創衛社

害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

1 122 123 124

小金井市・W様邸・白蟻防除工事

さて前回の予告通り、W様邸の実際の「白蟻駆除」施工例をご報告いたします。

DSCF0225

 

私たちの仕事はたいてい1日~かかっても2日程度のものですが、その仕事の性質からも、

作業自体が大変汚れることもある為、その準備と後片付けに非常に時間を要します。

上記のように駐車場に空きスペースがあれば、大変効率的な作業が可能となり有難いのですが、

日本の住宅事情としてはそうした御宅は決して多くはありません。

DSCF0236

 

そして特に時間がかかるのが、前回の調査で触れた「養生」です。

これはどこまで手間をかけるか「業者」ごとの考え方で別れるところです。

DSCF0237

確かに時間やコスト的には「養生」を簡易的に済ませれば、効率的かもしれません。

私の経験で恐縮ですが、私たちもキッチリ養生することで「思う存分業務に専念出来」、

「片づけも楽」です。

またお客様自身も「馴れない人間」による工事に神経を使う必要がなくなる」と思います。

ただしそこは「工事会社」の考え方なので、わたしが唯一絶対の正解とは思いません。

現在の「白蟻防除工事」は「日本白蟻協会」の認定する各仕様に沿って行うことが基準とされています。

 

以下順次触れますが、大きく分けると①床下からの「土壌」(または土間コンクリート)、「床組み木部」への薬剤散布と、

②床下は無いが、外周基礎上の土台への外部壁面より薬剤を注入するという二つの行程が必要とされます。

しかし昨今は「調査」を依頼され、赴き始めて困惑し悩む現場が多いのです。

例えば「もともと床下空間の高さが低く人間の侵入が不可能」などが点検的な例です。

みなさんの御宅の「点検口」はどこにありますか?

床下は人がもぐれそうですか?

確認してみてください。

DSCF0234

 

さて上記が「壁面処理」と言って、「床下」の無い範囲や潜れない範囲の土台等に薬剤を噴霧する方法です。

なるべく「薬剤」は「目視」しながらの直接噴霧が当然「精度」が高いので、

「壁面処理」を止むを得ない場合を除いて、その範囲は少ないに越したことはありません。

DSCF0233

 

こうした玄関ドアや勝手口ドアの木製額縁などは直接地面に接していることが殆どの為、

腐り易く、典型的な「白蟻被害」の温床になります。

また近年減りつつありますが、タイルの在来浴室なども床下に潜れない為、

(床下が無い)浴室タイル目地よりドリルで穿孔して薬剤を壁面内~土台へ注入散布します。

 

 DSCF0240

これは土壌への散布中の後継です。

一般的には1㎡あたりの薬剤散布量は3㍑と言われますから1坪では約10㍑近くを散布することになります。

現在一部の中には「薬剤散布」での防除による「人的被害」や「環境被害」を唱える方もおられますが、

「防除(予防)ならともかく、目の前の「白蟻生息」や「被害」の進行を止めるのに、

それ以上の有効な手段や方法はまだまだ現実的ではないでしょう。

今後も皆無とは言い切れませんが、私がこの仕事の関わりの中で「気分が悪くなった」とか薬剤散布が原因で、

「治療」や「通院」の必要に迫られたという方はまだいらっしゃいません。

 

DSCF0239

そして床を支える「床組」木部への散布になります。

これは特に被害の生じやすい玄関「土留め板」と土台への散布ですね。

この部分を狙って白蟻が侵入してくるのです。

新築よりもリフォームで大事に永く住み続ける時代だからこそ、

内装と同様とまではいかにまでもせめて外壁と同じくらいに、

「見えない床下」にも関心を持っていただきたいものですね。

「見えない」かもしれませんが、ご自身の「健康診断」と思って「信用」に値する業者に丁寧に見てもらうことです。

なにもやみくもに「工事」をする必要もないケースも多いです。

「健康診断」も治療を必要としないが、「経過観察」で済むことも多いでしょう?

まずが現状を知ることです。

次回は「白蟻はあなたのお庭にいます」というレポートです。

小金井市・W邸・白蟻調査

こんにちわ。

今日は最近実施した「白蟻調査」の「調査」~「駆除施工」までを、簡単にご報告したいと思います。

今回はK工務店にご依頼を頂いた、小金井市のW様邸の白蟻調査からご覧頂きたいと思います。

DSCF0196

上記は「調査」に際し行う「侵入口」(床下収納庫や和室の床下開口)周囲の養生です。

粉塵によりお客様のお部屋の損壊や汚れを防止するために実施します。

消毒等、実際に施工する場合はさらに頑丈に精度高く実施します。

さて実際に「床下」へ入ってみましょう。

DSCF0197

 

画面ではカメラの広角により、実際の「床下」より高く見えますが、

ほとんど地面から土台までは450~低いと200ミリまで様々です。

またこうした「配管」や「根がらみ」というものまで充満していますと、我々専門のプロでもなかなか厄介になります。

ちなみに私は潜れる床下の高さの最低値は180ミリ前後なので、

会社務めの時代は誰も潜れない低い床下(これが意外に多いのです)では重宝された思い出があります。DSCF0211

今回見て頂きたいのはコレ、見事な「白蟻の侵入経路」とその「被害」です。

 

 

地面から上に「蟻道」という通り道を作りながら「束石」を通過し、「束柱」まで至っています。

「束柱」は三分の一程度の食害なので、K工務店様にて「鋼製束」に交換されるとのことです。

DSCF0212

 

上記は「大引き」まで「蟻道」が至っている例ですが、幸い中身までは被害に至っておらずホットしました。

また我々の仕事は経験上、ついつい自然に目に触れてしまう「懸念事項」がさまざまあります。

さてこれは何でしょう?

DSCF0224

 

少々分かりづらいですが、この床下配管に点々と残る痕跡は・・・たぶん「ネズミ」の足跡です。

DSCF0221

 

そしてこの「通気口」の破損スキマも、ネズミの侵入口の一つです。

調査直後のお客様にこの旨をお話したところ、やはり数年前より「天井裏」にてネズミの被害があったとのこと。

この他にも「床下」からは、「漏水」や床組(土台・大引き・根太など)の劣化、「カビの発生」だけでなく、

最近は「耐震」を左右する「基礎の劣化」などまで拝見・調査するようになってきています。

昨年の我が家の「リフォーム」でも改めて痛感しましたが、

建築業者では特に「業者の優劣」が全てを左右すると言っても過言ではないと思います。

また「優良な業者」と出会うことは、これが業界内にいてもそう簡単ではありません。

かくいう私自身も選ばれる「優良なプロ」でありたいと願わずにはいられません。

次回は後日実施した、こちらのW様邸の実際の「白蟻駆除」を簡単にご報告いたします。

 

始めまして!

このたび「あきる野市」にて「害虫駆除」ならびに「環境衛生」関係の仕事を始めました創衛社の篠と申します。

私たちの仕事は、「一般の方々」には案外分かりにくく、少々疑問多き点もあるかと思います。

ブログを読まれた方々には、そうした「疑問」や「不安」を少しでも解消して、一歩踏み出して頂けるよう「日々の仕事」を紹介していきたいと思います。

またもう一方で、「わたし」という人間をチョッピリ興味深く知って頂く為に、仕事以外の生活側面も少しでも面白可笑しく紹介してゆくつもりです。

「建築」という範疇の仕事はやはり、いつまでも「人の手」が欠かせないものである以上、仕事の出来、不出来もその「人」によって大きく左右されると思うからです。

実際にわたくし自身もこの秋、自宅の大きなリフォームに携わりましたが、幸いに関係する「職人の方々」すべてに恵まれ、その仕事の殆どが期待以上に納得するものでした。

そんなことを思うわたくしですが、今後少しでも「関心」~「納得」~「期待」などしていただけるよう「仕事」にも「遊び」も「人生すべて」を楽しむつもりで書き綴っていきたいと思います。

 

1 122 123 124