害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Monthly Archives: 3月 2018

昭島市・Y様邸・害獣駆除調査

今回も害獣・ハクビシンの最新調査レポートです。

久しぶりの生息確認が出来た現場なものでこれからはチョット緊張感が走ります。

鉄骨造の3階建てのお客様のお宅なのですが、かなり前から何らかの小動物気配はあったとのこと。

まずは2階の天井裏を覗いてみます。

天井裏の点検口も皆無状態だったのでとりあえず徘徊音がするあたりに2か所設けてみました。

これが無ければ何も先に進みません。(^_^;)

この辺りは比較的新しいネズミの糞が散乱しています。

それに混じってハクビシンらしき大きな獣の糞尿もパラパラと・・・・

いったい現在の侵入相手は何者か?・・・正体やいかに?・・・(◎_◎;)

その正体が3階の天井裏を覗いていやがうえにもハッキリすることになります。👇

明けた瞬間からわずかですが2階の点所裏では臭わなかった動物臭がかすかでも漂ってきました。

まさか(゚Д゚;)・・・ドキドキ・・・

居ました・・・・・しかも・・・

👇

手前の糞尿に混じりピッタリ身体を寄せ合うハクビシンが二匹・・・

実物には久しぶりのご対面です。

しかもかなり体格も大きく感じられます。

今回の正体はコイツだったんですね。

非常に光に興奮している様子がうかがえます。。

それだけで出て行ってくれればいいのですがそうはなかなかいかないでしょう・・・(-_-;)

 

見た目は可愛いいと言えなくもないユーモラスな外見なので、

出来れば捕獲はせずにサッサと追い出して終えたいところです。

侵入口はというと・・・

主に高床式のように1階が全面ガレージになっている為、

鉄骨や配管と壁(天井=床)になる石膏ボードの隙間がかなり多いことが分かりました。👇

チョット分かりずらいとは思いますがこんなカンジです。

こうした複雑な経路を全て封鎖してゆくようになるでしょう。

ネズミ、ハクビシン共にかなり余裕をもって出入り出来る広いスキマです。

また建物北側にも大きな問題がありました。👇

木造の古い建物によくある形状の侵入経路です。

壁が地面まで設置したいで浮いている状態で、

下から覗くと構造内部が露出しておりそこから構造内部⇒壁⇒天井⇒床下などへ侵入出来るというモノ。

しかも結構スパンがあるので封鎖も楽ではありません。

スコーンと抜けた開口からこうした配管、配線を伝って侵入も可能にしていることが推測できますね。

かなり長く滞在していたようなので、果たして春の訪れと一緒に簡単に出て行ってくれますかどうか・・・

また継続レポートをさせて頂きたいと思います。(*^_^*)

最近の害獣調査あれこれ

この冬は直接ハクビシン駆除に携わることはそう多くはありませんでしたが、

今年に入りなぜか調査ご依頼が増えてきました。

特にペストコントロール協会経由のご紹介案件が増えてきたように思います。

真に有難うございます。

さて一件目は八王子のK様宅に行ってみました。

がしかしその日は雨天につき屋根回りの調査が不十分だろうということ・・・(^^ゞ

どこまで拝見できるやら・・・

外観はいかにも害獣・ハクビシンやアライグマなどが好みそうなスキマだらけの和風のお宅。

外観全貌はご紹介出来ませんが、屋根回りもかなり侵入口は多そう・・・(・_・;)

 

これだけでもネズミはおろか中型の獣でも易々と・・・って感じですね。

昔ながらのやや中途半端気味な(失礼)増築部もありこの辺りもかなり不安定・・・

侵入口の特定から積算までもかなりかかりそうです。

荷物が山積して詰まっている広縁の下もこの通り☝

先を覗くのもチョット大変ですが、

よくよく見ると土台の下が開いておりスンナリと床下へ侵入が可能のようです。

果たして完全に封鎖が出来るのでしょうか?

ココから見るとその床下経由の道がハッキリ分かりますね。

ココはチョット人が入れませんが、やはり増築部の空いたスキマです。

どうせこの先、奥はどこか奴ら害獣の獣道(侵入経路)につながっているに決まっています。

 

唯一の天井点検口から覗いてみますが・・・👇

栗の食べかす以外は殆ど糞も足跡も見当たりません・・・(;´д`)トホホ・・・

それもそのはずです。

徘徊音は前述のゴチャゴチャした増築部回りの天井裏らしく、

残念ながら天井裏がつながっていない為、

新たに増築部の天井裏を点検口作成の上確認するほかはありません。

結局この日は「かなり侵入口はあるし、しかし現状のままでは何も出来ない」、

ということが判明したということでした。

 

次は昭島市のK様宅でのネズミ駆除調査です。

コチラのお宅もスキマは多いは、被害も重症だわで悩むお宅様でした。

さて「重症」というと当然ネズミの「室内徘徊」ということになります。

早速室内を拝見してみます。

状況はこの通り・・(^-^;👇

やりたい放談ですな・・(-_-;)

何と室内の上に登ってもここまでよくぞ・・というカンジです。👇

申し訳ないですが「ネズミ屋敷」と例えられても致し方ない被害状況。

ローマは一日にして・・・ではありませんが、一日でここまで酷くなるのではないので放置が問題です。

日常てきに殆ど目にすることのないいわゆる「死角」になっている「押入れ」と「タンス」の隙間☝

ネズミの齧りカスで一杯です。

当然部屋中のアチコチに糞は散乱状態・・・

最近の年配者のお宅は二階を使用していないことも多く、ネズミの住み家になり易いと言えます。

外観や周囲環境にも問題は多いようです。

恒例というか典型的な出窓の下。

中はこんなカンジで壁沿いからスルスルと登っていけますね。

これが全長7~8mはありました。

お隣や周囲が家庭農園?をされているようで肥料になるたい肥用残飯が堆積しています。

これらもやや放置と言った趣でネズミや害虫などの衛生的側面を鑑みればかなり問題でしょう・・・(^-^;

これもいつもの典型的な箇所である木製の戸袋ですが、合計5か所が全て内部開放状態です。

これらも全て封鎖工事や消毒その他合計しても平均的駆除金額よりはかなりかかってしまう計算。

築年数による住宅価値にお金をかけることへの躊躇は、

最近特に皆様当然のようにおありになります。

残念ながらボランティアではないのでご無理な提案は皆無にしても、

最終的には「どちらを我慢されるかお客様の二社択一はこの先も変わりません。

一番賢明な選択をされることを祈るばかりです。(人”▽`)

 

最近の集合住宅駆除工事あれこれ

何時もお世話になっています。

お客様の構成上の問題かもしれませんが時を経るごとにアパートやマンションなどの、

集合住宅のねずみ駆除が大変多くなってきていますね。

それも何も30年も40年も古いアパートばかりではありません。

20年前後や中には10年チョットの集合住宅もありました。

今日は最近依頼されたアパートでのネズミSOS対策をレポートします。

まずは昭島市のMアパート。

コチラの202号室の方から室内のエアコン付近がガサゴソとうるさいとの申告で赴きました。

何を隠そうこちらのお部屋は昨年もネズミの室内徘徊があり防鼠工事に来ています。

(俺の工事が甘かったかな?・・・(-_-;)とやや心配・・・

残念ながら予算の関係で外部回りは一切封鎖的には着手しませんでした。

ですから天井裏や壁沿いは常にガサゴソと動きがあってもおかしくない状況ではあるのでした。

昨年とは違うのはここ最近で新たにエアコンを設置してもらったとのこと。

どうやらそこに原因がありそうですが・・・

押入れの天井裏点検口も以前はありませんでしたから、

このエアコン設置新設工事が原因の一端があると思われました。

そして覗いてみると・・・👇

当然のようにネズミ糞が、しかも比較的新鮮なカンジでパラパラと散乱しています。

ココまでは楽々徘徊を許していますが、

さて真後ろのエアコン配管付近を確認して驚き!?(*_*;

まあまあ・・・まさかネズミがいるとはエアコン業者も思ってもいないかもしれませんが、

この貫通穴は酷い・・・(◎_◎;)・・・☝

ここから出入りしてエアコン内部直前まで悪戯に来ていたのは確実。

見えなくてもきちんとやらなくては・・・とは自分の仕事も勿論一緒ですよ。

まずは防鼠パテを押し込んで穴のスキマそのものを封鎖します。👇

念の為細かいスキマをコーキングでも目止めします。👇

最後にステンレス板でトドメの封鎖をしてオシマイ。(^^)v

でも今後も🐭の徘徊音だけは消えることがないんだろうなあ・・・

 

次は国立市のコーポAのやはり特定のお部屋からの申告。

前のご依頼例と同様に部屋の居住空間でネズミが出てきているとのことです。

コチラのアパートは「基礎通気口」だけは塞いだばかりです。

お部屋にネズミが飛び出した報告は初めてです。

玄関に入り真上にある分電盤を一見してニヤリです。(*^_^*)

カバー内部の貫通穴付近に鼠糞が・・・配線の表面をかじった跡もありました。☟

この通り電気配線の芯が丸見えです。

ネズミが感電して中で死んでなくて良かったとも言えます。

しかしこれが家事などの原因にもつながり一番怖いのですが・・・

まずはこの穴をコーキングでサッサと封鎖してしまいましょう。

他にも和室の長押付近にも徘徊跡が見られます。

これもいつもある実例の一つですね。👇

足跡ビッシリのこの長押を見て女性入居者の驚いたこと驚いたこと!(;゚Д゚)

別に脅かしているわけではないんですけれどね(^^ゞゴメンナサイ

これもいつものようにステンレス金網を装着して封鎖をしておき完了です。

しかしこの建物は通気口の封鎖だけでは全く不十分ということが分かり、

特に床下経由の侵入口等の特定が必用かもしれません。

1~2年前本の近所で苦労しながら施工したアパートのようにこの先苦難が予想されるのでした・・・

 

 

 

 

 

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031