害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

我が心の怪獣ガレージキットと「イノウエアーツ」探訪記⑨

どうやら来年はもしかしたらしばらく「造型封印」に近い態勢になってしまうかもしれません。

少しずつですが仕事について「ステップアップ」への挑戦を計画しているので、

とても新規造形の余裕は無くなりそうで・・・・( ノД`)シクシク…

こうしたコレクションなどの紹介ばかりで「うっ憤晴らし」するしかなさそうです・・・

今回は久しぶりの「イノウエアーツ」キットの紹介です。

今回は通称「歩きキンゴジ」というイノウエアーツお得意のディオラマキットです。

しかしチョット残念ですがオリジナルではなく、

後年「ジーンズ工房」から再販された一品ですが、今や贅沢は言えません。

完成写真をパーケージでご覧ください。👇

dscf3077

まるで映画の一シーンを切り取ったような素晴らしい出来はさすが「イノウエアーツ」です。

再販パッケージの写真をもう一枚👇

dscf3076

本来は当時、「クラッシュオブゴジラ」のシリーズ展開だったのか?

単にパッケージはどうでもよかったのかわかりませんが、

同時期の「踏ん張りキンゴジ」や少し前の「新・モスゴジ」なども箱が同じだったようで、

パッケージの外観だけでは非常に紛らわしかったに違いありませんね。

嬉しいことに「イノウエアーツ」の楽しみの一つである「お遊び」インストも、

キッチリとコピーしてくれていますね。!(^^)!👇

dscf3078

 

怪獣少年というネーミングがニヤリと泣かせてくれます。

今なら「怪獣中年」とでもすればウケるのかな?

dscf3079

これほど「遊び心」と「愛情」いっぱいのインストは、

後にも先にもわたしは見たことはありません。

いい時代ですねえ・・・

さて中味はというと・・・

dscf3080

割とちいさ目の箱にめい一杯「詰め込んでいる」カンジなので、

パーツビッシリ感であふれています。

dscf3081

世間で言われるほど「ゴジラ」自体のパーツのズレなどは、

幸い私のキットには殆どありませんでした。

唯一残念なのはベースが薄い為、やや反り返ってしまっています。

(これは何とかならなかったのか?と悔やまれます)

まあこの通り顔や👇、

dscf3083

うねった「尻尾」などなど、本体はこの通り素晴らしいので良しとしましょう😊

dscf3084

ベースは大型のデコパージュや木製ベースに埋め込むように、

自分で自作ディティールアップをすれば良いだけですもんね。

最後にパッケージ裏に表記されたキット詳細です👇

dscf3085

あらまあ、ボケていましたね(^^;)ごめんなさい・・・

次回は年末か年始か、イノウエアーツの中でも特に気に入った名作を紹介。

偶然ですが前回ご紹介した「モスゴジ」の後に発表された「新・モスゴジ」。

またしても「組み立て済み・完成品」ですが、

「箱付き」でしかも当然ソフビ版ではなく堂々の「キャスト版」で入手出来ました!

オーナーがストレートで組まれただけで一切の手が加えてない為、

一旦ばらして「サフ吹き」の上、改めていずれグレードアップリニューアルです。

お楽しみに(@^^)/~~~

 

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728