害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

本年こそは復活へ目指して頑張ります!

明けましておめでとうございます。

なんと創業初の約一年ぶりのブログの再開と相成りました。

これには色々と昨年一年間の体調不良などがあったわけですが、

なんとかこの令和新年を契機に再開を果たすことが出来きました。

友人の中には「HPたまに覗くけどずっと更新していないね・・・どうしたのかな?」

とメールをくれ心配してくれる人もありました。

「健康」には自負があったわたしだっただけに、

今まであったことのない心身の痛みに眠ることのない日々も過ごしました。

しかしそれに替わる家族や友の愛情や、様々な「苦悩」や「苦痛」で苦しむ方のお気持ちが

少しでも理解することが出来るようになった一年だったと思います。

それは長く続いた(現在も続いていますが)「苦しみ」を本当に価値ある経験と、

今は冷静に解釈を出来るまでになりました。

 

また昨年も日本のあちこちで風雨災害が連続し、現在も生活に困窮され闘っておられる方が大勢おられます。

私の地元「あきる野市」でも「まさか」の床上床下浸水で家屋が半壊、全壊される地域が続発・・・

↑被災直後の野球上は全て汚泥化されました。

↑川沿いの住宅や車はこの通り・・・唖然とするしかありませんでした。

とっさに「これは何かお役に立てないだろうか・・・お役に立ちたい・・・」と思いもしました。

↑土砂崩れの中で家財道具を洗って乾かして、選別に追われる被災の方がを前に、

「経済や文明」と「自然環境」のありかたと・・・

「やるせなさ」に「私の人生観」へ思索の一滴を投じてくれた気がしました。

そしてそれから市役所の生活環境課の方々からの消毒相談が舞い込み、

昨年の秋は多くの地元被災者の方々へ微力な支援の一端を担わせていただくことも出来ました。

↑床上1メートルまで汚泥に浸かった住宅は大部分が畳も床板もかたずけられており、

衛生消毒自体の我々の労力は軽減されていました。

↑ある飲食店を兼ねる住宅ではこの通り、内壁のかなり高さまでが泥で剥がれてしまい、

残念なことに今後はお店は閉めてしまうとのお話をお伺いしました。

「たいしてお力にはなれないのだなあ・・・」

それには消毒しながらも非常に「無力感」のようなものの襲われながらの作業でした・・・😢

それでも今年も都民や市民の方々の日々の「お困りごと」に、

本気で寄り添う「害虫駆除・消毒業者」に大きな一段を上ってゆけたら幸いです。

それは自分自身の「心身の苦しみや悩み」にも同時に寄り添い解決の一歩を上る闘いでもあるでしょうね😊

 

 

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031