害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

鎌倉市・T様邸・ネズミ駆除調査

またしても今回は鎌倉市のお客様からのご依頼。

だいぶ遠方なのですが、

頑張って伺える限りは「ご期待に応えよう!」との想いではせ参じるのです。

しかし今年は鎌倉方面のご依頼に奔走させて頂くことになりそうな予感・・・(◎_◎;)

 

さて今回の相手はてっきり「ハクビシン」や「アライグマ」かな?と思いきや、

どうやらネズミの様子でやや拍子抜け・・・

というのもそれだけ地域的に大型の害獣生息が多いからなんですね。

さて早速調査開始!

外回りをいつものように何気に見ると、いきなりこれでした。☝

通気口がポッカリと前歯が全て折れて痛々しくも口を開けています・・・

(本当にネズミなのかよ~)

ネズミだとするとここも怪しいかもしれません。

外壁を重ね貼りしたためのスキマなのですが、問題はその間を通る配管の行方・・・

壁の間を登って必ずどこか内壁へ貫通されているはず。

その貫通した穴の周囲がどうなっているか?・・・

確認出来ない限りココも封鎖しておくに越したことはありません。

ううぉ~!ボッコリ開いた陥没穴の中に塩ビの配管が露出しています。

完全にトンネルとしての侵入経路のようです。

丁度昨年の今頃、品川でもの凄い陥没穴からのトンネル侵入がありましたっけ・・・(゚Д゚;)

配管からみの外側からのトンネルは都心の下町の専売特許と思っていました。

いたるところがこの通り☝で悲しくなります。

これでネズミだとしたらまだ多少ラッキーかもしれませんね。

大型害獣なら家屋への傷みの影響が全く違いますから・・・

これもいつもの通りの「戸袋内部」のスキマです。

これで典型的な侵入口は全て揃っていると言ってもいいカンジです。

変わったところではこんな箇所もあるようです☝

サッシと壁の取り合部にスキマが出来ているようです。

20~30㎜もあるのでネズミは十分可能なスキマですね。

そして真打はココ👇

これもやはり「典型的」な害獣の屋根侵入箇所です。

屋根の重なった「軒天」の一部が劣化で剥離破損しているようです。

確か昨年末にハクビシンがこのような軒天を破壊してまで侵入した例がありましたっけ・・・

思えば本当に色々な例を経験してきたものだ・・・と変なとこで感心してしまうのでした・・・

 

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031