害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

最近の調査案件・八王子市・K様・八王子・T様

お仕事の多忙と、季節の不安定さと、世の中の混沌さと騒然さと・・・・

なかなかシンドイながらも頑張っておりますが、

どうしてどうしてやっぱり記事の更新がコマめにゆかないのが歯がゆいところ・・・

 

この2~3週間前後は半分以上は新規のご相談・調査お仕事でありました。

まずは八王子市のT様宅です。

どうも聞き取りによると「天井裏でみや~みゃ~という鳴き声が聞こえる」というお話・・・(^_^;)

(は~イヤな予感・・・しかも時期が時期だもんあ・・・)と胸騒ぎを抱えつつ伺いました。

ザックリ外周から拝見すると・・・

戸袋はご覧の通り大きく空いておりますが周囲に出入りの痕跡はありませんね。

最も現状放置は決して良いことではありません。

↓は文章での説明が難しいのですが、増築した半外部?(構造体が露出したまま)のような

範囲ですね。

こうした納屋のような作業スペースのような箇所はたまに見られます。

日曜大工的に御家族がされるケースが多い感じがします。

物理的にはネズミなら侵入出来ると思われるスキマが点在しますね。

やはりコレはほぼ外部といった方が良いかもしれませが非常に複雑な経路が存在しそうです。

究明と解析には訪問と時間が必要です。

板金屋根には肉球のハッキリした痕跡が点在しています。

こいつの痕跡をもっと探したいところ・・・

みゃ~みゃ~の鳴き声の主ですな・・・(;´∀`)

この辺りの屋根壁周囲も、家屋の劣化や過去のリフォームから発生した隙間がどうもありそう・・・

ありましたねえ・・・☝

足場が無いと「波板」の屋根に乗れない為に遠方からの確認ですが・・・

足跡の割と近くのコレは濃厚な箇所かもしれません。

足跡の激しく集中する範囲をたどると、どうも移動経路が推測されてきました!

というところで残念ながら今日の調査は終了(;^_^A

というのも「時間切れ」ではなく、室内側からの「点検口」が皆無という理由からです。

天井裏をなるべく広く眺望できなければチョット先には進められず、

ましてや「子供」の存在が危惧されるので「捕獲」も優先出来ません。

「まずは床を開口してから先に進みましょう」ということでご依頼を頂きました。

 

次も八王子市でK様宅の調査でした。

こちらは以前からネズミ騒ぎはあったようですが今回もそうなのかは?です。

伺ってみると外周は結構「典型的な」侵入経路が幾つも点在しているようです。

おなじみ?のふかし壁下空間ですね。

真っ先に目に入る危険範囲です。

底板のベニヤはご覧のごとく劣化破損、壁側の空間は上れるようになっています。

金網や金属板の封鎖が必要と思われます。

戸袋も写真のように大きなスキマが存在↓

少々ネズミの引っかき傷がありますが写真では少々分からないかもしれませんね。

サンルームと板金庇の上には「肉球付き」の足跡が無数に点在しています。

そしてこの「庇」も軒天が劣化破損していました。

小動物の出入り箇所の一つである可能性は濃厚です。

もう一つ反対側にふかし壁下空間がありました。

下から覗いてみます(;・∀・)

やはり基礎と土台の間にスキマ空間が存在し、

いくらでも床下へ通じることが可能でした~( ノД`)

コレだけでも結構な侵入箇所なので、(これで終わりか~)と思いきや・・・

なんだか胸騒ぎ的予感もあり、

建物を遠方から眺望しビックリ( ゚Д゚)~そして(見落とさず良かった~)です。👇

二階の軒天井が劣化してパックリと開いているではありませんかあ~ショック!

こちらもどうやら今回はネズミではなくハクビシンなどの中型害獣であるようですね。

早速対策案をご提示します。

 

 

 

 

 

 

 

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031