害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

我が心の怪獣ガレージキットと「イノウエアーツ」探訪②

お久しぶりです。

今年も残すところあと数時間となりました。

本当に今年は「出来すぎ」、「上出来」の一年でありました。

特に10月~12月は全速力で駆け抜けたように、昨日からの年末休みに入り、

ドドッとめまいのように疲れが出てきています。

「自分は実はこんなに疲れていたんだなあ・・・」とチョット驚いてもいます。

永い間「緊張感」で風邪もひかずによく持ちこたえていたものです。

とにかく今年は最後の最後まで、関係者一同の皆様に感謝で一杯です。

 

その代り好きな「造形」はなかなかできない年でもありましたね。

そのストレスは好きな怪獣ガレージキットをいじって解消しましょう。

今日の「イノウエアーツ」探訪②は、「サンダ対ガイラ」です。

作品自体も東宝特撮映画の中でも1,2を争う人気の作品です。

では早速主人公の一体「ガイラ」の登場です。

DSCF5689

 

最初にこのガイラを見て「これだけで何も言うことはない」とう気持ちになりましたね。

似てる、似てないではないんですね、井上さんの作品は・・・

力任せに「サンダ」をねじ伏せる「ガイラ」の凶暴さを表現してあまりあると思いませんか?

そして「サンダ」です。

DSCF5692

 

「怪獣」でありながら「優しい心」を持つ「サンダ」の哀しみに満ちたこの表情も、

これまた惹かれるものがあります。

この二体をガッツリデコレーションするのがこのベースプレート。☟

DSCF5691

 

映画の通りのロゴをあしらったベースがニクイです。

形だけでも乗せてみました。☟

DSCF5694

 

何時かは完成させたいものです。

確かに細かいディティールやデッサンやら問えば、

現在の原型師の方の方がきっと優れていることは言うまでもないかも知れません。

しかしそうした欠点も持ってしても、十分カバーできるだけの・・・う~ん、

何と言いますか、「永い時間」の経過に耐えうる作品のような気がします。

詳しいことは分かりませんし言い尽くされているとは思いますが、

ガレージキットという枠を超え、本人の意思を超えて「芸術」まで高めたのが井上雅夫さん・・・

それが今でもファンの心を捉えて離さない「イノウエアーツ」作品の血脈ではないでしょうか・・・・?

おまけにアオシマのメーサー車も登場。

DSCF5698

 

昔はこうしたメカもガレージキットがありましたが、

いかんせん高価なうえ希少だったので学生の私には「高値の花」でした。

それがここまで立派な「完成品」が低価格で入手出来るとは有り難いことです。

 

 

 

 

2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930