害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

旅人

奥多摩・森のアースガーデンへ

何時も紅葉って気が付くと色付きが深まっていませんか?

だから改めて鑑賞するには過ぎ去るスピードが速すぎる気がします。

本当に残念です(^^ゞ

秋の味覚も殆どじっくりと味わうことが出来ない年だったかも?・・

今日はスキマの時間を上手く使い、地元西多摩の紅葉をササ―っと楽しんできました。

というか以前から「ココに行きたい」という奥さんの要望と約束を果たす為?(;^_^Aの小ドライブ。

目的地は奥多摩街道沿いの「森のアースガーデン」という洒落たお食事やさんです!(^^)!

多摩川の上流はこのようにホント「今が旬!」といったカンジの紅葉具合です☟

そしてこんな寒いのになぜかカヌーをしている人が結構いらして、

何だか眺めている方が余計寒くなるような・・・(~_~;)

でも優雅でいいですよね・・・

そしてやっと到着しました。

可愛らしい看板がチョット高揚感(紅葉感?)を高めてくれるようです。

周囲の景色がまた絶品!

奥多摩だけあって軽いハイキングや登山帰りの方も多いようでした。

おなかが減った後にキット立ち寄るのでしょうね。

お店までは少しのお散歩が必要なようで、

素敵な橋を渡ります。☟

橋の上からお店の屋根が見えました。☟

何だか「隠れ里」のようなたたずまいが本当に優雅・・・

鬼平なんかの時代劇のロケ地に出てきそうですね。

楽しみ楽しみ・・・

足を渡ると少し下り坂を降り、建物が見えてきます。

そしてやっぱり「時代劇」にマッチしている~と一人で興奮します。(^^ゞ

平日というのに結構客入りは良いようで混雑しておりました。

次から次へといかにも「美食家」のような紳士・淑女がお見えになります。

一応犬も同伴可能ということでしたが「だいじょうぶかなあ?・・」と、

恐る恐る周囲の探索がこれから盗みに入る盗賊風でチョット怪しい・・・(◎_◎;)

奥のテラス席に通されましたが「寒い寒い~」・・・のでした。

ふくちゃんがいるから当然と言えば当然ですよね・・(;’∀’)

しかし寒い中で楽しむ肉料理がまた格別です。☟

これは奥さんが注文したポークソテー~

こだわりのお肉は舌に肉の繊維が絡みつくようなおいしさです。

私は炙り肉を注文。☟

チョット私にはボリューム感が足りないかな?(;´∀`)

もう少し年配者には丁度いいボリューム感かもですね。

でもすべての素材に対するこだわりはやはりこの近辺ではなかなか食べられないかも?

ふくちゃんはいつもよりちょっと多めのおやつをもらいシアワセ~🐩

「食べるより散歩したいよ~」と言いたげなこの表情☟

すれ違う人たちがみなふくちゃんを見て思わず笑顔をほころばせます。

でもそれにしても寒かったな~( ノД`)

そうこうしているうちにあっという間に殆どが落葉してもうすぐ真冬がやってきます。

皆さんも短い短い「紅葉」を今!楽しんでくださいませ。

 

 

 

いつもの遅い軽井沢バカンス?

この仕事を初めてシーズンオフに出掛けることがすっかり慣れてきました。

と言いますか混み合う時期に出掛けることはもはや考えることも無くなりました。

もっともその時期にしか体験できない、味わえない物事や事象もたくさんあるんでしょうけれど・・・(◎_◎;)

今回は二年振りに軽井沢に行ってみました。

前回も同じ季節でしたが残念ながら雨天で宿もイマイチで、楽しかった印象があまりなかったんですよね。

「軽井沢」はこんなはずじゃなかったはず?・・

 

という訳で今回は「軽井沢楽しさ再チャレンジ」!です。

今回は幸い滞在中はずっと晴天だったのでそれだけで前回よりOKだったかもしれません。

ふくちゃんも軽井沢銀座で食事中「おやつ」をもらってうれしそう!(#^^#)

すみません、私もテラスで蕎麦をいただきま~す!

どこに行っても最近は「昼食は蕎麦」が定番になりつつあります。

ですが信州長野の蕎麦は旨いなあ・・・蕎麦湯まで違うカンジがします。

「あたしも一緒に連れっていってよお~!」てか?

軽井沢銀座もシーズンオフとあって空いていました。

このチョット「祭りの後の寂しさ」的というか、うら寂しさが秋の季節感を助長してなんとも言えないんです。

コスモスの咲く「ロマンチック街道」は本当に素敵でしたねえ・・・

昔流行った「狩人」の「コスモス街道」を口ずさみたくなりました。

 

はまた宿も100点満点でした。

軽井沢プリンスホテルの大きなアミューズメントパーク内に、ワンちゃん同伴の「ドッグビレッジ」がありました。

コテージのような宿で食事と温泉は歩いて5分のホテル本館に向かいます。

 

偶然ですが☝のビレッジ入口の看板がたまたまビジョンフリーゼだったので嬉しくなりましたね。(#^.^#)

ふくちゃんと上手く並べて写真を撮ったら「あら瓜二つ!」でした。

敷地内も広大で園内にはゴルフ場があったり、小さな遊園地もあり歩き回るには十分すぎます。

ふくちゃんも尻尾フリフリで楽しそう!

回りでキツネやタヌキはしょっちゅう見かけるとのこと。(*_*;

さすがに高山で寒いですからハクビシンはいませんよね、( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・

写真が少なくて残念ですが奥さんも今回の「軽井沢」は前回の不評を大いに覆す楽しさだった様子。

「来月もまた来たいね!」っていおいおい冗談でしょ?

 

 

羽村・チューリップまつりへGO

NHK放送で「何とかかんとか?小さな旅」ってありますよね。

私は殆ど観ては無いのですが、毎週日曜朝に母親が楽しみにしており、

昔から聞き覚えのあるあの郷愁にも似たテーマ音楽だけはよく聞いているのです。

その小さな旅ではないのですが、

意外と住んでいる周辺にも散策してみると素敵な空間があることがあります。

今回は隣にある「羽村市・小さな旅」をしてみました。(そんな大げさではありませんが)(^-^;

羽村は隣の市でもあり、「住みやすそう」かつ「利便性の良さ」は知っていました。

しかし今回の「チューリップまつり」では川沿いにある、

まるで「隠れ里」のような素敵な空間がそこに存在するとは夢にも知りませんでした。

会場は多摩川沿いの「羽村堰」の少し先ですが、平日の夕方とあって空いていました。

そして広大な面積の会場一面に咲く、そのチューリップを初めて目にした時は、

私の脳裏一面までその「赤」「黄」「青」等々・・・の鮮やかな配色に染まったようでした(*_*)

休日は結構遠くからも観光客が大勢来ていたのかもしれませんね。

いや~素晴らしいでしょう?(^^;)

普段は「桜」以外の花にも触れることのない「オヤジ」でも、

これを見れは心が洗われること疑いなしですよね。

 

真っ青な空の下に色とりどりに描かれた「花の帯」は空から見たらもっと美しいかも・・・

こういう時の為にもやはり「一眼レフ」がいよいよ欲しくなりました。

仕事用の「防塵防水カメラ」済ませている自分がチョット情けない・・・( ノД`)

我が家のようにワンちゃんの散布連れも結構おりました。

ふくちゃんもそれなりに楽しそうでした。

会場付近に古民家を改造したようなオシャレなお店もありました。

なんだか昨年行った「飛騨・高山」「白川郷」の雰囲気にも似た空間に少々驚きです。

 

お店の中を通り抜けると用水路の横にテラスがあり、

お客様がカフェしておりました。

店内に大きな水車もあり本当に素敵なお店です。

 

 

お店の前に広がる用水路の水車の下には大きな鯉が悠々と泳いでおりました。

そういえばもうすぐ端午の節句で「鯉のぼり」の季節です。

こんな素晴らしい「隠れ里」が我が家から歩いて一時間程度のところにあるとは・・・

チョットした観光気分・・まさに「羽村市・小さな旅」です。

あと少しの間、開催されているようですので皆さん、ぜひ訪れて欲しいですね。((´∀`))

2022年11月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930