂」と並べると楽しめます。

DSCF2514

 

もともと「ソフビ魂」サイズに合わせて造形することを目的にしてますから、ピッタシなんですね。

本当は同じ石ノ森章太郎の原作で「イナズマン」の適役キャラも、今回出品したかったのですが、

遠慮してよかった・・・(^^;)と思います。

現在は型の作製中にて、今週末にはなんとしても「量産」しないと間に合いませんよ・・・(;´Д`)

仕事も一生懸命楽しむし、好きなことも一生懸命楽しむ・・・

「やるなら今です!」って決して流行語ではありませんよね。

 

 

あきる野市・T様・スズメ蜂駆除

先日、私の住まいにほど近い「あきる野市」のT様から、スズメ蜂の駆除依頼を頂きました。

この拙いホームページをご覧になってのご連絡とのことで、大変うれしいことでした。

なんでも「巣が二つある」とのことにて、一つがどうもチョット(;^ω^)・・・

一つは2階のベランダにある直径20センチの巣。

DSCF2607

 

刺激しないように全体を網で覆い、一気に薬剤噴射!

DSCF2609

 

あっという間に無事完了。

DSCF2612

問題はもう一つの巣・・・

これがどうやら床下に巣くっているようなのです。

確かに「通気口」から羽音の唸りをあげて出入りしているではありませんか!・・・

本来床下からの駆除は危険なので避けるところですが、とりあえず近くまで確認に潜ってみると・・・

DSCF2613

 

土台と根太のスキマに巣を作っていました。

全体的には小さいので床下より駆除を決行。

☝同様に「網」で覆い一気に薬剤噴射。

床下地面にポロポロ落ちたスズメ蜂がこれ↓

DSCF2616

 

そして安全を確認して「巣」全体を撤去しました。

DSCF2620

床下の巣は残念ながら綺麗にそっくり撤去出来ません。

こんな風に粉々になってしまいました。

DSCF2621

 

まだまだ市内の方たちへの認知と貢献にはほど遠い現在ですが、

地道に粘り強く頑張ってまいりますので、改めましてどうか宜しくお願い申し上げます。

ネズミ駆除における封鎖あれこれ

今日は最近の施工の「ネズミ駆除」における、「侵入口・封鎖」のあれこれをまとめて紹介!

まずは相模原のT様の一例がこれ。

DSCF2490

これは昔の造作家具(これはタンスのような収納です。

ネズミ糞が見事にチラホラありますね。

この造作家具の上部がこんな感じです。

DSCF2485

造作家具とは建築の時点で構造に造りこませてスペースを生かす作りです。

ベニヤの壁と防虫剤がぶら下がっている横材の間にスキマがあります。

ここが意外と構造内(壁の内側)とつながるスキマだったりします。

DSCF2491

 

こうして金網で封鎖しないと室内に出てきて☝みたいに糞尿をされてしましまいます。

次は立川市のT様の複雑な屋根回りの例です。

DSCF2191

最近にしては非常に複雑に凝った作りの「屋根回り」です。

DSCF2562

ほら、はっきりと鼠の足跡(ラットサイン)が付着しているでしょう?

こんなところにボールを当てて遊ぶ子供もいませんよ。

そしてライトを当てて奥を覗けば除くほど、複雑に屋根の奥とつながっているようです。

DSCF2563

結局このように周囲全体を覆う形で封鎖をしなければなりませんでした。

制限時間のありがちな、初回訪問の調査時でなかなか全てを「判明」することは難しいのです。

DSCF2566

言い訳ではありませんが、当初の見込みより「封鎖箇所・範囲」の増加はよくあることなのです。

それをいちいち追加請求するか、最初から予想を含めて「見積もり」に含めるかは業者によるところです。

次は昨日施工した、小平市のS様の施工例です。

これは典型的なエアコンの配管穴からの侵入例ですね。

DSCF2628

 

使用線路を変えた為、不要となった既存穴が放置されており、そこから平然と出入りしていました。

DSCF2629

 

手前の汚れは長年のネズミ徘徊による痕跡(ラットサイン)ですね。

また奥の取り付けスキマもかじられると困るので、金網にて封鎖しました。

そしてこれももう一つのエアコンスキマです。

DSCF2631

 

やはりエアコンの上は真っ黒!(;´・ω・)

部分的にはココ↓

DSCF2632

 

古いエアコンパテが外れた為、そこから出入りしていたと思われます。

新たに増量のパテと、その上から金属を固定してコーキングで接着しました。

こちらのお宅はこれから先、「追い出し」や「外部侵入口」の封鎖が沢山残っています。

 

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031