害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

Daily Archives: 2022年1月17日

練馬区・k様邸・青梅巣・t様邸ネズミ駆除

今日は練馬区のk様邸・ネズミ駆除のレポートからです・・・

こちらも昨年末にお部屋でネズミがチラホラと見かけるようになり急ぎのご依頼を頂きました。

部屋内はエアコンや古い暖房機器の配管スキマを齧って出てきていました。

今までも数十件も関わってきたハウスメーカーの建物なので「侵入経路」は殆ど決まっています。

通常よりも広い格子なのでスイスイと床下へ出入り出来ます。

写真だと分かりませんが上部が1~2㎝空いているので大型のネズミでも可能です。

サッサとステンレス金網を装着し封鎖を1割残しで次回まで泳がせます~

こちらは使用していない浴室が酷いことになっていました。↓

浴室にネズミ!?というとイメージ的にかなり驚く感覚がありますが、

一定時期に建てられた住宅のユニットバスは、

壁や床下空間から直接簡単に出入りできる空間が存在します。

当然毎日のように使用していればここまで酷くならずに済みますが、

「空き家状態」や現在多くなった「部分空き家」(大きな家屋の一部しか生活範囲が無い)だと、

気付いた時はこのようなものです。

大きな家屋に「お独り様」というのはとかく家屋の劣化や欠損の発見に遅れてしまいますが、

ご時世的に仕方がないかもしれません。(;´Д`)

 

そしてこの後は引き続き年始早々に伺ってみました。

居住空間で4匹「捕獲」してから静かになってきた様子とのこと・・・

すんなり済むのかな?と思い床下に仕掛けたトラップを確認すると・・・↓

意外や丸々と太った大きなクマネズミが捕獲されていました。

泳がせる為に開けておいた「通気口」の一か所から床下へ入ったものと思われます。

しかも捕獲されてまだ1~2日といったところでしょうか?

今日はそれと「例」の浴室の消毒をしなければなりません。

いつものように薬剤や機材を準備して・・・・

簡単に糞尿の清掃をした後に薬剤の散布をさせて頂きました。

この後も使用はしないとのことなので入念なクリーニングは割愛させて頂きます。

実はこのご近所でもう一件駆除作業に入ったところなんですが、

そちらの方はまた・・・

 

次は数日前に伺ったt様宅のレポートです。

こちらもお隣と併せて伺っている御宅です。

同じように年末に一度準備的な作業のみに終始し、年明けから本格的な作業開始になりました。

伺って早々「年末スゴイ暴れ音がしたよ」と和室の天井を指を差して仰いました。

もしかしたら「捕獲」されたかな?

ヤッパリなあ・・・

良いことなんですが年始はこれだから毎日ドッサリと「死骸回収」に明け暮れます・・・(-_-;)

いわゆる年始の「ゴミ回収」と同じようなものかもしれませんね・・・

それ以来2週間余り物音は静かとのことです。

今日からあちこち封鎖を開始です。

通気口はもちろんですがあの大きさは通気口だけではないですね。

中が開放状態の古い戸袋もレッドゾーンです。

今回は効率やスキマ寸法も考えて「金属版加工封鎖」ではなく「開閉フタ」式で封鎖することにします。

事前に採寸して制作してこなければなりません。

羽目板壁と板金のスキマとかも・・・

節穴とかももれなく「穴埋め」してしまいます。

まだまだ年明けに週間あまりですが「初心に戻り」を年末まで忘れず頑張りたいと思います。

月日の経過は決意を忘却させてしまいますからね(;^_^A

 

最近の害獣・害虫調査・y様邸・u様邸他

暖冬というワードが決まり文句のように、

もはや「東京」には「寒い冬」は縁が無くなったものか?と忘れかけておりました。

ところがこの冬の寒いこと寒いこと・・・・( ノД`)

全く燃料代や材料費の値上がり高騰も併せてキツーイ厳冬でありますね。

しかしわたくしに限っては数年来苦しんでおります「腰痛」や「肘痛」が思いのほかこの冬は軽く、

それだけでも有難い「冬」なのかもしれません。

そうした「気候」や「生物」相手の仕事なもんで、

仕事の浮き沈みやデコボコはしかたのないところ・・・・

それよりも四六時中「痛み」との闘いは心身の全てを消耗してしゆく一方ですからね。

酷暑もイヤですけれど、今は寒さに打ち勝つ抵抗力を培いつつ過ごしたいものです。

 

前置き長くなりましたが今日は年末年始の調査案件をいくつかレポートです。

最初は八王子のY様邸・・・

こちらは以前から他業者に数年間「駆除管理」を任せてきたのですが、

どうも改善が一向にみられないとのことでご縁があったご依頼者様です。

さすがに数年間に渡り駆除し続けたとあってか、

複雑な建物でも主要な箇所は殆ど「着手・封鎖完工済み」です。

要は「死角」を発見封鎖することが私どもの「使命」・・・(;^_^A

これはかなり重い「使命」でもあるので複雑な心境ですね。

さて天井裏数か所を拝見してみると・・・

他業者の設置した「無毒餌」や空間を封鎖するために丸めた「金網」の挿入箇所などが確認出来ます。

これは増築した「ユニットバス」の天井裏ですがかなりネズミの糞尿でよごれていますね。

集中した糞尿が散見出来ますがトラップは一枚も敷設してこなかったとのこと・・・

業者ごとでやり方が異なりますのでこの点は追跡・解明共に不要でしょう・・・

年末の押し迫った時期の夕方近くでもあったのでジックリと拝見出来ませんでしたが、

「掴み」は出来るので年明けのプラン提示を考えます。

増築の浴室下は昔「浄化槽」だったことや、

建物自体が川沿いの「盛り土」の上に建てられたなど、

どうも床下経路は手を付けにくい「死角」が存在しそうという予想だけは匂います・・(-_-;)

この浴室の外側の基礎からこんな☝箇所を発見・・・

どうやらガス管が床下に挿入されています。

このあとこの基礎沿いを掘り返すことになるのですが、

「ヤッパリ・・・・(-_-;)」というようなスゴイ状態が露出されます。

その報告はまた次回に・・・

 

続いてはu様邸に伺いました。

どうも見える居住空間にシロアリの被害が拡大してきたらしいとのこと。

☝は和室の雨戸枠下ですね。

例外なく自然の芸術品のようにきれいに繊維だけ残して食べていますね。

床下の落ちている「木っ端くず」も見た目はこんなでも力強く握るとこんなもんです

もっとも幸いこの程度で家屋の構造材にまでは被害に及んでいない方も多いのですけど・・・

それでもやはりこれくらいの床下被害が発見されました☝

ドライバーがグサリ!てなものです。

この後ドライバーでザクザクと状態確認をしているとついに貫通してしまい、

外部の景色が覗けてしまいました。☝

ネズミでも侵入されても困るのでとりあえず穴には床下の石を置いておきましたが・・・

聴けば数十年と「防蟻処理」は皆無とのこと・・・

これくらいならまだ軽傷かもしれませんね。

そしては増築部範囲を通気口より覗いてみると・・・・

先にある「床束」に「蟻道」らしき存在があるように見えますが・・・・?

少しアップで撮影してみましょう(;^_^A

するとやっぱりです・・・

角度は同じですがもう間違いなくシロアリの「蟻道」でしょうね。

この先はこのままだと侵入確認不可ですので被害詳細は分かりません、残念ながら。

こちらのお客様は今月内に駆除消毒に入らせて頂くことになりました。

真に有難いことです。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31