害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Daily Archives: 2015年10月4日

川崎市・S邸・防鼠工事

少々前になりますが、お時間のかかっている「川崎・S様」のネズミ駆除の途中経過です。

とにかくこちらは「こんなにしぶとく狙われてしまった!・・・」というくらい、

「封鎖」~「捕獲」~「徘徊」のイタチごっこ、「知恵比べ」になっています。

建物も決して複雑でもなく、むしろ「シンプル」。

そして昔の日本家屋でもありません。

それが「こんなところまでスキマが!・・・」

また「そこを利用してまで出入りするのか!・・・」と、私自身もキャリアアップになる現場なわけです。

お客様にはお待たせして申し訳ありませんが・・・

DSCF3474

 

二階の軒天と壁の突き付けを見て下さい。

金網を差し込み、コーキング封鎖してありますね。

DSCF3473

 

これはそのコーナー箇所ですが、親指までスッポリ入る上に、光を照らすと天井裏が覗けます。

「これは登って侵入するな・・・」的箇所でした。

しかも二階の軒天ですから高さ6~7メートルにつき、封鎖が困難・・・

DSCF3481

 

やや下から写すとこんな感じ・・・と言っても「怖さ」は伝わりませんけど・・・梯子で判断です・・・

DSCF3480

 

この写真の大きな「スキマ」は「ラットサイン」も真っ黒で、間違いなく侵入口でした。

壁材がこのように凸凹で、掴まりやすくて登り易いのでネズミなら「二階もなんのその」では?

DSCF3484

 

このシャッターの上部はスッポリ開口状態・・・

正直「こんな処にこんなスキマがあっていいのか?」と疑りたくなるくらい。

建築業者に問いたいくらいです。

DSCF3485

 

ここはとても届かないので、梯子を使用した上で長手の道具を利用して封鎖。

建物外周の東西南北をグルリと梯子を移動しながらの「危険作業」・・・

さすがにヒヤヒヤ寿命が縮んだ封鎖工事でした。

この直後、ネズミが出入りに焦ったか、室内でバタバタと捕獲されだいぶ状況が急変しました。

客様の都合もあってか「訪問間隔」も空いたりですが、そろそろ収束を迎えたいところです。

 

?十年振りの「軽井沢」探索レポートその②

という訳で引き続き「軽井沢」レポート二日目です。

あれからも随分涼しくなって、今頃はまた違った「軽井沢」の趣を醸し出していることでしょう。

さて二日目というと、「天気予報」通りの朝からの「雨天」・・・・

確かに行動も限られてしまうし、チョット「ガッカリ」・・・もするのですが、

なぜか「軽井沢」というところ、「快晴」よりもなぜか「曇天」や「雨天」が似合ったりするんですね。

DSCF3637

 

いかにも「軽井沢」といった「ホテル」の朝食です。

「軽井沢」という土地は海の向こうの「貴族」や「宣教師」の「避暑地」として、

歴史が始まったようです。

ですから典型的な宿の食事は当然「洋食」・・・

ですから「土産」は「ジャム」と「ソーセージ」と「高原野菜」・・・に尽きるそうですね。

DSCF3644

 

朝も温泉に入りゆっくりしてしまいました。

そそくさと出立の準備です。

ふくちゃんも「かばん」の中でおとなしく待っていてくれました。

結局、「旧軽井沢銀座」の昨日回れなかった範囲をブラブラすることに・・・

DSCF3654

何だか「雨」でしっとりと湿ったカンジがいいですね。

DSCF3651

 

こんなオシャレなお店やレストランばかりなんですが、残念ながらお休み。

なんとなく私の脳裏には、昔流行った「狩人」という歌手の「コスモス街道」の歌詞が・・・

「バスを降りれば・・・からまつ林・・・日よけの下りた白いレストラン・・・

秋の避暑地で出会う人はみな・・・なぜか目を目を伏せて・・・

なぜか目を伏せ歩きます・・・」

う~ん・・大人の雰囲気というカンジでした。

DSCF3646

ふくちゃんは「待っていてね!」ばっかりで少々不満だったかな?

せっかくオシャレ着なのにねえ・・・

DSCF3649

 

そして「軽井沢」を象徴するような、そして「典型的」な、多くの別荘を隔てで無数に走る、

林の囲まれた通りの数々・・・

「お土産や」の人の話によると、ひっそりと隠れるようにたたずんでいる別荘はみな、

有名人や政治家の所有が多いとのこと・・・・

何人か名前を教えてもらって、チョットびっくりでした。

「でもこんなところに別荘は永遠の夢だね・・・」・・・というサミシイ夫婦の会話なのでした。

そして今度はやはり、「晴天の日の来たいものだ」、と「軽井沢」を後にしたのでした。

 

 

 

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031