害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Daily Archives: 2018年11月4日

我が心の怪獣ガレージキット探訪記・番外編④

久しぶりの怪獣ガレージキットの紹介・探訪記です。

イノウエアーツ先品の紹介もさすがに限りがありましてもはや「番外編」の呼称は適当ではないかも?ですね。

現在「未入手」の作品はおそらく今後も入手確率はかなり低いかと・・・・

ではやはり今後はイノウエアーツに限らず自身の琴線に触れるような作品を自由に紹介しようかなと?・・・

今回は以前から探していました少し前にキットが入手できましたのでそちらを・・・

まずはこちら↓

ストレートに作品写真を使用したパッケージですがこれがなかなか良い。

浅井造形さんの「モスゴジ」三作目です。

写真を見てもお分かりのように実物と見まがうばかりの立ち姿に惚れ惚れしますね。

早速中身を空けてみます。

同スケールのモスラ幼虫二匹とゴジラの尻尾の梱包です。

これにわれらがT先輩のモスラ幼虫作品と並べてみます。

ほぼ同サイズですね。

若干モスゴジでの幼虫の方が頭から下が細身のようです。

どちらも甲乙つけがたくとても私には造れないレベルです。

胴体はガッチリ養生されていて雰囲気のみですみません・・・(^_^;)

その代り肝心要の「頭部」をしっかり紹介いたします。

これだ!・・・・恰好いいなあ・・・

イノウエさんの新モスゴジと並べてみます。

ほんのわずかに浅井さんのモスゴジ頭部が小さいイメージ?

これは浅井さんのイメージでもあるのでしょうか?

もう一回DVDを即再生したくなりました。

そのほか手足含めたキット全体です↑

う~んこれで当分はモスゴジはいいかな?・・・

あとはやはり浅井さんの「のたうちモスゴジ」もいつか・・・でも高額すぎてね・・・

 

次は同じ「浅井造型」さんの「大怪獣バラン」です。

羽田空港を蹂躙するバランのこのきっとパッケージも素晴らしい!

イノウエアーツのディオラマキットの再来というか完全にオマージュですね。

かくして箱もデカければ重量も重い!

インストまでもユニークで凝っています。

やっぱりガレージはこうでなくっちゃ!

作品の命である頭部に抜かりはありません↑

スタイリッシュで生物感のあふれるバラン特有の腕の表現もこの通り

そしてこのきっとの最大のキモであるディオラマベースがコレ↓

一見ただのレジンの板ですが・・・よく見てもただの板みたい・・・

空港の管制塔がまくできています。

重すぎて中空だったらもっと良かった気がするのは私だけ・・・・

付属の完成写真がまるでスチールのようですね。

こうしてみるとマイナー怪獣のように思われるバランですが単体で改めて見ると、

非常に個性的で当時としては優れたキグルミ表現で演出された名怪獣だと痛感。

ディオラマでなくとも存在感とどことなく品がありません?

そうそう、背中た頭部のとげは透明レジンの別パーツになっています。

イノウエアーツがなくなった現在、

東宝怪獣で最も独自の造形物としての作品カラーを樹立している数少ないメーカーさんの一つが、

浅井造型さんのように思いますね。

しかも毎回の作品レベルが安定しているのは本当に立派であり驚愕に値します。

陰から期待と応援のエールを送り続けたいですね(^^ゞ

大映・妖怪百物語の「からかさ」と「マタンゴ」の再販お願いしたいなあ・・・

羽村市・T様邸・害獣(アライグマ)調査

今年は近所の羽村市で数件のアライグマ調査がありました。

以前具体的な駆除報告をさせて頂いたように春先に八王子でもアライグマ駆除がありました。

間違いなく増えていますね。

もしかしたら次第にハクビシンも駆逐されていくような状況が起きるかもしれませんね。

今回はそのお隣は羽村市でのアライグマ駆除調査です。

周囲はのどかな田園地帯ですが、いかにも獣が住みやすそうな雰囲気ではありました。

早速屋根の上ってみると・・・

いやはや・・・堂々とした歩きっぷり・・・

人間など物ともしない・・・まるで眼中にないかのような足跡です・・・

瓦の部分にもこんな感じでたっぷりあちこちに歩き回っています。

お依頼者に伺うと、真っ昼間から親子ずれのアライグマが毎日のように目撃されるとのこと。

上手く共存はできないものでしょうか・・・

蛇足ですが夏場に何度もハチ駆除で檜原村に出向いた際に、

道路の真ん中で動かないニホンザルの親子にも遭遇して困りましたっけ・・・

板金屋根と瓦屋根の段差の奥に堂々としたスキマがありました。↑

もうこれはスキマというより人間も出入りできる小窓みたいなものです。

手前の板金屋根から先にびっしりと足跡が残されていますね。

両脇だけ金網がなくあいているのがわかります。

最もこのような亀甲金網くらいはアライグマなら軽く破損させることは容易いこと。

板金などで封鎖するべきでしょう。

 

さて室内のアライグマに蹂躙されている部屋空間に入ると・・・

「くっさ~!」と思わず息を止めたくなる異臭・・・

間違いなく獣自体とその糞尿の匂いで部屋中いっぱいです。

天井もこの染みです↑

現在進行形のようでまだ湿っています・・・

しっかりマスクをして天井裏へいざ!

予想通りというかむしろ予想以下の傷み具合です。

もはや大型の獣に新ぬ湯されたら断熱材のボロボロはいたしかたないのです。

私は糞の大量堆積を予想していましたが、

どうやらご主人によると糞は屋根の上の目に触れる箇所にいつも溜めていくので、

ご主人がご自分で清掃処分されているとのこと。

なので糞が少ないだけチョッピリ対処は楽かもしれません。

しかし結局ご主人と工務店さまのご相談で天井はすべて交換と相成り、

上記侵入口の封鎖も工務店でして頂くことに・・・

結局私はこの後、約一か月後に天井裏の消毒をさせて頂くだけで無事終えることが出来ました。

なんとその後もこちらの周囲では、

日常的にアライグマが道路や庭を横切る光景が見られるとのご報告を頂きました。

今頃いったいどこで暮らしているのやら・・・(^_-)

 

横浜市・H様邸・ネズミ駆除②

引き続き横浜はH様邸でのネズミ駆除の報告です。

今日はまず壊れている押入れの天袋のベニヤを交換です。

最初に伺った際の押入れ天袋の上がこのように・・・・↑

お~怖い~(^_^;)

ここから堂々とネズミが押入れを寝床にして、各部屋にも侵入~徘徊していたんです・・・

なぜ長期間このようにベニヤがずれていたのかはわかりません・・・

ベニヤに金属板を接着し、金属板の反対側を躯体にビス止め。

これでベニヤがズレることはなく、ビスの脱着で点検口の役割は継続可能です。

その押入れ自他もこのようにネズミの糞だらけ・・・

寝具などは半ばネズミの寝床と化していたために、

衛生的観点からも廃棄処分をして頂くことにしました・・・

そして居住空間全体も衛生消毒を実施させて頂きました。

さて粘着シートを敷いた床下はというと・・・

「閲覧注意」画像ですので恐れ入ります・・・↓

腐敗で若干、形状が崩れていますが餌をついばんだ後に死んでいったドブネズミが一匹捕獲。

どうやら床下経由の侵入で捕獲されたものかもしれませんね。

どうりで↓のような基礎沿いの配管穴があるわけです。(~_~;)

これは完璧に「使用済み」のような穴に違いありませんよね。

早速金網の端切れを穴に押し込み、最後フタをしてはコーキングなどで接着しました。

もちろん外部侵入口としてはこうした基本の基礎通気口への金網封鎖も忘れません。↓

台所のレンジオーブン回りにも忘れそうなスキマがありました。

指が入る先からは裏を通って壁内へと通じることが出来ます。

この周囲は複雑に壁内へ通じるスキマに囲まれていました。

この幕板の脱着は固定しても問題ないようなので金属板で固定、スキマを封鎖します。↓

こうした流れで運んだH様のネズミ駆除管理も作業は二か月間に渡りましたが、

その後もヘルパーさんからも室内のネズミ糞は全く見かけなくなったとのお言葉を頂き無事完了となりました。

メデタシメデタシ・・・・

 

 

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930