害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Monthly Archives: 8月 2015

秩父「道の駅」めぐり

我が家はここ数年「道の駅」にはまっていると言えます。

どこへ遊び行ってもたいてい「道の駅」を基準に計画しているんじゃないでしょうか?

今回は久しぶりに近場のドライブも「道の駅」を中心に・・・

ということで昔若いころ、仕事の出張でよく滞在する機会の多かった「秩父」に行くことになりました。

調べてみると「秩父」は東京は青梅から約1時間という近さで、町全体もそう広くはないと思います。

なのに数珠つなぎのように「道の駅」が7か所も隣接していることが分かりました。

色々悩みましたが今回は「ふくちゃん」はお留守番してもらいます。

この暑さでは人間も犬も行動が規制されてお互い不幸ですからね。

ふくちゃん申し訳ない・・・

青梅から飯能を抜けて一番最初に到着するのは①果樹公園「あしがくぼ」です。

残念ながらこちらは写真をすっかり忘れてました。

お勧めは「チキンかつ弁当」と「紅茶そふとクリーム」。

バイクのツーリングでいっぱいでした。

秩父市街のど真ん中にある②「ちちぶ」は一度来たことがありましたね。

ここでは昔「スズメ蜂」を漬け込んだ「はちみつ」がお勧めで美味しかったですよ。

秩父の中心繁華街にこうした「道の駅」があることはチョット不思議・・・・

次は少し山道にはいり③「荒川」です。

DSCF2849

ここ着いたころがたぶん「気温」上昇が一気にきつくなり始めました。

DSCF2852

 

こんな「楽」そうな顔してますが・・・さすが「秩父盆地」・・・・

でも普段仕事で「天井裏」や「床下」、炎天下で防鼠工事などしているよりマシか・・・・ハハハ・・

ここではブルーベリー狩りやイチゴ狩りなどフルーツ狩りが出来るようでしたね。

「甲府同様、やっぱり盆地は果物が美味しいのか?・・・」と納得。

そしてさらに川ずたいの道を登っていくと④「大滝温泉」に到着。

DSCF2855

 

ここもツーリングのバイクが大勢いてチョットうるさかったですねえ。

DSCF2857

 

この時もたぶん35度以上いってましたね。きっと・・・

こんな「ニコニコ」してますけど・・・

しかしこの「空気」と「景色」は秋ころまた来たいですね。

この気温の中、「日帰り」から出てきて汗(;´Д`)をダラダラ(^^;)かいている人たちはスゴイなあ・・・

「秋」来ます、「秋」に・・・きっと・・・

つぎもここから15キロくらいのところで⑤「両神温泉」。

ここでは写真も撮らずに車内で昼寝して終わってしましました。・・・

7か所「制覇」することしか「頭」になくなってきた頃です。

そして次が⑥「能瀬会館」というところです。

DSCF2859

古民家風の施設でなかなか素敵な雰囲気ですが、とにかく「暑さ」が・・・・・(;´・ω・)

DSCF2860

ここでは結構な新鮮な「野菜」を購入出来ました。

「道の駅」はどこも新鮮な地元の野菜が魅力ですが、「秩父」も例外ではありません。

しかも「安い」!ときてますから・・・

バスケットボール大の「スイカ」が600円でしたよ。

DSCF2861

 

「疲れたし帰ろう・・か」と悩みつつ「最後まで制覇しよう!」と最後の⑦「みなの」に到着したのが、

4時近くでした。

でも結構なお客さんでにぎわっていましたね。

地元の買い物客も交じっているようです。

DSCF2862

一番「洒落っ気」のない外観にも関わらず、「家内」の評価はすこぶる良かったです。

やはりここも「新鮮野菜」とその「安さ」は眼を見張るようなですね。

駆け足で辿った「秩父・道の駅ツアー」をぜひみなさんも試してください。

朝9時に我が家を出て、たっぷり楽しんで6時には帰宅出来ました。

「渋滞」や「信号」の無いことも要因。

遠出出来ない「在京」の方のお勧め「プチ旅行」でした。

杉並・S様邸・蜂駆除

今回は杉並のS様邸でスズメ蜂の駆除に伺いました。

敷地内が雑木林のように広いこともあり、いかにも蜂が喜んで巣を作りそうな環境でした。

DSCF2846

 

どうやら巣穴が二つあるようなので、二か所の穴に気を配りながら巣穴へ「薬剤」を、

注入~噴霧してやらないといけません。

伺ったのが早朝でしたので、個体が活動に飛び立っておらず、比較的まとめて駆除出来ました。

DSCF2847

 

「巣」を撤去した後も、帰巣本能によって戻ってくるのですが、

まとまっている時間帯に駆除できると、その帰巣する個体の数も少なくて済みますね。

「巣」のあった周囲をしばらく旋回しますが、帰る場所を失くしたことを理解してか諦めてか、

いずれ寂しそうにさすらって行ってしまいます。

DSCF2848

 

「蜂駆除」は駆除に要する時間は他の害虫に比べ少ないですが、

一歩間違えれば危険な作業です。

頂く「料金」はその危険作業代とプロとしての専門料みたいなものですね。

最近は他の業務に付随して「片手間」のように「作業」する業者も増えております。

蜂に限らず害虫や害獣などの有害生物の駆除は、奥が深く「片手間」で出来る仕事ではないことを、

私は毎日「日々異なるお客様の駆除」に際し、実感していますね。

当社に限らず、「その場限り」ではない「経験」と「信頼」のおける業者と出会って欲しいものです。

 

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31