害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Monthly Archives: 4月 2017

小金井市・K様邸・ネズミ駆除調査

コチラの方も室内への「ネズミ徘徊」があってのご相談調査です。

徘徊の程度をお聞きするといきなりコレです👇

広い屋内でも使用されていないお部屋でよくこのような事があります。

普段使っているのなら良いのですが、滅多に人が入らない部屋はネズミも分かるのかも?

安心してかなり頻繁に「出入り」をしていそうな様子を、この「足跡」が物語っています。

チョット見ずらいですが、玄関框と造作下駄箱の下からもかじって「出入り」かな?

次はランドリ―スペースを覗いてみました。

このスペースもかなり頻繁な「出入り」があるようで、

多数の「足跡」だけでなく、独特の獣臭というか「ネズミ臭」とも言うべき臭気がします。

どうも洗濯機の裏側が気になり覗くと・・・

 

完全に移動が難しい為上からの撮影ですが、「洗濯機」の排水口がフタなしでポッカリと・・

その周辺にネズミ糞もチラホラと散乱していますね。

怪しい・・怪しい・・・(◎_◎;)

外回りもそれなりに沢山ありそうで、とても初訪だけでは確認網羅は出来ません。

「指が二本も入る通気口」・・・基本ですね(・_・;)

基礎に開いているこの「穴」は何?

配線を切断したまんまですが、とにかくネズミは自由に侵入可能であることは事実でしょう。

リフォームで「床暖房」などを工事すると殆どがココから配線を通します。

それはいいのですが、ポッキリと折られた通気口はその機能が弱体したままとなります。

屋根回りからも侵入しているのでしょうか?

「雨とい」にもネズミの上った跡がこのように付着していますね。

ものすごーく分かりずらい箇所なのですが、

この「雨とい」の周囲が増築した建物との境になり、

どうもあちこちに小さなスキマがありそうです。

 

小さな個体はこうした「壁の割れ目」や「継ぎ目」を上手く狙ってきます。

時間の関係で今回は登っての確認は出来ませんでしたが、

この☝の屋根のチョット複雑な段差は・・・・怪しいので詳しく確認が必要ですね。

「ネズミ」どころか「ハクビシン」でも侵入可能なスキマ穴でもあったら大変ですから・・

 

小平市・I様邸・ネズミ駆除調査

こちらは以前に白蟻・黒蟻の駆除お世話になったお客様からのお悩み相談でした。

聞くとどうも少し前から室内にネズミが出入りするようになったとのこと。

あちこちを見てみるとやはり典型的な箇所に沢山のネズミの足跡が・・・

これはスゴイ!(なんて見慣れているくせに・・((´∀`))ケラケラ)

特に台所は気付かないだけでかなりの被害です。

う~ん、俺は危ない!(゚Д゚;)

配電ブレーカーの配線回りがかじられています。

背の高い「冷蔵庫」の上も沢山のネズミ糞が散乱していました。

気付かないというのは怖いことです・・・(^^;)

外周回りはアチコチと気になる箇所がありました。

基礎の割れ目が床下へつながっている気がしますね。

床下もこんなカンジでいや~な予感・・・・

以前も何度かレポートしました、「床下トンネル」の気配がする玄関下です。

こんなところも・・・・

昨年のトンネルで苦労した経験は、半ばトラウマ的な心象なってと残っています・・・

床下が土壌の場合は可能な限り「床下を確認しよう」と痛感させられました。

どうやらリフォームで「間取り替え」をしたとされる「土間」の上に大量の「糞」が・・

この辺りにメインになる「侵入経路」の糸口があるようですね(^^ゞ

 

 

 

最近の害獣・害虫駆除あれこれ

「気が付いたら桜が咲いていた」・・・と言うくらい今年はあれこれと余裕がないようです。

3月中頃より集中してネズミのご相談が舞い込みました。

それも決まった特徴(偶然の事象ですが)がありまして、

みなさん被害の程度が「お部屋に出没」してしまっているのです。

最初のレポートは管理が続いているSビルです。

こちらはビルなので広範囲ではなく、とりあえず申告のあったお部屋・スペースのみの対応。

それが結局のところ次第に対応範囲が拡大して参りました。

今回当初も、もともとは対象外の「飲食店」フロア―に「ネズミが出没する」とのこと。

早速出向いてみました。

お客様が厚紙でフタをしていますが、剥がすとこの通り・・・☝

おそらく壁をサンドイッチするように換気口か何かがあり、

知らぬ間に破損・落下したことに気付かなかったのでは?と・・・

金属板にて応急処置をするしかありません。

あとはこんなところからも出入りしていました。☟

壁やレンジフードが所々真っ黒に汚れています。

フードの裏側をを何とか覗てみました。

「やっぱりなあ!~・・・」と頷いてしまう「配管スキマ」がありありと!

周囲も足跡で汚れていますね。

これは早く封鎖しないと「飲食店」には致命的です。

亀甲ネットとコーキングにて応急処置をします。

この階には他にも「飲食店」があるので、結局まとめて対応するようになりそうです。

さて次は以前紹介した鎌倉市のN様邸の封鎖工事です。

まずは下のような屋根の重なり部を金網封鎖。☟

手前の茶色い幕板のような軒部と、瓦のスキマから小動物が屋根に入れる仕組みです。

これではチョット全貌が見えないかもしれませんね。

そしてこちらのメインは5か所ある戸袋内の封鎖です。

☝戸袋内の壁側(写真左)の上が空いていますね。(約5㎝程度)

ここを金属板にて封鎖します。

最後に天井裏への衛生消毒を終えて鎌倉路を後にしました。

 

 

 

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930