害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Daily Archives: 2017年4月8日

小平市・S様邸・ネズミ駆除調査

今回の方はまだ「室内徘徊」は無いのですが、

天井裏の「徘徊音」で悩まされての御相談調査でした。

綺麗にリフォームされている大きなお宅は築年数はかなりあるそうで、

表向きでは確認しにくい「出入り口」があちこちありそうです。(◎_◎;)

と考えながら眺めて、真っ先に近づいて確認した場所がココ👇

いやはやネズミの足跡がハッキリ付着した「戸袋」の戸出し口です。

どこのネズミもここまでハッキリ教えてくれると有難いのですが・・とも言うくらいでしょう?

中はこの通り☟

やはり外壁は綺麗でも壁の中は年代物の「土壁」のようです。

従って下地材が貼っていない為、スルスルと壁の中へ侵入可能ですね。

壁~屋根も詳しく探ってみましょう・・・

現在の侵入はなさそうですが、予防として封鎖が必要な箇所でしょうか?☝

こうした場所も同様です。

コチラも現在の侵入に使用はされていないようですが、

予防も込めて封鎖が必要な箇所として「瓦」の段差部ですね。

見慣れない個所なので、特に局所での画像では分かりずらいですが、

このブログでは頻繁に紹介している「侵入箇所」の一つです。

そしてこんな場所もチョット変わった怪しい個所として「要封鎖」かもしれません。☟

園芸用の細いポールを収納している「外納戸」ですが、板壁は家屋本体と繋がっています。

従ってこの部分の板壁の厚みの分だけ底が開いており、

家屋本体の壁の中へも繋がっている可能性があるのです。

下からカメラを写すとこの通りですから・・・

この配管がどこかへ「穴」を通じて通っているはずです。

その周辺も含めて怪しいですね。

コチラのお宅はすでに封鎖が終わりましたのでまたいずれご報告したいと思います。

 

 

小金井市・K様邸・ネズミ駆除調査

コチラの方も室内への「ネズミ徘徊」があってのご相談調査です。

徘徊の程度をお聞きするといきなりコレです👇

広い屋内でも使用されていないお部屋でよくこのような事があります。

普段使っているのなら良いのですが、滅多に人が入らない部屋はネズミも分かるのかも?

安心してかなり頻繁に「出入り」をしていそうな様子を、この「足跡」が物語っています。

チョット見ずらいですが、玄関框と造作下駄箱の下からもかじって「出入り」かな?

次はランドリ―スペースを覗いてみました。

このスペースもかなり頻繁な「出入り」があるようで、

多数の「足跡」だけでなく、独特の獣臭というか「ネズミ臭」とも言うべき臭気がします。

どうも洗濯機の裏側が気になり覗くと・・・

 

完全に移動が難しい為上からの撮影ですが、「洗濯機」の排水口がフタなしでポッカリと・・

その周辺にネズミ糞もチラホラと散乱していますね。

怪しい・・怪しい・・・(◎_◎;)

外回りもそれなりに沢山ありそうで、とても初訪だけでは確認網羅は出来ません。

「指が二本も入る通気口」・・・基本ですね(・_・;)

基礎に開いているこの「穴」は何?

配線を切断したまんまですが、とにかくネズミは自由に侵入可能であることは事実でしょう。

リフォームで「床暖房」などを工事すると殆どがココから配線を通します。

それはいいのですが、ポッキリと折られた通気口はその機能が弱体したままとなります。

屋根回りからも侵入しているのでしょうか?

「雨とい」にもネズミの上った跡がこのように付着していますね。

ものすごーく分かりずらい箇所なのですが、

この「雨とい」の周囲が増築した建物との境になり、

どうもあちこちに小さなスキマがありそうです。

 

小さな個体はこうした「壁の割れ目」や「継ぎ目」を上手く狙ってきます。

時間の関係で今回は登っての確認は出来ませんでしたが、

この☝の屋根のチョット複雑な段差は・・・・怪しいので詳しく確認が必要ですね。

「ネズミ」どころか「ハクビシン」でも侵入可能なスキマ穴でもあったら大変ですから・・

 

小平市・I様邸・ネズミ駆除調査

こちらは以前に白蟻・黒蟻の駆除お世話になったお客様からのお悩み相談でした。

聞くとどうも少し前から室内にネズミが出入りするようになったとのこと。

あちこちを見てみるとやはり典型的な箇所に沢山のネズミの足跡が・・・

これはスゴイ!(なんて見慣れているくせに・・((´∀`))ケラケラ)

特に台所は気付かないだけでかなりの被害です。

う~ん、俺は危ない!(゚Д゚;)

配電ブレーカーの配線回りがかじられています。

背の高い「冷蔵庫」の上も沢山のネズミ糞が散乱していました。

気付かないというのは怖いことです・・・(^^;)

外周回りはアチコチと気になる箇所がありました。

基礎の割れ目が床下へつながっている気がしますね。

床下もこんなカンジでいや~な予感・・・・

以前も何度かレポートしました、「床下トンネル」の気配がする玄関下です。

こんなところも・・・・

昨年のトンネルで苦労した経験は、半ばトラウマ的な心象なってと残っています・・・

床下が土壌の場合は可能な限り「床下を確認しよう」と痛感させられました。

どうやらリフォームで「間取り替え」をしたとされる「土間」の上に大量の「糞」が・・

この辺りにメインになる「侵入経路」の糸口があるようですね(^^ゞ

 

 

 

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930