害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

最近の害獣駆除のあれこれ

今回はネズミやハクビシンなどに代表される害獣関係の作業報告です。

まずは国分寺の店舗ビルの報告からです。

この日は地下店舗の倉庫に多発、悪戯するネズミの封鎖工事です。

まずは一杯保管されている物品などの搬出を行い作業空間の確保が大変です。👇

(これでやっと何とか作業可能かな?・・・)

改めて隠されていた箇所、部位が露出されるとその侵入経路の多さに辟易・・・

例え出入りに使用されていなくともこんな☝箇所が無数にあるので予防封鎖もさらに多くなります。

分電盤ブレーカーんどは基本です。

周囲の汚れ具合からもココは現在使用中の出入り口の一つでしょうね・・(^^ゞ

バックヤード、倉庫の類はある意味「建造物」の裏側なので、

構造体のスキマは発生していてもさほどうるさくありません。

しかしそこがネズミには好都合ですね。

金網で封鎖中ですがブロックとコンクリートの割れスキマから配管が露出・・・

配管はネズミの出入りで真っ黒に汚れています。

いわゆる一目に触れない範囲は概して「大雑把」なものであることが多いのです。

床から天井まで複雑に割れたスキマに金網を埋め込んでゆくのは神経を使う作業です。(^^ゞ

他にも小型のネズミは出入り可能なこんな箇所👇や

どうも浄化槽?らしき空間と繋がっているこんな配管穴・・・など

さほど大きくない面積空間の中で多くの危険部位を封鎖したのでした。

荷物の復旧は店舗の方が手伝ってくれた為助かりましたねえ・・・(^^ゞ

 

次は八王子のU様、アライグマ対策の終盤です。

こちらは早々にアライグマの親子ともども退散してくれたようで想定以上の安堵感で残りの作業が進められました。

前回「屋根回り」のハッキリした侵入口を封鎖したので今回は渡り廊下の下の空間に金網を装着です。

本当はタテに金属板で覆う計画でいましたが、

お客様より「廊下の下の空間は開けておいて欲しい」とのことで床組みに平行した網を装着することに。

この作業もスッキリしない天候のスキマを縫って行い、ややお待ち頂きスミマセンでした・・・

この後は天井裏の清掃や消毒が残っています。

出て行った直後の足跡でしょうね☝

大きさがそれぞれ違うので右が親の足跡、左は子供の足跡のようです。

コチラにもまるでハンコのような足跡がありました。

よく親子連れでササっと出て行ってくれたな・・・と逆に感謝してしまったりして・・ハハハ・・・(^^ゞ

ハクビシンとは全く違う「生々しい」糞もすっかり「石ころ」のようにカチカチコロコロです。☝

嫌な仕事はサッサと終えてしまいましょう・・

この時点で2回の消臭・殺菌・殺虫消毒を実施しているので悪臭などは全くしませんが・・・

天井板の尿染みだけはどうしようもないことを理解頂き、ほぼ作業全体の終了と相成りました。

メデタシメデタシ・・(;_;)/~~~

 

 

 

 

 

2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930