害虫駆除(ハチ・ネズミ・シロアリ)なら

最近の害獣駆除調査特集

「涼しくなった」とはいえまだまだ「ネズミ」や「ハクビシン」などの害獣・小動物の駆除依頼はこれから本番。

しかしこれも有難いことに、この時期にしては昨年を上回る「お問い合わせ・依頼」を頂いています。

 

まずは大田区のK様邸ですが、こちらに最初に伺ったのは休み前でした。

しかし当日の気温が高すぎて「天井裏」への調査を諦めチョットだけずらして頂いての再調査と相成りました。

その日は幸いだいぶ気温も下がり「いまのうちに!」とばかりに「天井裏」へ侵入です。

するとこんな箇所が・・・☟

2階小屋裏の天井材が何の為か、開口してあるのでした。

どうして天井裏に開口出来る段差があるのかわかりません。

しかしこの中がどうやらハクビシンの「栄巣」の一つになっていそうです。

先に進んでみるとハッキリとした光が差し込んできます。(ゲッまさか・・)

 

外からは見えないまさに「死角」です。

また外部からの梯子設置も困難なエリアですから、今回「天井裏」へ侵入して初めて確認出来ました。

「足跡」もあるしどうもココだよなあ・・・というカンジです。

上記の侵入口らしき部分のほぼ真下にこのような「糞尿」散乱も見受けられました。

これからこのような仕事が増えるとは思いますが、今年は小動物の幼獣駆除だけは最小限にしたいものです。

害獣とは言え生命ある野生の小動物の「子供」を駆除することは相当つらいモノがありますから・・・(´;ω;`)ウッ…

仕事であっても一抹の人間性だけは捨てることは出来ないし、捨てたくはありません。

 

次は日野市のK様邸のネズミ駆除調査です。

日野市は昨年から「ハクビシン」も「ネズミ」も何件も関わらせて頂いているエリアです。

まずはお話を伺い、いつものように外周から調査拝見させて頂き意外と簡単な侵入経路発見でした。

この通り「雨とい」にネズミの足跡がビッシリです。

これが上部に渡って付着しています。

(コレは間違いなく屋根回りのスキマだな・・・)と検討がつきます。☟

これだもんなあ・・(~_~;)

周囲に無数の足跡と共にその奥にはガッポリ「ハクビシン」なども侵入出来得る「スキマ」が・・・

こうした箇所がアチコチにありました。☟

セオリーの一つとも言うべき「基礎通気口」もこんなカンジです。

写真角度が悪いですが、通気口の上部スキマも大きく空いていましたし、

久しぶりに拝見した「戸袋内部」壁側上部のスキマがこれです。

「入っていいですよ!」と言わんばかりです(* ´艸`)

お部屋にも徘徊が数回あるらしいので拝見してみると・・・

これもいつものオーブンレンジの裏側周辺の通り道とか、

勝手口の「框」裏側のスキマと床下が通じているようですね。

上記は洗面台内部の配管穴をお客様がお気づき「仮封鎖」されたとのこと。

洗面台内部に「糞」が散乱していたのは間違いなくココからでしょう。

その他恒例のブレーカー分電盤などは幸い大丈夫でした。

 

はてさて今年の秋~冬はどうなることでしょうか?・・・

駆除を生業にしつつ矛盾するようですが、これだけ人類による「環境破壊」が進むと、

少しでも人類とそれ以外の生物の「住み分け」や「共存」を願わずにはいられませんね。

うちにも犬がいますし、動物、昆虫大好きオジサンでもありますから・・!(^^)!

 

 

 

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031