害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

近況と練馬区・G様邸・害獣駆除

災いというものは本当に続く時は連鎖のごとく続いてしまうものです。

昨年は私自身が遠方でケガの為に救急搬送・・・痛みとの闘いは今も続いています。

とは言え、こうして仕事が出来ていることは本当に感謝するしかなく、

世話になった友人夫妻の「恩義」は生涯の財産となりました。

それに続き昨年秋の地元での大規模な「豪雨災害」・・・

個としての人間の限界というか無力さというか、

生きる上で「何が本当に大切か?」を浮き彫りにさせられるアクシデントが頻発しました。

そして今の「コロナウイルス」による人類の危機・・(大げさではない気がします)

そのさなかに先日義母が78歳の生涯を全うされました。

目の前の一人の人生の終焉と、地球規模の大異変との闘い・・・

私自身も落ち着かない「見えぬ不安」を抱えながらも、

こうして何か記事を発信するしかない今日この頃であります。(-_-;)

はやり「先の見えない不安や恐怖」に打ち勝つには、どうでしょう?

いつ、いかなる境遇になろうと一切の悔いもなく今日を生きることが出来た幸せ感・・・

それに絞られるのではないでしょうか?

どんな困難な状況でもそれを楽しむくらいの境涯になりたいものですねえ(;’∀’)

 

更新がまたまた遅れましたのも、

そんなトラブルやアクシデント続きな中でお仕事はたくさん頂き、

まあ・・・時間と身体が悲鳴を上げていまして・・・などというありきたりの言い訳なんです。

さてまずは練馬のG様邸の害獣駆除からのレポートです。

上は天井裏にデカデカと付着した大型動物の足跡☝

ネズミも徘徊していたようですね。

人の入れない擁壁のスキマの下に経路がありそうなカンジです。

和室の広縁の下に増築時に発生した基礎のスキマがありました。

ココからも床下へ侵入出入りが出来そうですね。

☝はどうかなあ・・・

ネズミという視点ならレッドゾーンですが大型害獣は微妙という感じですが?

封鎖するに越したことはないでしょう。

ということで調査・提案後に引き続き駆除作業のご依頼を頂きました。

最初は調査時に詳細の確認が出来なかった、建物と擁壁の間の不穏な場所の確認です。

和室の床下からなら、容易に確認できるはずです。☝

ドンピシャ!ありました!

真ん中に写るはガランと開口されたままの大きな「基礎通気口」です。

「以下、閲覧注意!」てな程ではありませんが・・・

ネズミの糞の下の断末魔の顔のようにパックリ口を開けたままの猫の頭部がありました。

☝の通気口から侵入して死んだ後、ネズミの餌になったと思われます。

異臭に気付かなかったのが幸いと言いますか・・・微妙なところ。(;´Д`)

そしてこれもまた不思議な例のあまりない状態が。↓

増築された範囲なので以前は地上に露出した「排水桝」か何かだったのでしょう。

☝から覗くと・・・

フタが落ちて割れているようです。

古い配管経由でネズミは入ってこられるかもしれませんね。

今日は出来得る限り「封鎖」をしてしまい数日「動き」を経過観察することにします。

やはり床下は施主様がご覧になる機会はまずないと思われ、

「え~うちの床下ってこんなだったの!・・・」と驚かれることも少なくありません。

それにはいろんな意味においてなのです。

「見えない場所」だからこそ胸張れる仕事をしたいものです。👊